未分類

2013 3月 11日

東日本大震災

日本国民がこの日を知らないひとはいない
あの東日本大震災から2年・・・・
まるで昨日の事の様に津波に呑まれる街の映像が目に焼き付いている。

 

今日、JA女性部の通常総会が行われ、総会に先立ち、参会者全員で黙祷を捧げた。

2年が経った現在も31万人にもの被災者が仮設住宅での生活を余儀なくされている。
震災の復興は阪神淡路大震災の時より遥に遅れている。
過去最大の自然震災に加え 原発事故が重なったため 想像を絶する被害となってしまった。
まだ瓦礫がタダ寄せられたままの地区がたくさん そんな復興の遅さを毎日目の当たりにしながら生活する被災者の皆さん・・・
悲しみ苦しみから癒やされる日はないと思う。

原発事故により被害にあったのはひとばかりではない・・・
牛を始めとするたくさんの家畜たちがその犠牲となった。

放射線による危険地区に指定された地域は家畜たちがそのまま取り残され・・・ エサも与える事も出来ずに息絶えていった。
牛たちは飢えをしのぐため 牛舎の木の柱をかじっていたのでしょう、柱が細くなってしまっている牛舎の画像を見ると、牛のうめき声が耳の奥に重く鈍く響く。土に埋めてあげる事も出来ない・・・・ 畜主の気持ちになれば、いつになっても気持ちのけじめすら付かないはず。

 

人が豊かさを求めたゆえの原発事故

しかし、復興は人の手によってしか成し得ない。

 
自分に出来る事・・・・

 
やっと税金の申告書が出来上がった。
我が家の経営には多すぎる税金とは思ったけれど 少しでもこの税金が復興支援に使われることを願って しゃちょーは申告書に印を押した。

 

いつかきっと また よくぞココまで復興したと胸を張れる日本でありたい。

 

 

2013 3月 07日

おもいやり算

3月・・・夜明けが随分と早くなり、日没もゆっくりになってきました。
例年に比べると雪の量は驚く程多い。
それでも日中プラスの気温に春が近いと思え、優しい気持ちになれる。

しゃちょーには「おそっ!!!」って言われた。
どれだけ・・・私ってメディアに無関心なんだろって思うことが・・・
つい最近 新聞を見てとても感動した広告があった。
昨年からずっとラジオやTVで放送されていたというACジャパンの広告・・・・

「おもやり算」

計算記号 「+」「-」「×」「÷」

「+」・・・助け合う
「-」・・・引き受ける
「×」・・・声を掛ける
「÷」・・・分け合う

このおもいやり算より、一人一人の心遣いが大きな答えになるはずと・・・・

とても 簡単・やさしいおもいやり算の広告に感動

今回の暴風雪でも、たくさんの人から、おもいやり算を受けて こうして無事帰宅する事が出来た。
ちょっとしたそんな心使いが、勇気がひとをつなぐ・・・
ひとりひとりが心の偏差値を高めて 豊かな心が溢れる社会になったらいいね

ともすれば・・・親切と思ってもお節介と疎まれることもあるかもしれない。

でも こころ折れないで欲しい

いつかはわかり合える わかって欲しいという思いは誰しも持っているものだから・・・

 

やさしいでしょ おもいやり算

 

2013 3月 03日

一宿一飯の恩義

昨日は友人と二人、北見まで知人に会うために出かけていた。
1日夜から暴風雪予報ということもあって当日の朝まで思案していた。が・・・思わぬ好天気
神様が私達に微笑んでくれたわ!とばかりに、車を走らせた。

午後2時半、まだ北見市内は小さな雪が降り始めたばかり・・・悪天候になる前に帰宅出来るだろうと思っていたが・・・
網走~湧別間の国道238号線まで来ると・・・もうまるで信じられない程の暴風雪。
まさにホワイトアウト。どこを走っているのかさえわからない。みんなハザードを付けながら走っているけれど、車の前3~4m先の前車が見えない。何度も追突しそうになりながら、芭露の小さな街までたどり着く、ここまで来て渋滞しているのか、事故車両があるのか・・・前に進まなくなってしまった。
途方に暮れながら 車内で待っていた・・・
と・・・この暴風雪のなか、荷物を抱えた70歳前後のおばさんが歩いていたので、車の窓を開けて 大丈夫ですか?と助手席の友人が声を掛けた。

そうすると、この近所に住む人で、この前方車両に知人が乗っているらしく、その人に非常食を届けてに行ってきたと話してくれた、「こんな天気だから、車中泊にでもなったら大変だから、貴方たちにも水とパンをあげるから」と言って、私達に分けてくれた。

なんて・・・なんて・・・ やさしいのぉ・・・ 友人と二人 心細い中にもひとの優しさに心満たされながら車中で過ごしていた。

ようやく少しずつ車が前に進み始め・・・・前のハコ車のテールランプだけを頼りに運転していた。
時々止まる度に 友人はハコ車のテールランプの雪を払いに暴風雪の中を降りて、合わせてワイパーの氷も落としてくれ、フロントガラスに顔を付ける様に前方の様子や路肩の様子をナビゲートしてくれた。
有り難かった。

路肩には何台もの車が動けなくなって止まっていたり、放置されていたり・・・そんな車が目の前に突然現れる度にぶつかりそうになったりと生きた心地がしなかった。

いよいよ 全く車が流れなくなってしまった。待つ事30分・・・・しびれを切らした後方車がどんどん追い越してゆく・・・が・・・結局その車も前に進めなくなり両車線とも車で埋まってしまっていた。もう対向車が通過出来なくなっていた。

幸い、そこから1kmほど戻った所に知っている酪農家さんがあった。
友人と帰宅を諦めて、そこへ何とか戻って避難させてもらおうと言う事に・・・・

絶対対向車は来れられない状態だったので無理矢理その場で方向転換し、牧場の入り口も吹きだまっていたけれど、もうどうにでもなれ!的な思いで突っ込んで何とか到着。

その瞬間・・・良かったぁ~ 無事に生きてココまで来られたぁ~ 手は震え・・・涙がこぼれた。

芭露のK牧場さん、一緒に行った友人が昔、お世話になった所、ウチのしゃちょーも日頃大変お世話になっている方とあって、快く迎え入れてくれた。

家に入ると、一足先にここへ救助された若い女性の方がいた。道路で車のバッテリーがあがって動けなくなり、ここの牧場主さんに助けられたとか・・・そんな女性と三人で大変だった話やここに助けて貰えた喜びに花が咲いた。

夕食、出されたお味噌汁の温かさが空きっ腹と心にしみ渡った。こんなに美味しいなんて・・・
暖かい布団も用意され 本当に有り難かった。

外は相変わらずの大荒れ・・・あの沢山の車の人達はどうしただろうか?しゃちょーはひとり搾乳を余儀なくされ・・・無事終わっただろうかと思いつつ眠りに付いた。

そして今朝、目が覚めた4時半、牧場主さんはすでに除雪作業をしていた。雪は止み風も随分と穏やかに納まっていた。
少し明るくなったころ、起き出して、自分の車の周りを除雪して、他の二人と共に、若い女性の車の救出に出かけた。
バッテリーが上がっているため 近くで他の車を救出している男性にリード線を借り無事エンジンもかかり、吹きだまりからも脱出。 その彼女を牧場に残して、7時前、帰宅の途に・・・

しかし、湧別~紋別間は除雪のため通行止め。
待つ事2時間半 やっと開通。我が家に着いたのは10時半を回っていた。しゃちょーは朝の搾乳を終えたばかりだった。
今回大変な暴風雪に呑まれてしまったけれど、私達はとても幸運だった。
道中、お水とパンをくれたおばさん。そして、たまたま車が流れなくなってしまった近くに知っている牧場さんがあり、一宿一飯の恩義を受けれたこと。
本当に本当にありがたかった。K牧場さんのご夫婦にどんなに感謝してもしきれない。ありがとうございました。

この暴風雪で車中で一酸化炭素中毒で亡くなった親子、助けを求めに悪天候のなかを車から降り遭難してしまい雪の中で死亡してしまったひとなどの悲報がたくさん。

自分たちもこうなっていたかもしれない。

今夜 無事、搾乳をしている自分がとても幸せに思えた。
夜空を見上げれば 寒々とした満天の星空、昨日の悪天候がまるで嘘の様に輝いている。

 

こうして無事に帰って来られたのも、友人をはじめ沢山の人の優しさのお陰。

本当にありがとうございました。

 

2013 2月 28日

メイちゃん、2産目

昨夜、山羊のメイが分娩した。
今回は3匹  ♀2匹と♂1匹


今回は全部元気に生まれてきた。めでたし、めでたし。
ものすごく大きなお腹だったから何匹はいっているのかと思ったけれど・・・


とっても可愛い! メェ~メェ~と甲高い声に思わず笑みがこぼれてしまう。


生まれてすぐに母ヤギのおっぱいを吸っていた!
驚き すごいわ~

ヤギは2本しか乳頭が無いけれど 今回は2産目とあっておっぱいも大きくなっているし、きっと3匹の子ヤギを充分に育てられるぐらいお乳が出そうです。

ご近所の方 是非に見に来て、だっこしてみて!

 

2013 2月 20日

確定申告


今年も今週から確定申告の受付がスタートしている
私・・・これから準備です(汗
一年って本当に早いなぁ・・・ 昨年あんなに頭抱えながらやっていたのに、また頭抱えなくっちゃならない時期に・・・
毎年のことなのに、あれやこれやと思い出す作業に時間が掛かり、なかなか前に進まない。
ひとつつまずくと二進も三進もいかなくなりフリーズ。 全くおつむの悪い低能力のパソコンみたい!でいやんになっちゃう・・・
周りの酪農家さんはもう随分と会計士などの専門職に委託しているところが多い。
我が家は委託してしまうと・・・赤字になってしまう・・・
って頑張っているけれど、間違った計算方法とかで申告してしまっているかもしれない・・・税務調査が入ってしまった場合、一年の委託料どころじゃない、追徴課税が何年もさかのぼって請求が来たら・・・と思うとそれも恐ろしい話。
申告の手順を知るためにも勉強!勉強さぁ~なーんて思いながらやっている。


収入ひとつをとっても 毎年 各方面から入ってくる奨励金や補助金の数々・・・ これが不課税なのか課税になるのか・・・
不課税と非課税の違いってなんだ? 支出面でも多様な税区分がある・・・げんなりする。言葉の意味がわかりません!状態。
機械購入にしても、リース物件は減価償却してはいけないとか、減価償却すべきだとか・・・対応する税務署員によっても様々だそう。それじゃ私達申告者は困るでしょ?
だ~か~ら~・・・・専門家に任せればいいのです。という声が・・・
専門家なら戦って?くれるんでしょうかね?笑

とにかく 要わからん私がやっているのですから 何があっても不思議じゃない。
ただ、収入だけは一円たりともごまかす事無く売り上げに計上することだけは厳守。
しゃちょーの懐にこっそり入ってきているらしい怪しいお金?も 年末には「はい!通帳だして!」ときっぱり。
どれだけ使っていようがあえて何も言うまい。(でも・・・お腹の中は・・・ブツブツ・・・)
もちろん小遣いとして使った分は課税所得です!経費では落とせませんからね~

時間がない上に 各組織の役員会・総会・多種の行事等でスケジュール表は予定がいっぱい。

間に合うでしょうか・・・・

 

記憶力・算数に強い頭が欲しい。