未分類

2013 2月 01日

音楽療法

昨日、オホーツクJA女性部研修大会・家の光大会が2日間の日程で留辺蘂町温根湯温泉で開催され、今回初めて参加してきた。

3月下旬を思わせる様なプラス5℃の気温のなか、気分も晴れやかに 私達、JAオホーツクはなますからも13名の女性部員が参加。管内から350名もの大勢の方々が集った。

2日目の今日の講演

音楽療法士 高本恭子さんの「歌う門に福来たる」と題して、家庭で出来る音楽療法のお話を聴いた。
奈良県出身、音楽教室講師として知的障害児との出会いがきっかけで「音楽療法」の研究を始め、現在、奈良県内の「飛鳥病院」にて音楽療法士として勤務されている。

音楽療法とは音楽を薬として、音楽の持つ生理的・心理的・社会的働きを、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上に向けて、意図的、計画的に活用して行われる治療的、教育的技法のこと。

人は子供も大人もお年寄りもみんなそれぞれ悩み、不安などのストレスを抱えて生きている。
自分の健康、家族の健康、対人関係、経済的不安、仕事などのストレスにより、子供の登校拒否、いじめ、女性の出産後の育児不安、更年期、鬱病、認知症など様々な心の病気から起こる身体の障害や病気を、音楽の力を借りて、手軽に家庭で出来る療法として実際に音楽を聴いたり歌ったりを交えながら、笑いあり涙ありの感動の講演が進められた。

 

人は誰しも好きな音楽がある。
落ち込んでいる時に、たとへ好きな明るい曲であってもその曲を聴いても心が癒やされるどころか、反対に逆効果になってしまうこと。気が沈んでいる時はその気持ちに沿った選曲が必要だとか。

例えば、女性の多くに見られる更年期時期には 心の消しゴムと言われる あの名曲「アメイジンググレイス」。
男性の更年期には、石原裕次郎の「我が人生に悔い無し」。
中高生の思春期うつ時は アンジェラアキの「手紙」。
不眠症には 徳永英明の「ハピネス」や美空ひばりの「愛燦々」を80ccの牛乳にティースプーン2杯の砂糖を入れてホットミルクにして呑んで聞きながら寝ると良いそう。
アルツハイマーの人には15歳から20歳までにその人が良く聴いた曲を聴かせてあげることが進行を止める効果があがるんだとか。 今、がん治療にも抗がん剤療法と平行して、この療法を取り入れることで大きな効果が証明されているらしいです。

 

家族が手軽に心病む家族に手をさしのべて挙げられる治療法、もちろん家族や周りの愛がそこにあってこそ成り立つもの。
沢山の患者さんの実例を挙げながらの講演に会場は終始、涙が留めもなく溢れ流れていた。
こうして元気にこの会場に集まったたくさんの女性でさえ、過去や現在において様々な心のストレスが高村さんの言葉と音楽によって、、どこか心の奥深く封じ込めていたものが堰を切ったように、心が解き放たれ開放感に満ちあふれていた涙だったような気がします。

改めて音楽の偉大さ大切さを知り それと共に家族愛の大切さを諭させれました。

そして、最後に JA女性部はタダのお楽しみ会ではないのです。JA女性部に参加することは家族のため、地域のため、更に国の政治にも大きく関与する大きな役目を果たすための学習の場であることを再認識して欲しいと添えられた。

 

 

 

 

2013 1月 22日

凍る海

極寒の日々が続いていたけれど、ここ数日寒さが緩み 寒さの小休止

流氷は沿岸から遠ざかってしまっているけれど、港の湾内は氷が張っている。
湖が凍るのとは全く違う。

海面が凍り始めるとこんな感じに・・・

そのうち波が強くなると・・・


割れて 氷がお互いぶつかり合って、ちょうど蓮の葉の様な丸い 形になる。
蓮の葉氷・・・ なんとも素敵です。

こんな寒いオホーツクの冬・・・
友人が「この冬はこの子が私のペットなの」と・・・写メを送ってくれた。

なんと 可愛い!羊の湯たんぽです(ドイツ製)
私もこんなペットを抱いてぬくぬくしていたい~って返信したら・・・・

 

買って届けてくれちゃいました。 嬉しい~!!!

 

可愛くてほっこりする温かさ  小さいので膝の上に置いてディスクワークしたり、
抱いてちょっとお昼寝と・・・ 私の温かペットです。

それでも私の手は・・・しもやけの花盛り・・・嬉しくない花盛り

 

 

2013 1月 20日

Mio 来日

10日程前から祖母の誕生祝いのため、姪のMioファミリーがオーストラリアから来日し滞在していた。

現在オーストラリアは真夏 日中の最高気温が40℃を超える日もあるんだとか・・・信じられない程、暑さの恐ろしいところだ。
しかし日本は真冬、-20℃なんてざらにあるこの時期・・・
気温差なんと60℃!

Mioが冬に来日するのは初めて。
真っ白に雪が積もっているのも、この寒さを経験するのも生まれて初めての事。
我が家について 最初にしたことは・・・笑えます!

「雪を食べたい!」と言って、器とスプーンとかき氷のシロップ代わりのジュースを持って外に走った。
雪の次は・・・つららをかじってた(笑

雪でしたいことは?聞いたら、そり滑り、雪合戦、かまくら・雪だるま作り!だった。

 
さすがに子供!こんな寒さでも寒い!寒い!なんて全く言わない。
しゃちょーがめずらしくMioにつきあってそり滑りに付き合っていたわ。とても楽しんでいた。


かまくらはMioの父親が威厳を掛けて必死に掘って作った。かなりの重労働だったに違いない。
バケツの水を凍らしてアイスキャンドルも作り、かまくらの中や周りに置き、灯りをともした氷の美しさに感動してた。
Mioも風船に色つきの水をいれて可愛らしい雫キャンドルを作ったのよ。グットアイディアだったわ。

滞在最終日、前日紋別沿岸に流氷が接岸しているとのことで、昨日 初めて見る流氷をわくわくしながら楽しみに出かけた所・・・
あらら~ 沖に去ってしまっていて全く肉眼でも見えなくなってしまっていた。
でも波打ち際には置き去りになった氷が打ち上げられていて なんとか流氷をみて、舐めて味見までしてた。

母親のマデリンは・・・「寒いっ!もう冬には絶対来ない!」だって(笑

あっという間の10日間の我が家での滞在、今日札幌に移動。一週間ほどそこで滞在し、ディズニーランドへ行って楽しんで帰るそうだ。

次来るのは何年後かな? またその時が楽しみです。

2013 1月 15日

100歳祝い part2

大正2年1月15日生まれ
田村 タケノ 今日で満100歳の誕生日をめでたく元気に迎える事が出来ました。

元旦にプレバースディパーティを行い、13日には親戚の皆さんを迎え賑やかにお祝いを開催した。
遠くはオーストラリア(ワイルドだぜぃ)、帯広、札幌、ニセコなどの遠くから沢山の親戚が集まってくれ、総勢17名

出席出来なかった人達からもプレゼントや手紙、ムービーレターが届いたり、スカイプを繋いで直接お祝いメッセージを届けてくれたりとそれぞれ心温まる贈り物やお祝いの言葉が溢れた。
我が家の小さな茶の間はギューギュー詰め状態だったけれど みんなの笑顔が祖母にとっては最高のプレゼントだったかもしれない。

 

100年・・・、大正、昭和、平成と長い月日とめまぐるしく変わった来た時代の変化の中で苦しんできたり辛い思いをしたりしてきた事が多かったはずの祖母。 夫である祖父を亡くしてはや12年・・・
そんな中でも 元気に今日の日を迎えられたことは何よりも嬉しいことです。
昔話になると話がとまらないほど、記憶力も素晴らしい。 現在もまだ2階まで階段を上って自室で寝起きしている。
床に伏せる事もなく健康でいてくれることは 家族にとってもとてもありがたいこと。
こんな家族孝行してくれる祖母には 本当にいつまでも元気で笑っていて欲しい。

最後はやっぱり全員でおちゃらけ記念撮影 最高です!

遠くから集まって頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

 

2013 1月 08日

新しい家族

あけましておめでとうございます
今年もふく社長メインのブログになってしまっていますが、今年もどうぞ宜しくお付き合い下さいませ。

年末、夏に結婚したばかりの次男夫婦が年越しに3泊4日(我が家滞在)で愛知から帰省
車好きの息子は函館からレンタカーで北海道横断して紋別入りした。なんとも度胸のあること・・・と苦笑してしまう。
年末年始、道内は結構悪天候、しかし見事に隙間をぬうかのように道内を移動しつつ6泊7日を過ごして無事帰ったようす。

お嫁ちゃんはまるでスキー場に来たみたい!楽しい!と言っては 顔を真っ赤にして雪の畑をこいで歩いたり、スキットローダーに乗ってみたいと言っては、あの一人乗りの作業機に二人で乗って動かしてみたりととても楽しそうだった。


思わず 「若いっていいなぁ~私達にあんな時あったけぇ~?」としみじみふたりをみて思ってしまった。
お正月、恒例家族記念写真・・・
友人に4世代のお嫁さんが揃うのね~、スゴイよね~、見事だよね~って言われ・・・
言われてみて初めて気がついた・・・・ホントね 女は強しだわ!(意味不明ですが・・笑)

ばあちゃんの100歳のお祝いには二人は大活躍。
二人の力作、トマト缶で作ったパエリア!

こんなハイカラな料理、我が家では食べられませんから~
美味しかったぁ。

年末、お嫁ちゃんのご実家から海老が届いた。
荷物に「海老」と書かれていて、海のない岐阜県から何故に海老?と思って開けて見たら・・・

なんとビックリ! 「オマール海老」!!!
ご実家はフレンチレストランをされているのでオマール海老は食材としてよく使われると言う事で
なるほど、納得!

それも生きている「活オマール海老」 思わず動いているの目にして「ギャーッ」と叫ぶ私
それを背後からのぞき込んでいた母も思わず、私が叫ぶのものだから訳も分からず「ギャー」とつられ叫ぶ 大爆笑!


過去に食べた事はあるけれど、生きたエビを見たのは初めて
もちろん料理するのもこれまた初めての事。
ゆで方を教えて頂き、ごめんね~と言いつつも・・・生きたままあっさり熱湯に投入 早速 実食!

ゆでたての熱々を豪快に包丁で縦割り!
家族全員、旨い!旨い!と歓喜の声を上げながら 海老の頭の味噌を付けながらほおばる。
カニ味噌より美味しく感じたわ~。

100歳の祖母はエビが一番の好物
100歳にして初めて食べるオマール海老 ずごく美味しいと大喜び
最高のプレゼントだったかもしれません。

新しい家族が増える事で 色々な面で広がりを感じ、新たな幸せを感じた年末年始でした。

昨日、帰省中の息子達も戻り
やっと慌ただしい生活から一転 シーンと静まりかえった家の中はなんとも広く感じられた。
また週末、お祝い第2弾 一気に年齢層の上がったお祝い席を企画
今度はオーストラリアからの一家に頑張って貰う予定!(私・・・結構、他力本願?デス!)