未分類

2019 2月 06日

学習会

今日は女性部行事の一環で、
昨年5月にNOSAIオホーツク・紋別家畜診療所が新築され、その施設の見学と合わせて、そこの会議室において、獣医師による学習会。
ふたりの腕の立つ獣医師よる、乳房炎についての講義が行われた。
酪農の現場においては、もはや日常の職業病とされるぐらい、悩ましい乳房炎。
乳房炎治療により生乳が出荷できなくなるため、減収に直結してしまう。稀に死亡に至る原因ともなる深刻な病気のひとつ。
いくら注意を払っていても、全く発症しないなんてことは今でかつてない。
そんな乳房炎について、改めて知識や治療技術について学んだ。
昼食時も質問は絶えなかった。

午後は、4頭の四胃変位の手術があるとかで、実際に手術室に入って手術の様子を見学することが出来た。新しい術場は明るくて冷暖房完備。
幸い、学習会参加者の牛ではなかったみたい。

執刀医の若い女性獣医師も手際よく準備を進めて行く

4胃を正常な位置に戻し固定され1頭当たり30分程度で手術が完了し、トラックで運ばれ、畜主のもとへ帰って行く。
体調がもどって、元気に産乳してくれることを願うばかりです。

先月、我が家のコンサル獣医師を今年の目標を立てたなかで、今年の死廃の頭数と四胃変位の頭数が月別に誰もが一目瞭然で分かるように表に作ってくれた。
目標は、一頭もこの表に記載されないのが一番!
せめて、昨年の頭数より少なくなるように管理していこうというもの。
取り合えず、今年1月は「0」。昨年は四胃変位の牛が1頭いたことになっていた。こうやって表にして、しかも目に付くところに這っておくと、緊張感がありますね。牧場で働く全員の目標に対するモチベーションも維持できそうです。

ともあれ、病気にならない、させないのが一番です。

今日得た知識と技術をもって、現場で生かしていくことが大切です。

今日担当してくださった獣医さん、お忙しい中、ありがとうございました。

2019 1月 25日

今季初暴風雪

穏やかな冬を過ごしていたけれど、とうとう一気にやってきた暴風雪。朝から夕方まで吹き荒れた一日となった。       

お陰で少なくて喜んでいた積雪も例年通りの雪山に・・・ 除雪のしごたえがたっぷり。エサは荒れる前日に二日分給与してあったので、吹き荒れる中、餌作りはしなくて良かったので、心置きなく除雪と休憩を繰り返す一日を過ごした。

一日吹き荒れたために、安易なビニールハッチのビニールが一部剥がれ中は雪まみれ。ジャケットを着せていたため身体は濡れずに済み少しは仔牛にとってはマシだったかも知れません。吹雪の後はいつも全ハッチの敷料の取り換え。一苦労です。

剥がれたビニールを直して、敷料の取り換えが終わると、冷たくて立ちっぱなしだったのか、早速2頭寄り添って横臥。私もひと安心。           

この冬あと何度暴風雪の日があるのかしらね。まだ時は一月後半、この先冬は長~いです。

先日、来客の方から頂いた男山酒造の酒粕

ハッチの敷料交換でひと汗かいて、頂いた酒粕を何にして食べようか?と酒粕のレシピを探していたら、、、「酒粕アイス」が目に留り作ってみた♪ 甘酒そのもののっていう感じではありますが、美味しいです。寒い冬でもアイスの消費量が減らないのは、北海道の住宅事情によるものかもしれませんね。

2018 2月 14日

なかなか忙しい

愛知へ来て、はや一週間が過ぎた。
毎日、100頭以上の牛の世話に明け暮れていた私が、たったひとりの孫の世話に翻弄する毎日を送っている。
こんなにも忙しいものだとは、正直思ってもみなかったわ(笑)

息子のお弁当作りから朝が始まり、8時前に朝食、12時昼食、午後は近くの子供支援センターに行き、孫と遊び5時には夕食、直ぐにお風呂。8時頃には孫を就寝させる。
そんな規則正しい生活は、送った記憶がない。
普段の牛舎作業の日々では、食事の時間帯はまるで不規則な生活なわたしが、8時間の間に3食作り、食事をするなんて、長男夫婦のところへお産扱いに行った時以来。
あっと言う間に、次の食事の時間が来てしまう。
孫が食べられるもの、食べられるようにと考えるだけでもハードルが高い(笑)

改めて、子育てをしながらの専業母さんのご苦労を見に染みて感じてしまう。
いつも、仕事があるからと仕事優先にしてきた自分だけにね。

孫と向き合って遊ぶことも、自分の子供達とこんな風に遊んだこともなかったな~と、今更ながらに振り返って思った。

ともあれ、色々な場面で振り返ってみたり、考えさせれたりと新たな経験をさせてもらいながら、バタバタと楽しくやっています。


生後12日目
通称「眠り姫」良く寝るママ孝行な赤ちゃん♪

2016 9月 13日

新しい命

昨日お昼前、命の襷が無事に渡り、新しい命が誕生しました。

_20160912_142431

長男夫婦の初めての赤ちゃん。

私達にとっては二人目の孫。

3570gの大きな男の子でしたが、ママさんは模範的な分娩で、とても初産とは思えないど。叫ぶこともなく、分娩に対ししっかりと向き合ったお産で、お見事!良く頑張ったねと褒め称えてあげました。

亡き祖母の見守りのなか、お産を終え、ひと安心です。

 

初めてのお産扱い。

23年振りに赤ちゃんをお世話する私は、かなり緊張です(笑)

今週末には退院なので、私もいよいよ本番。

今は、山坂の多い小樽での犬の散歩が日課。お陰で筋肉痛(笑)

 

留守にしている牧場のことは、すっかり忘れ?犬の散歩をしながら小樽の町並みを満喫。結構、楽し!です。

しゃちょー、すまないね~。

 

 

 

 

 

 

2013 11月 10日

フェアトレード

「フェアトレード」ご存じですか?

日本には沢山の食料や日用品が輸入されていて、私達の食卓や生活がグローバル的に彩られています。それも、驚く程の安い価格で手にする事が多いです。
私も第一次産業一線での従事者、この価格はいったい生産者にとって適正な価格なんだろうか?と疑う事も多い。

多くの安価な輸入品は東南アジアや南米など開発途上国からのものが多い。
いくら人件費が安いとは言え、多くの関税や輸送運賃が含んでもこの価格は???と思う事もしばしば。

そのひずみが全部、生産者に覆い被さっている事を知っているでしょうか?
生産国では安さを生み出すために正当な対価が生産者に支払われなかったり、生産を上げるために必要以上の肥料や農薬が使われ、そのため生産者が農薬等で健康に障害がでたり、農地をはじめとする自然環境破壊が深刻になってきている国が出て来ているそうです。
健全な農地からではないと、安心安全な作物は作れないことなんて、生産者なら誰でも知っている事。

フェアトレードとは、生産者が美味しくて品質の良いものを作り続けていくために、生産者の労働環境や生活水準の保証、自然環境にも配慮された持続可能な取引のサイクルを作るために、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入する事により、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す貿易の仕組み。

 

少なからずも豊かな国で生活している私達が、このフェアトレード商品を購入する事で、開発途上国の生産者や労働者を支えることになるんです。

フェアトレードマーク

日本でも沢山のフェアトレード商品が売られていますし、それらを積極的に使っているレストランやカフェもあります。
コーヒー、紅茶、ワイン、バナナやチョコレート、コットン、日用品など様々なものがあり、国際フェアトレード基準が守られている商品には認証ラベル(上の画像)が貼られています。

私も毎日呑むコーヒー、最近フェアトレードを気にしています。
カルディコーヒーやスターバックスコーヒーにもこの商品が取り扱われています。

同じ農産物を生産する立場として、協力せずにはいられないです。