ノンジャンル

2019 11月 30日

折り紙講習会

昨日は、JA女性部上渚滑支部の講習会が開かれた。
何と、「折り紙講習会」
折り紙なんて・・・・もう何年も真剣に向き合ったことがない。折ツルぐらいは、本を見なくても折れるけれどね。
今回の講習会はどんなものを折るのか楽しみに参加。

折り紙講師はね、NOSAIの若手獣医師。我がNOSAIに新卒で勤務して6年。
新任当時から知っている息子的な獣医師なんです。その獣医師さんの趣味が「折り紙」だと言うから、びっくりです(笑)

昨日は、さすがに獣医としての勤務の一環としてではなく、私たちのために有休をとって講師を務めてくれたのだと思う。

折り紙にハマったのは小学校4年生の時だそうで、さすがに折り紙では食べて行けないと悟り、獣医師になったそうです。
写真は四羽のツルが円状に繋がっているツルを折って披露してくれている様子。

さて、まず手ならし的な簡単な折り紙から講習スタート
もうじき、お正月。お年玉のポチ袋から


両面に模様が入っている折り紙で折る。これは説明書を見ても簡単に出来て、なかなか可愛い。
皆、お年玉をあげる分だけ、ス、ス、、スィーと折り上げていた。
左が表、右が裏側になります。


次は18枚で同じパーツを折り、クリスマスリースに仕上げる。
これも、単純な折り方なのでらくちんに作業が進む。ここまでは、みんな賑やかに雑談しながら作業を進めて行ったけれど、次の組込みの箱を折る時は、ほぼ無言状態で必死。パーツの折り方も複雑、組み合わせかたもコツがいるようで、なかなか上手く組みあげるのに必死。


ほら、素敵な8角形の組箱の出来上がり。折り紙の組み合わせで表情も様々。

そして、最後!折鶴の箸袋です。お正月のおもてなしにぴったりな作品。
コレを一枚の折り紙から切れ目も入れずに折りあげるのですが、折り方の説明書を見ても行程が、おば様達には全く理解できない。
山折り、谷折りぐらいはわかる!でも何を言わんとしている矢印なのか?図なのか?先生の説明なしには途中で挫折してしまう。
何度も教えてもらいながら、やっと出来た作品。出来た時には、我ながらの達成感に喜びいっぱいなったわ。
講習会場でも3回折って、また帰宅してから復習数回、今までに講習会にいっても復習することなんて全くなかったけれど、今回ばかりは習得したくて努力した。
お陰で、工程表を見なくても折れるまでになったわ。お正月には素敵な折り紙の箸袋で、おせち料理に華を添えたいと思う。

Origamiは既に世界共通語であり、折り紙という日本の伝統合芸技術は今や産業的に広く応用され、その取り組みが世界に広まっているという。
宇宙開発やファッション、人工血管に至るまでと、その展開に驚かされる。
例えば、人工衛星では太陽電池パネルの折りたたみに使われた「ミウラ折り」というのが有名。缶酎ハイのアルミ缶の表面に施されたダイヤカット缶は身近なミウラ折の技術らしいです。ファッション界では三宅一生とのコラボによる折りたたみドレスがデザインされたり。医療分野においても「まなこ折」を応用した人工血管、建築現場でも様々な折り紙の技術が応用され私たちの生活に深く関わっていることなど、合わせて今回の講習会で学びました。

折り紙という日本の伝統工芸、ただ美しいだけではなかったんですね。

折り紙に使われている、和模様の美しさも再発見。

折り紙先生、一日ありがとうございました。

楽しかった!!!

2019 11月 20日

暴風

先日雪が降ってそこそこ積もったまではよかったのですが、この2日間暴風で荒れています。
とにかく風が強くって、まるで台風並みな感じ。

冷たさが一気に高まり、刺す痛さを感じます。

そんな中、我が家の牧場の看板がとうとう倒伏

建ててからおよそ20年、そろそろかなり痛みが進んできていて、みすぼらしい状態だった。
新牛舎が出来る頃には、看板を下ろそうと思っていたけれど、一年早く自然の力で撤去されてしまうことに。
丁度良かったかもしれないと思った。
本当に何もかも20年と言う歳月は節目になるんだと、つくづく最近思う。
そして、年末にかけてホントものが壊れてくれる。
住宅のストーブも2台お取替え。牛舎もあっちもこっちも、痛み修理ばっかり。
スラリーポンプも壊れ、修理代に目が飛び出た。
とは言え、ひとがまだ健康でいられるのはありがたいことと思うわ。

 

 

 

2019 11月 16日

冬到来

雪はちらつくことは月初めからあったものの、とうとう14日夜から雪降り始め積もりだしてしまった。


雪が降って当たり前の季節だけれど、一日も遅い方が嬉しい。

今日もまだ雪が舞い降りています。
除雪するほどの積雪ではありませんが、日中も氷点下の気温。一気に真冬。唯々寒いだけです。

来年4月まで北海道の長い冬が始まります。
長い冬・・・・何をして過ごそう?なんてウキウキする気持ちさえないわ。
どんなに忙しくても、やはり雪がなく暖かいとう言うだけで、やる気でるものです。特に歳を重ねると寒さが、何もかも邪魔をすると言った感じですね(笑)


せめて、何もないけれど、ウキウキ感を高めるのに事務所前にクリスマスツリーを早速飾りました。
今年もあとひと月半。カレンダーのスケジュールは日に日に行事や会議等で埋め尽くされています。
新しい手帳(10月始まり)も買い、私の中では新しい一年が始まった気持ちになっています。

しかしながら、先月から物は壊れる、牛はトラブル続き、その他諸々とちょっと牧場内、暗雲が立ち込め始めている感じ。。。。
負の連鎖、早く断ち切らないと、気持ち良くお正月迎えられないです。

雪で白紙(リセット)にならないかしら?なんて、呑気に雪を眺める私でした!

2019 11月 09日

1歳

動物の1年の成長は大人になるぐらい早いけれど、ひとはじっくりと成長するいきもの。
昨年12月に生まれた4人目になる孫。
1カ月ほど早いけれど、我が家に長男一家が帰省してきたので、次男一家と共にみんなで1歳の誕生をお祝いした。

小さな歯が数本、食べることが大好き。独り立ちして数歩歩けるまでに成長していた。
つい2か月前に会った時から比べると、随分と食欲も増して、食べられる範囲が広がっていた。身体はもう、ぷにゅぷにゅで温かくって、抱っこするだけで幸せな気持ちになれる。


さぁ~、今回も将来の職業を占って見ました。
牛のぬいぐるみ(牛飼い)、鉛筆(学者)、お金(金融機関)、泡だて器(パティシエ)、糸(裁縫) 泡だて器と糸はお母さんの得意分野。

次男の子供の時もそうでしたが、並べてある品物の前で迷うことがないんです。
一升餅のリュックを背負いスタート!
毎回不思議に思うのですが、1歳の子に何も教えるわけでもなく、目の前に並べてある品物ところへ迷わずまっすぐ進んで、ひとつの品物を手にするということが、本能的に出来ると言う事はホント不思議です。見ているとスタートした時から視線の先は決まっていて、迷わず手にしたのが泡立て器! お母さんの得意分野の嬉しい選択だったね。
将来は美味しいケーキを作ってくれるかも♪ 大いに期待したいところです。因みに可愛い牛のぬいぐるみには見向きもしなかったという事実(笑)
何だか、来月の本当の誕生日には、父親がDIYでキッチンを作ってあげるそう。


4人お揃いのトップスを着て、年齢も4歳、3歳、2歳、1歳という並び、考えてみると、じぃーじ、ばぁーばは毎年4年連続でなにかと、出費がかさむ???ってことですね(笑)
でも、孫への出費は純粋に嬉しくほほえましい気持ちになれるものです。


お正月以外に記念撮影出来るなんてほんと幸せなこと。
日々の孫の成長と私たちの老いの記念です。

一歳まで育てる両親の苦労。本人は今はわからないのは当然だけれど、将来、父母になった時初めて気づくことになれば、それだけで充分よね。この連鎖が幸せな家庭を紡いでいくことになるはず。

2019 10月 22日

即位礼正殿の儀

歴史的行事、令和の天皇即位の儀。
朝から皇居近くで車の炎上事故があったりと騒がしい一日の始まりとなりましたが、粛々と儀式は執り行われたそうですね。
東京は生憎の悪天候の雨。パレード延期して正解でした。
晴天に越したことはないけれど、雨もまた縁起の良いお天気として言い伝えられていることが多いものです。

令和天皇は私たちと年齢が近いことから、とても親しみを感じます。
どんな令和の時代になることでしょう?すべては国民ひとりひとりの気持ちの持ちようが、新しい令和の時代を築いていく要になるのは間違いないです。
諸外国から日本の文化を愛してやまない人たちがたくさんいることに、日本国民が改めて誇りをもって次世代に受け継いでいくことが、大切なのかもしれませんね。


オホーツクは、とっても穏やかな晩秋を迎えています。
牧場の裏山は紅葉が盛りを少し過ぎ、日に日に茶色が色濃くなり始めています。

相次ぐ台風の被害に、心痛みます。
それに比べ、オホーツクは本当に災害の極めて低い地域と言えます。
決して便利とは言えないけれど、充分です。
収穫の秋の北海道後はビートの収穫を残すぐらいでしょうか?

紅葉も野菜も秋の花も、秋色があたたかい。