2019 10月 12日

クラウドファンディング

かつて「蝦夷地」と呼ばれた北海道。「北海道」と命名されて昨年7月150年を迎えた。名づけの親が「松浦武四郎」です。
伊勢出身の江戸末期の探検家、武四郎が六回に渡り蝦夷地を訪れ紀行文(151冊)や地図を残している。紋別には三度も訪れており、「志与古津(現在の渚滑)日誌」として武四郎は紀行文を残しています。
それをもとにして作られた絵本「武四郎とショコツアイノ」
次世代にこの地での武四郎とアイヌ「ショコツアイノ」との出会いとふたりの願いを伝えるため、子供たちにわかりやすいようにと絵本にしたものなのです。
この絵本を増刷するためのクラウドファンディングに私も応援したのです。
渚滑川連携研究会のメンバーとCasochiの合同企画。
渚滑川連携研究会のメンバーは渚滑川や滝上をこよなく愛する白髪の素敵なおじさまたち。Casochiは地域おこしのために素敵な企画や人とのつながりを精力的に展開している行動力溢れる姉妹が運営しています。
たむら牧場も彼女達に癒され、お世話になっているの。

ということで、このクラウドファンディングのリターン品のイベントが12日・13日の両日行われたのです。

この企画に参加したゲストは私と他に2名の女性3名
初日はこの絵本の原文を作った渚滑川連携研究所の高橋さんが案内人として、私たちを武四郎が実際に訪れた場所など武四郎の足跡を巡った。

紋別には3回訪れている。最初に訪れているのが1846年9月武四郎29歳の時。弁天岬に訪れ、そこにあった弁天社が美しかったと日誌に記されている。
その弁天社があったと思われる場所。

弁天岬。私は紋別に居ながら初めの弁天岬
ココに武四郎は佇んで紋別の海を見渡したに違いない。

弁天岬から移動して、渚滑川河口。武四郎はこの河口から渚滑川を遡ります。
日誌には1里ほど川を遡ると、急流になり両岸には石がコロコロ転がり山はトドマツが鬱蒼として見えない。鮭がたくさん遡上しているのを見て驚いたと記されています。

私たちは高橋さんが作成してくれた資料を基に、昔の渚滑川の流れいたであろう場所を武四郎の志与古津日誌の記述と共に渚滑川を遡ってみた。

資料を基に熱心に武四郎の足跡を語ってくれる高橋さん。
高橋さんは元中学校の社会科教師だった方、武四郎のことに関してスゴク詳しいのです。そして熱い!

最初に武四郎が訪れたのは渚滑川河口から8キロ程で引き返して探索を終えて紋別を去っているようです。

それから2度に渡り紋別を訪れ、最後に訪れた1858年7月には滝上までアイヌのひとを案内人として渚滑川を遡って来たそう。武四郎はアイヌの人と寝食を共にしながら旅だったので、自然と共生する独自の文化を持つアイヌの人々に敬愛の念を持つようになり、圧政によりアイヌ文化が失われていくことに危機感を感じ、政府にアイヌを守るようにと訴えたそうです。


武四郎がお昼ご飯を食べた場所、宿泊した場所、ココのあたりを歩いただろうという足跡をたどりながら、私たちも滝上まで辿り着いた。

夜は滝上に住宅を構える渚滑川連携研究会の竹内さん宅で会食。研究会のメンバー3名、Casochiの姉妹、そして私たち3名。
自宅の玄関に広いスペースがあってそこで地元の美味しい食材で作られた料理を振る舞って頂きました。松茸ごはん、落葉キノコ、ローストビーフ、しぐれ煮、ホタテ焼き、ちゃんちゃん焼き、ビーフシチューなどなど食べきれないほどのお酒が進んでしまう美味しいお料理ばかり♪
自己紹介から始まり、クラウドファンディングの立ち上げからの苦労話などなど色々な昔話や身の上話に花が咲きました。

ローストビーフもお肉の部位3種類の食べ比べ!なかでも希少部位の「シンタマ」という部分のローストビーフはとっても美味しかったぁ~

研究会の事務局を務められている山中さんが焼いてくれたちゃんちゃん焼きや特にホタテ焼きは焼き具合が絶妙♪ 今まで食べたホタテ焼きの中で一番!

あっという間の楽しくて美味しい2時間。

翌日は、「白幽林道ツアー」なるものに同行します。
これもまた武四郎とショコツアイノとの出会いの場所へも連れて行ってくれるそう♪

さてさて、明日もどんな武四郎の足跡をたどるのか楽しみです。

お土産に頂いた絵本の他、オリジナル巾着、黒豆茶、竹内さん手作り木製籠。
ステキです。ありがとうございました。

2019 10月 11日

台風19号

大変、更新が滞っていました。ごめんなさい。
何かとスケジュールが混みこみにて、じっくり物事を考える状況になく・・・
最近、何事にもパッパッと進められないのは・・・誰のせいでもなく自分(笑)

さてさて、3カ月も前から楽しみにしていた明日からの2日間のイベント♪
台風19号の接近に伴いこの3連休は雨予報がずーっと消えず、意気消沈していました。雨天決行とはいうものの、やはり晴れて欲しいと願うばかりだった。

台風19号は世界的にも注目が集まるほどの強烈な勢力と連日報道されていた。
半ばもう雨は仕方がないと思っていた前日。
まさかの急展開の予報。寒くはあれど雨マークが消えた3連休の予報。
台風が北海道の下を通過する進路になったためなのです。
夕方、晴れた西の空は今までに見たことがない複雑な雲。
これも台風の影響なんでしょうか?



2019 9月 23日

大収穫

台風17号が北海道通過が目前、お天気も良く風もなく絶好の行楽日和。
デントコーンの収穫作業真っ最中。
台風で倒伏してしまうのを少しでも減らしたいので、連日早朝より作業が始まっている。

合間を縫って、今年は大豊作のハロウィンかぼちゃやお化けカボチャ収穫しました。昨年は春の低温続きで苗が枯れしまい、生き残った1本の苗に2・3個実っただけでしたので、今年はこの通りわっちゃり♪

取りに来ていただける方には、無償でお分けしますのでいかがですか?

お家の玄関先やお店のディスプレイ、お部屋のインテリアとして、ハロウィン気分を盛り立てて頂ければ嬉しいです。

大きいの小さいの大きさや形はさまざま、見ているだけでもHAPPYな気分になりますよ!

牛舎の前に陳列してありますので、いつでも何個でもどーぞ。

2019 9月 20日

秋鮭

秋鮭の季節到来!
週に1~2匹は我が家に届きます(笑)
釣り好きの人がいて、友人宅に頻繁に届くとかで・・友人宅も余し、我が家に届けてくれる♪今日は二日続けてご立派な雄鮭がやってきた。
私はあまりイクラを好まないので、鮭頂くなら雄に限ります。雄魚はやっぱり身が引き締まっていて美味しい。
朝釣り上げた魚、お昼には我が家の台所へ。
昨年、頂いた大きな魚も乗るまな板がとっても重宝しています。

すぐに、腕まくりで三枚におろして即冷凍!
お陰でかなり上手に下ろせるようになったわ。

オレンジ色の鮮やかな身に嬉しくなります。

鮭は、どんな料理にもアレンジ出来るので一番嬉しい魚。

我が家では魚は買う食材ではなく、頂くものと認識しています(笑)

鮭の南蛮漬け、鮭ザンギ、鮭フライの甘酢あんやカレーあんかけ・・・
粕漬け・・・コチュジャン焼き・・・などなど鮭を余すことはないです。

後、タラも嬉しい魚
でも、タラは骨が固い!頭を落とすのに一苦労だし、顔も結構グロテスク。
大きな鮭のほうが俄然頭を落としやすいし、顔つきがステキです。
立派な出刃包丁が欲しい。

さぁ、シーズンが終わるまであと何匹来るかしら?

2019 9月 18日

西に日が落ちる少し前、東の空に見事な虹。

今日は一日中、晴れ、雨、晴れ、雨を何度も繰り返す落ち着きのない忙しい空模様だった。

今はデントコーンの収穫作業真っ只中。綺麗な虹と喜べないお天気。
我が家は昨年のサイレージがバンカーに思いのほかの残っていて、バンカーを空けないと今年のデントコーンを入れるところがないところから、バンカー2本(コーン・グラス)の昨年のサイレージを二日間かけてコンビラップしてもらった。

昨日の夕方遅く作業終了。今年は大量の300個弱。空地はラップで埋め尽くされた感じ。このラップを開いて食べさせる手間を考えると正直萎えますね。
後は収穫作業の順番待ち。
8月から雨が多く、今月も良く雨が降ります。
圃場はぬかるみ作業が進まない状態らしいです。
すす紋病の酷い圃場も多く見られ、一日も早い収穫をと願うばかり。

それにしても、綺麗な虹でした。

明日はお天気が続きますように。

黒岳は初雪の便り、いよいよ秋の深まりが駆け足になりそうです。