未分類

2012 9月 02日

残酷な大人・・・ふく社長

昨日、すっかり秋・・・夏の暑さが懐かしく思えるなんて書いたけれど・・・
今日の日中は、また真夏日かと思われる程の暑さ!ホントに毎日気温に一喜一憂です

気温が最高潮に達しているかと思う正午頃、イケメン少年が牧場に突然現れた。
驚いた!なーんと、農業塾最多参加しているY君(中学2年生)だった!真っ黒に日焼けした顔に白い歯の笑顔がとてもイイ!
この暑い中、自転車でひとり市内から隣町に住む先生を訪ねて行く途中に、立ち寄ってくれた様子。
ゆっくり休憩して行きなさいと事務所で一休みさせ どこまで行くのか尋ねた。

悲劇はここから始まった。

Y君はどこどこの小学校の近くのログハウスの家・・・彼も先生のところへは全く初めての訪問らしく、たったこの情報だけで、携帯も持たず、訪問先の電話番号も知らない様子。
詳しく教えてあげようって普通誰もが思いますよね・・・・そうです、私も詳しく教えてあげました。

「帰りにまた立ち寄って休憩していきなさいね~」と大きく手を振って見送ったのです。暑い暑いお昼時・・・

 

しゃちょーが山奥で仕事をして午後2時半頃に戻ったので、Y君が立ち寄った話をして、彼がどこへ行くかを話した。

ここで 初めて自分がどんでもないことをしたことに気がついた!
私・・・・○○小学校を✕✕小学校と勘違いしていた(大汗)
もし、Y君が私の言葉を信じて行ってしまったら・・・・とんでもなく遠いところまで自転車を走らせなくてはならない・・・この炎天下の中を・・・
慌ててココが訪問先だろうと思われる家まで車を走らせた。しかし・・・彼の自転車はない・・・・
絶望的な気持ちでそのお宅のチャイムを鳴らした。

「Y君なら今、主人が上渚滑に立ち寄りたいところがあるというので、そこまで自転車をのせて車で送っていきましたよ」と・・・

はぁ~無事にたどり着いていたんだとホッと胸をなでおろしたところへ、携帯に着信、「Y君着いたよ」と・・・

彼曰く・・・私の言う通り目的地を通り過ぎて3キロほど行ったところの町で道を尋ね、
尋ねられたおばさんが、親切にその家まで先導してくれ、無事に先生の家に着いたそう。

無事に着いたから良かったものの、これ私が教えたように走ったものならきっとこの炎天下の中 途方に暮れていたかも知れない。
あ”~ 私のとんでもない思い込み・勘違いで・・・ 私・・・もう何十年この界隈に住んでいるのか!あり得ない間違い。残酷過ぎます私・・・

でもね・・・Y君 満面の笑みで・・・

私にこう言うの・・・ 「ブログに書いてくれますよね!僕がたむら牧場のブログデビューするの楽しみにしています!」って

ぎゃー!! なかなか、さわやかに言い放ってくれます(笑
もうなんでも書きます と 平謝り

 

農業塾最優良塾生のY君、特別課外授業ってことで 大型モアコンでの草刈り作業に同行、夕方の搾乳作業の実体験をして貰った。
大喜びで作業に取りかかってくれた。

自転車で帰らなくてはならないのでわずか30分程だったけれど、パーラー室への牛の出し入れや搾乳作業の手順一通りを一人で体験して貰う。先搾り、ディッピング、拭き取り、ミルカー装着、ディッピングの行程を3頭ほど行って貰ったけれど、2頭目からは驚く程上手にミルカー装着が出来て驚き! たぶん過去の初体験の実習生の中では一番かも!さすが優良塾生だわ(決して負い目がありお世辞いっているのではないよ!)


帰りに塾長との記念撮影

本当に今日はごめんね! これに懲りずにまた遊びに来てね!

 

私・・・伝説のおばちゃんになりそ・・・

 

 

2012 9月 01日

秋へ・・・

9月に入って 急に秋の扉が開いたかのような秋感いっぱいの空気が風にのって流れる
こうなると、昨日までの暑さが急に懐かしくなってしまったりと勝手なものです。

今年 初めてハロウィンかぼちゃの他に「お化けかぼちゃ」を植えてみた
カボチャコンテストに使われる「アトランテックジャイアントかぼちゃ」という種類

そろそろ収穫しないと自分でもって移動出来なくなりそうなので、まだまだ大きくなるかと思うけれど、9月に入った!秋だ!とばかりに思い切って収穫してしまった。
小さいのが普通のハロウィンカボチャだから、それに比べると随分と大きい。
お隣の佐呂間町の特産物のひとつが「かぼちゃ」ということもあって、今日・明日はかぼちゃのお祭りが開かれているそう。もちろん、カボチャコンテストもあってコレに優勝すると全道大会にも出場出来るんだとか。かぼちゃの馬車に乗るシンデレラも選ばれるそう。楽しそうなお祭りです。

 

なんだ!なんだ!とばかりにネコの「シマジー」がやってくる

大胆にも「へた」にかぶりついてみた模様

 

すぐに、あきらめた(笑

 

昨日、地域の2番草の切り込み作業もすべて終わり やっと一息

私もやっと自分の時間を持てる充実感から、今日は庭のブルーベリーも収穫してジャム作り

昨年初冬、知人から「ブルーベリーは寒がりだから冬囲いしてあげた方がいい」とアドバイスを受け、たっぷり冬囲いした今年春・・・ それはそれはものすごい程の花芽が付き驚いた!

それまでは10粒~20粒も実ればましな方だったのに、今年は真っ黒になるほど実ったぁ~感動です。小さい1本の樹から約1キロも!お砂糖をまぶしてしばし休憩~

自分で作るブルーベリージャムは初めて スゴク 嬉しい!

本当にブルーベリーは寒がりだったんですね。実付きが悪いとあきらめている人・・・冬囲いしてみて下さい。そうそう夏は・・・乾燥が嫌いだとかで、根元が乾燥しないように覆いをしたり水やりは重要だそうですよ。結構わがままな体質みたいです(笑

ジャムの出来上がりが、楽しみ!

2012 8月 24日

ジェットコースター?

一昨日までの真夏日がまるで嘘のように
昨日の最高気温17℃

半袖を着ていると鳥肌が立つほど寒く感じられる
とは言え 暑さから解放され「生き返る~」とばかりに気持ちも身体も潤う

ホント、ジェットコースターの様な気温の変化です。
今年は特にその傾向が酷いかも知れません。

朝顔は涼しくなると俄然 元気

それでも、そろそろ 庭の花も盛りを過ぎて だんだん終わり始め 秋へと準備が始まっています。
庭を歩く楽しみも減って めっきり足を運ぶ回数が減っています

たまに行ってみると 驚く程 雑草が背を伸ばしていてるのに気がつく

最後までちゃっと手入れしなくてはと自分にダメ出ししてます(笑

 

今日もお天気ぐずつき・・・牧草収穫作業に手を付けられないまま・・・

 

 

2012 8月 20日

Wedding

18日・・・次男の結婚式

始めて息子の名古屋での結婚式 結婚式のスタイルも北海道と違う中、何をしたら良いのかも分からず、すべて準備は息子に一任し
当日を迎えた。

案の定・・・ハプニングも多々・・・

しゃちょーが借りるはずのモーニングが連絡不備にて準備されていなかったり・・・
それで無くても、両家謝辞の挨拶をしなくてはならないという大役を背負っているのに
動揺増幅 ・ 緊張急上昇だったみたい(笑

バタバタしながら式になんとか臨む

披露宴・・・二人の初仕事のウエディングケーキ入刀

この後お互いにケーキを食べさせあっこするのですが・・・
新婦の手にはおもちゃのスコップ!
意外と思いっきりケーキをすくい新郎の口に押し込むシーン 会場は爆笑の渦

披露宴は、ほんの一握りの会社の直属の上司さんと身内を除く、ほとんどが友人と会社の同期の方々ばかりで、まるでクラス会のような明るく賑やかな雰囲気。加え、セレモニースタッフのバイタリティ溢れる熱い進行に終始華やかに楽しく進められ、いい結婚式でした。

学生時代の友人達の余興・・・ AKB48の歌と踊り
こういうノリの余興は友人ならではですね

この他にも、ものすごく多くの友人達のお祝いメッセージボードを持った画像をウルフルズの「ええねん」の曲にのせて たDVD上映(これには私達家族も協力依頼され画像出演したのよ)されたりと本当に心こもった余興の数々に二人の友人関係の良さをひしひしと感じられ嬉しかったぁ。北海道のようにカラオケオンパレードは全く無しよ!

披露宴には至る所に二人らしい演出もあったりと 随分とこの日のために二人が頑張って準備したということが伝わってきた。

最後・・・・しゃちょーの両家代表の挨拶・・・

どきどきしながら聞いていたけれど いい挨拶だった(内容に何故かサンマと牛が登場してきてた)
後から息子の友人達から「お父さん!いい挨拶でした!感動しました!」って言われ、スゴク照れてたみたい

どこのテーブルに挨拶しに回っても 新郎はお父さんそっくり!そっくりすぎる!って言われ、かなり人気ものでしたね。

そんなこんな賑やかであり温かい結婚式もあっという間に時間が過ぎ ほっと一息ついて帰宅

ひとつ新しく親戚の輪が大きく広がったことを嬉しく思い そして沢山の人のお心使いに感謝します。

ありがとうございました。

 

 

 

 

2012 8月 11日

アニマルセラピー

ひとのように表情筋が少ない?ない?動物たち・・・
でも・・・ひと以上に素敵な表情を見せてくれる。

言葉として会話は成り立たないけれど 目だったり、仕草だったりと・・・その表現力のすばらしさに驚き癒やされる。

動物たちは人間の何をみて何を感じているのだろう
時にはひとの気持ちを察してくれるときさえある。
ふと心の隙間を動物たちのなにげない表情で埋めてもらえるときがある。

農業塾でお世話になった牧場の育成牛・・・なんとも愛嬌が溢れているんです

 

我が家には沢山の牛と2匹の山羊そして3匹のネコ達がいる
それぞれに性格も個性もみんな違っていて・・・見せてくれる表情も毎日さまざま

ひとには持ち合わせていない何か魅力を感じる

ひととばかりではぶつかったり、争ったりすることが多いけれど 動物を目の前にすると何か自身の奥深いところの心の眼が開くような気がします。

きっと アニマルセラピーはそんなひとの言葉では表せられない、教えられないことを動物たちから得る手法なんでしょうね。

沢山の動物たちに囲まれている私達はある意味 幸せなのかもしれません。