ノンジャンル

2019 8月 14日

お盆

令和、初のお盆の時期を迎えました。
超大型台風10号の影響が、帰省中の人々を不安の渦に巻き込んでいる様子。
一年に一度、久しぶりに故郷の故郷へ向うことを楽しみにしている家族や親せきの人々の気持ちを台無しにしてしまいそうな、台風。
今回の台風は勢力も強く、しかも速度が遅い。いったいどれほどの被害が襲ってくるのか想像もつきません。
そんな台風の前の穏やかなお盆入りの北海道。
久しぶりの日差しがこんなにも暑かったのか?と思う程、夏の太陽を感じた今日。

午前中にお墓参りを新しい家族と共に済ませ、夏の穏やかな日差しの中、孫の笑顔がはじけた。

お気に入りのラジコンカーを満面の笑みで操作する。
夏の日差しの笑顔にばぁーばも最上の幸せ感じる。

これから台風が来るなんて想像も出来ない一日。
速度が遅いだけに雨量も多く、自然災害は免れないという予測が強い。人々の笑顔を失う事態だけは避けて欲しいと願わずにはいられない。

お盆ですから、ご先祖様、お守り下さい。

2019 7月 31日

花火

暑さが続いている。もはや本州も北海道も大差はないほど。
そもそも、北国の人々は汗腺が少ないので、暑さに弱いのです。
北国は北国の生活とそれに似合う身体が備わっているのに、連日真夏日を更新するような暑さは、ちょっと辛すぎますね。

そんな中、夏祭りも各地で、盛大に行われている。
夏祭りと言えば、花火大会。
夏の夜空を彩る花火は、年々豪華さを増し煌びやか。
もう、何年も花火大会を目にすることがないですが、長岡の花火は一度見てみたいと思う。

夜空に上がる花火はほんの一瞬の華やかさと儚さ・・・瞳に映る光はいつまでも 身体の奥にまで響く太く深い打ち上げの振動共に、思い出に残りますね。 

野に咲く花火見つけました。

北海道の道を走ると、どこにでも目にする巨大な植物。「エゾニュウ」
その存在感は突出している。
遠目には決して美しいとは言い難いけれど、実はとても綺麗。まるで花火の様なのです。

とっても綺麗。草姿とはかけ離れた小さな可憐な小花の毬が、放射線状に広がって咲くその様は、まさに花火。

そして、エゾニュウの他にも花火のような植物、「ノラニンジン」
丁度今頃が見頃。群をなして咲く様子はとても可憐。

打ち上げ花火みたいね。

花が終わると、広がった花の茎が真ん中に集まる姿も、素敵。

名も判らない道端に咲いていた、小さな花火。
まるで、線香花火みたいでしょ。

野に咲く花火も、心豊かにしてくれます。

暑さを忘れて、小さな花の美しさに魅了される時間も夏の楽しみのひとつです。

2019 7月 18日

ガーデン2019

今年は相変わらずの雨不足が続いています。
まとまった雨がない。けれど、日差しが強い夏本番という日照りもなく、ある意味とても快適な夏が経過中。
雨水頼りのガーデンはちょっと厳しい状態にあるけれど、日差しが強くない分、まだ元気に咲いている、でも開花期間はちょっと短い感じがする。

コンテナガーデンは、雨が降らない分、花弁が痛まないのもあって、例年以上に綺麗に咲いています(プランターはマメに散水しているので)花姿もまとまり、今が一番綺麗な時期かも知れません。

今日もドンヨリ雲が広がっていますが、気温は結構高くて蒸し暑くさえ感じるけれど、燦々と照り付ける日差しがないのは、庭の管理作業するには楽ちん。

2番草の切り込み作業も、はや来週から始まりそうとかで、一息ついたのもつかの間の気分です。

新米息子は2番草から自走ハーベスターのオペレーターとしてデビューするらしく、今日はベテラン教官?に操作特訓を受けていたみたいですが。
どうなるやらね~。

2019 6月 15日

招待状

13日は孫の誕生日。牧草収穫作業真っ最中とあって繰り上げて誕生会を開くこととした。その繰り上げ誕生会の招待状を仕事しているところへ、孫が届けに来てくれた。「コレもって、カナくんの誕生会に来てね~♪」と・・・
中をみると、屋台メニューの引換券が3枚。どうやら、カナくんがお店屋さんをするらしい。主賓自らおもてなししてくれる企画みたい。

お昼12時、かなとのお店開店!(開店前はお店のあるリビングは立ち入り禁止となっていた)
家族みな、引換券を持って入店~♪。
「いらっしゃいませ~♪ 何にしますか~♪」と・・・可愛い♡
リビングにセッティングされたお店は屋台も顔負け。
「焼きそばくださーい!」というと、青のりと紅しょうがをトッピングしますか?と・・・お好みのものをかけてくれる。芸が細かい(笑) パパはかき氷の氷削り担当。シロップと練乳かけは孫の担当。

三種類の屋台メニューを引き換えて、最後に孫とじゃんけん。
勝つとお菓子5個、負けると3個もらえるとのこと。
私、見事に勝ち、お菓子5個ゲット♪

焼きそばも2種類入っていて、ちょっとタコに成りきれなかった?たこウインナー(笑)も入っている豪華版。かき氷なんて何年振り?って思う程だった。
こんな屋台メニューで賑やかにランチタイム。

ケーキはパパの手作り。車好きとあって、タイヤケーキだそうです。
良く考えるものだと、感心する。

両親からのプレゼントはトラクターと作業機シリーズ。
紋別に来てから、すっかりトラクターなどの重機類の車が大好きになったみたい。良かったね~
孫のいるお陰で、こんな面白い手の込んだ企画のお誕生会に招待されるなんて幸せ。
それにしても、パパ・ママはホントにマメです。
同居するまでは、こんなイベントとは無縁だったわ~。



2019 6月 03日

運動会

四男の中学校の運動会以来、もう10年以上ぶりに運動会というものを見に行ってきた。孫が保育所に入所し初めての運動会。
ココの地域は保育所の園児も小学校の児童も少ないため、合同で行われる。
少々風が強いものの暖かく絶好の運動会日和に恵まれた。

保育所の園児たちは皆、黄色のお揃いTシャツに帽子。広いグランドに良く映えて可愛らしい♪

ダンスが好きな孫は「もりもりロックンロール」というダンスを毎日の様に家で練習していた。練習中もばぁーばに一緒に踊ろう!って強制練習させられる(笑)

ミニオンに扮して、カート競争。真剣そのもの。

プログラムを見ると、祖父母の団体競技がひとつ。私たちの出番です!
が。。。。。「ご長寿玉入れ」とある。ご長寿????
この単語に酷くひっかる。確かにね、孫から見ればおじいちゃん、おばあちゃんですが、50代半ばにして、「ご長寿」と言われちゃ~かなり憤慨しちゃう(笑)

ご長寿の年代層も幅広いなか、しゃちょーと紅白に分かれて頑張りました!
結果、見た目ご長寿層が上の方が多いとみられるしゃちょーチームが勝っちゃった!何故なんだろう???と若干若めの私たちチームの女性陣はブツブツ呟きながらも、勝っても負けても同じ商品(テッシュひと箱)抱えてニンマリと席に戻った。楽しかった♪

親子競技。車に乗せた我が子を引っ張り爆走!土煙が立ち上り、子供は大変そうです。途中、札を引いて借り物をしてゴールに向かうのですが、息子が引いたカードは「赤い服を着ているひと」とあり、しゃちょーが、まさかのマッチング。

のんびりと下の孫を抱いて観戦していたのに、急きょ出動!
たむら家、大いに盛り上がる(笑)

競技は午前中で終了。お弁当を囲む時間がないのは寂しいけれど、久しぶりに楽しい運動会だった。