2018 2月 17日

静岡へ

今日は息子が休みのため、孫と3人で隣の静岡まで1日ドライブに連れて行ってくれた。

北海道は猛吹雪の予報が出ていて、その低気圧の影響でこちらも朝から冷たい風が強かった。

孫のために静岡にある、航空自衛隊浜松基地広報館エアーパークに。零戦からブルーインパルスまで様々な航空機が見られ、実際にコックピットにも座れたり、シュミレーション操縦も出来るところだった。
入館料無料!沢山の親子連れで賑わっていた。
孫は飛行機が大好きなのに、実際に乗ってみよう!とパパが誘っても全拒否(笑)
仕方なく、飛行機の小さなオモチャを買って満足して、エアーパークを後にした。

静岡で有名な浜松餃子を食べに「福みつ」と言う一番人気のお店に行ったところ、長蛇の列。
一時間以上、立待ち。席に座れたのは午後2時半。
食事をするために一時間以上待つなんてこれまた初体験(笑)

餃子20個の定食。

食べてみると、驚いたわ!
なんと、餃子のあんにひき肉が入っていないの!
キャベツと多分玉ネギだけのあん。
と思ったら、豚ひき肉も入っているのだそう。
ほぼ、ひき肉の存在を見た目感じられない感じなのに、不思議と美味しい!

へぇ~これが浜松餃子なんだと実感。
最初、餃子20個!と食べられるかしらと思いきや、意外と食べられましたね。

食後は、浜名湖の側にあるフラワーパークに行ったところ、一時的ではあったものの、強風に混じり、みぞれが降ると言う悪天候。諦めて近くにあった温室のいちご狩りに行くことに。
息子も孫も初体験と言うし、外の寒さは気にしなくて良いので好都合だった。

暖かな大きな温室に鈴なりの大きないちご。
紅ほっぺと言うメジャーな品種でしたが、こんな甘くて美味しいいちごは初めてかもしれません。

いちごの大好きな孫もテンション上がり、大喜びだった。

餃子お腹いっぱい食べた後でしたが、美味しくてかなりの数食べたわ。

お嫁ちゃんと産まればかり赤ちゃんを留守番させてしまいましたが、美味しいもの食べられて満足し、感謝いっぱい。ありがとう。

2018 2月 16日

食材

愛知のスーパーをひとり、じっくり見て歩いてみた。
野菜コーナーに見たことも名前も知らない野菜発見。


「くうしん菜」もちろん、愛知県産。
サラダや炒め物にと書いてあったので、早速カゴに急行。生で食べてみたところ、灰もなく食べやすいです。じゃがいもはほとんど北海道産のものばかり。
北見産のじゃがいもも並んでいた。

日配品のコーナー。
目を引いたのはこんにゃく。

「生いもこんにゃく」ってある。
白いこんにゃくや黒いこんにゃくは当たり前に見るけれど、生いもこんにゃくはちょっと茶色ががったこんにゃく。試食しなければと購入。味は同じに思えたわ(笑)

味噌コーナーは、知らないブランドばかり。流石に赤味噌もかなりのラインナップ。

乳製品コーナーは、北海道と何も変わらず。北海道の名の付くバターやチーズばかり。牛乳だけはバラエティーでしたね。

精肉コーナーは、やはり愛知ですから、鶏肉を買って食べましたが、味が違う!ジューシーで美味しさが違います。

魚は、魚料理のキャパが狭いので、新しい魚にトライ出来ずにスルーしてしまう私(笑)

なかなか興味深くスーパー探索楽しみました。

あちらこちらに、柑橘類の木に大きな実を付けている。北海道じゃ全く馴染みのない風景で、毎日穏やかなお天気が続いています。

2018 2月 14日

なかなか忙しい

愛知へ来て、はや一週間が過ぎた。
毎日、100頭以上の牛の世話に明け暮れていた私が、たったひとりの孫の世話に翻弄する毎日を送っている。
こんなにも忙しいものだとは、正直思ってもみなかったわ(笑)

息子のお弁当作りから朝が始まり、8時前に朝食、12時昼食、午後は近くの子供支援センターに行き、孫と遊び5時には夕食、直ぐにお風呂。8時頃には孫を就寝させる。
そんな規則正しい生活は、送った記憶がない。
普段の牛舎作業の日々では、食事の時間帯はまるで不規則な生活なわたしが、8時間の間に3食作り、食事をするなんて、長男夫婦のところへお産扱いに行った時以来。
あっと言う間に、次の食事の時間が来てしまう。
孫が食べられるもの、食べられるようにと考えるだけでもハードルが高い(笑)

改めて、子育てをしながらの専業母さんのご苦労を見に染みて感じてしまう。
いつも、仕事があるからと仕事優先にしてきた自分だけにね。

孫と向き合って遊ぶことも、自分の子供達とこんな風に遊んだこともなかったな~と、今更ながらに振り返って思った。

ともあれ、色々な場面で振り返ってみたり、考えさせれたりと新たな経験をさせてもらいながら、バタバタと楽しくやっています。


生後12日目
通称「眠り姫」良く寝るママ孝行な赤ちゃん♪

2018 2月 10日

愛知へ

7日より極寒の北海道から、愛知へ来ています。
旭川から僅かに二時間のフライト。
そこは晩秋の小春日和の北海道みたいな気候。

息子一家とは一年以上ぶりの再会。
お兄ちゃんになった孫は、2才8ヶ月、私を最初に見ても知らないひと?みたいな雰囲気を醸し出す。

私が行く二週間前からお嫁ちゃんのお姉さんが3歳と1才の子供たちを連れて身の回りのお世話をしに泊まりがけで来ていてくれ、2日間程、大人4人、乳幼児4人が同居。
それは、もう笑うしかないと言う、程賑やかな戦場といった感じでしたね(笑)
自分が経験してきた男の子ばかりの懐かしい光景とはかなりハイテンションな賑やかさ。
女の子が入るとこんな感じになるのね!って、新しい体験でした。
今更ながらに、子供たちのやり取りを間近に見て、面白さ再発見です。

昨日の午後、お姉さん一家が帰宅してしまった後は、あまりにも静か過ぎて寂しささえ感じ、さて~これからは上の孫と一対一で向き合っての生活が始まるので、何もかも初体験。

昨日、右も左もわからない道を散歩。
複雑な狭い道。すぐ自分が何処を歩いているのかわからなくなってしまうわ。携帯ナビ必須!

とりあえず、「ばぁば」って呼んで、泣きもせずふたりで散歩もお風呂も入ってくれるので、ひと安心スタート。

2018 2月 03日

誕生と節分

今年も来ましたね。節分まで!
節分の翌日は立春です。 何故か嬉しい「立春」の響き。

昨日、嬉しい連絡が。。。
3人目になる孫の誕生です。
次男夫婦に二人目の赤ちゃん。
たむら家にとっては珍しいほどの「女の子」♪
姪っ子にひとりいるだけです。あとは男ばかりですので、何とも嬉しい女の子です。


2358gの小さな赤ちゃんですが、お産もびっくりするほど短時間の安産だったようです。 
ひと安心です。暦の上では冬の終わり、そんな時にこの世に生まれた小さな命、春を呼ぶ妖精のようです。

私、実は、来週から月末までこの赤ちゃんのところへ行って、上の孫の子守りと家事手伝いの「出前ばぁ~ば」してきます。

まる3週間。しゃちょーと牛達の視線を微妙に背後に感じながら・・・
2歳8ヵ月の上の孫と暮らす3週間は未知の体験ゾーンです。さて、どんなばぁ~ばでいられるのか自分でもわかりません(笑)
という事で、今後3週間は愛知県からの話題になりそうです。

今日は節分。
恵方巻が定着した昨今。
太巻きをその年の恵方に向かって、ひたすら無言で一気に食べるというこの風習。コンビニが火付け役だったようです。

私、やったことがありません。太巻き・・・一本ね・・・ちょっと手が出ません(笑)

昨今は恵方スィーツなんてものも♪
これならイケますね!

ロールケーキ風の恵方スィーツ系が多いですね。大歓迎です。

という事で、私はコロネで恵方スィーツ作りました。これなら何本でもイケます。


キャラメル味のカスタードクリームを詰めて。
キャラメル味・・・大好きです。

今年の恵方は・・・南南東
今年はこの南南東に歳徳神さまがおられるのだそう。
そこに向かってしゃべらずに願いを込めながら食べる。
恵方巻は「福を巻き込む」という意味で縁起物の食べ物。本来は七福神にあやかって、7種類の具が入っているのが正しいのだとか。
卵焼き、干ぴょう、椎茸、穴子、高野豆腐、きゅうり、でんぷの七種。

あらっ。私の作ったパイコロネはキャラメル味のカスタード一種類しか入っていないと思われるでしょ?
実は材料がちょうど7種類
砂糖・バニラビーンズ・生クリーム・牛乳・コーンスターチ・薄力粉・卵! お見事!(こじつけですね 笑)

でも小さいので願い事を唱える前に完食してしまい、御利益薄いかも。

ともあれ、神様に何かに願いを込める日本の風習や習慣はとても素敵です。

孫たちが健やかに成長しますように。