未分類

2013 5月 23日

つかの間・・・

どうしたんでしょうね・・・今年の5月
北海道の5月 特にオホーツクの5月と言えば やっとやっと雪がなくなり気温急上昇して
何もかも寒さから解放された気分を満喫できる一年で一番良い季節なのに・・・

未だお天気安定せず 二日ほどやっと陽が射し気温が二桁になったのもほんのつかの間
全く思わせぶりのお天気だった。
今日はまた冷たい小雨・・・予報では「みぞれ」です。気温4℃

昨日からやっとデントコーン播種作業が始まったけれど、今日は当然中断。


私も仕事の合間にガーデニングしたいと思うけれど・・・
全然 外に花苗を植えられる気温ではない・・・

やっと早咲きのチューリップが数本庭に咲き出し、殺風景な茶色い庭にほんの少し日差しが射したかのよう。
山にはコブシの白い花が満開に見える。今年は例年になく花付きが良い様に思える、沢山花が付く年は豊作だとかいうけれど、本当にこんなにいつまでも長く寒い春で、豊作になるんでしょうかね。
エゾヤマ桜もやっとほんの少し開花。
遅いなりに春は進んでいるようです。

今後一気に播種作業 休む暇なく1番草収穫に突入ってことになるのかと思うと・・・それも辛いな・・・

 

 

 

2013 5月 15日

まだ・・・続いている異常低温

オホーツク・・・未だに天候回復に至っていない。
連日雨、良くて曇り 気温・・・5月上旬の平均気温2.6℃ 観測史上最低の異常低温だとか・・・
4月27日以来 日が射したのは5月10日の午前中のみ・・・
日中の気温が5℃を越えると「今日は暖かい!」って思うほど。
本州では真夏日を観測したところもあるそうな。
この違いは何なの!

今日はもう5月15日 例年だとデントコーンの播種作業が始まっているころ。

未だに昨年秋起こしした畑にスラリーさえ散布出来ていない。

いったい いつになったら お天気回復するんでしょ。

 

あきれる自然のご機嫌斜めさをどうする事もできない無力な人間。

仕方がない・・・あとは天気祭りするのみ。

 

取りあえず・・・「てるてる坊主」頼み!

 

華やかなコスチュームにしてみた!(笑

北見の畑作農家さんはどうしているんだろ?
タマネギやビートを移植し初めていた農家さん・・・ 移植された苗は枯れずに生きているんでしょうか?

 

デントコーンを播種出来ないでいるうちはまだましかもしれない。

 

早く早く天気になぁ~れ!

皆さん、日照不足による心の季節的情動傷害(うつ病と類似的な病気)に気をつけましょ!

 

 

 

 

 

2013 5月 07日

いつまで続く?

昨夜から今朝に掛けてまた雪・・・
4月の27日からずっと!ずーっと 毎日 雪か雨・・・

一日もお天道さまの顔を拝んでいない。

なごり雪・・・なんて素敵な言葉があるけれど、そんな降る雪を愛おしむ気持ちには、もはやなれない。
5月も1週間過ぎた。昨年12月頭からずっーと長すぎる冬。

草地への肥料撒き、デントコーン畑へのスラリー散布など何もかもまだ手つかず。
スラリーの貯留槽ももう限界。早くお天気になって畑が乾いてくれないと・・・・ 大変な事態になってしまう。・・・考えたくない。
それでも連休中の3日と4日 雨の合間を縫う様に母の野菜ハウスのビニール張りとカーフハッチの夏バーションへの衣替えを一気に済ませた、でも、仔牛は寒そう~ 可哀想なことしたけれど仕事が詰まってきているので勘弁。やれる事は済ませて行かないとね。

 

今日の最高気温3℃  お先真っ暗だぁ・・・・

 

桜も例年ならもう開花している頃、 今年はやっと道南に桜前線が上陸したばかりだとか・・・
オホーツクはいつになったら・・・なんでしょうね。待ち遠しい。

せめて・・・さくら大福食べて・・・春を寝て待つ事にしよっ。

甘いものは いいね~  ほっこりする。

 

しゃちょー この寒さでしもやけが復活したとかで、また、カイロ頼りにしている(笑

 

 

 

2013 4月 29日

春降雪

4月も下旬 ゴールデンウィークもまじか・・・
日中の気温も気まぐれに14℃にもなったりする日もあり 春気分を満喫している反面、牛舎周りのゴミ拾い、庭の枯れ枝などの除去作業などに追われていた。


忙しさの中にも、庭の黄色いクロッカスの眩しいぐらいの華やかさ を誇っている様子に目をやりながら、鼻歌交じりで春作業を楽しんでいた。

 

しかし・・・

 

連休初日の27日 雲行きが怪しくなり お昼からは大ぶりの雪

その夜一晩中降り続いた 朝、国道には除雪車が走ったほど
昨日も一日 みぞれや雨、夜は小降りながらもまた雪が降り続いた。
気温が酷く下がった訳ではないので 雪はシャーベット状態。
ウトロでは40㎝ものの積雪だっとか・・・ 春の雪降りが2日間も続く事も珍しい。GWの観光を楽しみに北海道を訪れた観光客はきっと震え上がったに違いない。 これもまた北海道らしい春の洗礼かも知れませんね。

今朝は雪や雨も納まっているけれど、暗い曇り空が広がっている。


あんなに煌びやかに咲いていたクロッカスも雪に埋もれ 寒そうに花びらを閉じている。
これはこれでまた美しい!
なかなか 春はおいそれと前進しないものなんですね。

 

まだ、デントコーンを蒔く予定の秋耕しこされた畑にスラリーも散布出来ずに、しゃちょーはマッタリとお天気の回復を待っている。

 

 

2013 4月 21日

女子コン

帯広畜産大学、学科の同期会があって出席してきた。
同期の女子は10名 在学中、この10人はことある事に「女子コン!開催!」と言っては メンバーの下宿先でよく飲み会をしていた仲。飲み過ぎて二日酔いで翌日の講義に出られないこともしばしばだった。

卒業後、過去に1回だけ温泉一泊で再会、その後11年ぶり2度目の女子コン開催となった。
早いもので気がつけば、卒業して30年の月日が流れていた。


10名のうち8名の参加
農家の跡継ぎとして就農した人、農家に嫁に行った人8名中5名 主婦・起業家など3名
参加出来なかったメンバーからは「女子コン開催おめでとう」の嬉しい祝電が届いたりと、その絆の強さが伝わる。

再会したとたん、11年ぶり、卒業後30年の月日がまるで嘘の様な時間が一瞬にタイムスリップしたかのように学生時代にもどった気持ちになる。 多少風貌は・・・しわ・たるみはあるものの、話し方、性格などなど全く変わっていなくて笑え、居心地のいい雰囲気に包まれる。

夕食前から深夜2時まで温泉にも入らず、途切れる事を知らない盛り上がる話題の数々。

前回から11年間の各々の笑いあり涙あり・・・十人十色の波瀾万丈の子育て・家族・仕事・生活などの経過報告が交わされ、悩み苦しみつらさを乗り越えきている友の姿を知った。
11年前は子育てのことがメインだったけれど 今は自分の健康や舅・姑の介護の話、後継者として戻ってきた子供達との関係の難しさなどにシフトし 確実に年齢が進んできた現実が会話の中からも伺える。

翌朝は朝5時半には起きて(さすが農業人)とりあえず温泉に浸かり 朝食を済ませチェックアウトの時間ぎりぎりまで満開の話しの花。 名残惜しみながら、5年後の再会を約束をしておのおのの生活の場に戻っていった。

楽しかった! また元気に笑顔で会おうね! 100%参加めざして!