酪農

2020 3月 27日

さくら咲く

今日は「桜の日」だそうです。

1992年(比較的最近ね)に日本さくらの会が、さくらと咲くを「3(さ)×9(く)」と語呂合わせで3×9=27で
3月27日を桜の日と制定したそうです。

コロナウィルス感染者が急増している東京は、今が桜の見ごろを迎えているそうですが、
外出自粛の中、お花見も出来ずに残念な春です。

北海道はネコヤナギが満開と言ったところでしょうか。
銀色の産毛の中から、小さな雄花の花粉で黄色くなり始めています。

北海道で桜が開花するのは4月下旬~5月上旬頃、でも今年は少し早まりそうですね。
今日の日中は10℃にもなり、暖かさが肩こりを和らげてくれます。

 

我が家でも桜が咲いた気分になれる明るい話題が。

たむら牧場、過去最高の乳検成績を頂いた。
学校で言うなら、令和元年年度末の成績表をもらった気分。

年度末3月の乳検成績表が届いた。

年間牛群成績が12000kgを超えていた!
たむら牧場にとってはまさに「さくら咲く」です。


こんな成績、我が家では叶えられない夢の成績だと思っていた。ほんの一握りの優秀な酪農家の成績だと
ずーっと夢にも見なかった成績だった。


何といっても初産成績が2年前と比べると2000kg近くアップ。
うちの初産って、本当は能力持ってたんだぁ~と哺育育成を担当している自分にとっては、どこの成績の部分よりも嬉しい数値。

フリーストール飼養、1日2回搾乳、給餌は搾乳牛ワンメニューの一日1回のみ。

私が就農した30数年前は牛群成績は4000~5000kgだっと記憶している。

 

エサと繁殖のコンサルの開業獣医師さんをお願いして丁度2年。
2年前は10000㎏を行ったり来たりするごく北海道の平均的な成績だった。

この2年で激変。
当初は雨当たりばかりの牧草サイレージの年で、こんなひどい数値のサイレージは経験したことがないと言われ、
このバンカーサイロのサイレージは捨てましょう!と言われたり、デントコーンも台風で全面積倒伏という年で、先生にとっても波乱なスタートだった。

こんな最悪の中でも、最善策を模索してくれながらも、先生が立ててくれた最初の目標は11000kgだった。
この目標に向かって頑張りましょう!と。ちょっと無理じゃない?と言う気もあったけれど、一年後にはこの目標も達成された。
月2回の検診での妊娠鑑定では一喜一憂。 妊娠数により次年度の分娩頭数が決まり、出荷乳量がおよそ目星が付くのですから経営の一番目安になる部分なのです。

そんなこんなで毎日緊張しながら、さらなる高みを目指す目標に向かってやってきた成果が実った年になった。
たむら牧場としてあと一年を残すのみ。
色々な面において、悔いの残らない最終年を進みたい。

 

 

 

 

 

 

2020 3月 13日

牛の飲み水細目協定

昨日送られてきたカーフジャケットの主旨がわかりました。

今日、目にしたホクレンの広報誌にこんな写真と共に記事が記載されてました。

何も知らずに応募していた自分が恥ずかしくなりました。

この「牛の飲み水細目協定」とは、
2年前の胆振東部地震のブラックアウト発生時に大きな課題となった「牛の飲み水」の供給を、コカ・コーラ社が災害時に供給するという事をホクレンと今年1月23日に締結したとのことでした。停電になってしまうと搾乳は発電機で何とか賄えるにしても、牛の飲み水は大量であり本当に途方に暮れる事態です。
コカ・コーラ社が酪農の事を考えてくれているなんて、なんて嬉しいことなんでしょう。

そして昨年2月にこの二社で締結した「北海道酪農応援事業」推進協定に基づいて、現在全道に展開している「MOOMOO自販機」の売り上げの一部から今回のカーフジャケットを作成し、抽選で道内90戸の酪農家に2枚ずつ配布になったそう。


その2枚が我が家に届いたんですね。
そんな深い意味を持つ酪農家への企業支援だったなんて・・・・
本当に嬉しい限りです。

無知だった自分を恥じ、支援企業に感謝です。

 

今、新型コロナウィルスの影響で学校給食用の牛乳の行き場がなくなるという事態になってしまい、今 酪農家上げての消費拡大を呼びかけています。
一時、健康にヨーグルト不要なんていうことが囁かれていたりしていたけれど、でもね、コロナ感染拡大でまた免疫力アップにヨーグルトが見直され始めているのは嬉しいですね。健康に何か一つという食品選択はないのです。すべてバランスが一番のカギ。

乳製品は健康の一部を補う大切な食品だと私は思います。

 

 

 

2020 3月 12日

カーフジャケット

今日、送り主がコカ・コーラからのカーフジャケットが私宛に送られてきた。

私は「?・?・?」

何故にコカ・コーラ社からカーフジャケット?

不思議すぎ~

中を開けたら


ミルクランド北海道とコカ・コーラ社のロゴ入り
コラボ商品らしい、オリジナルカーフジャケットが2枚も!

しかもめっちゃ暖かそう♪♡
まるでひつじをまとっかかのようなモコモコの裏地のうえ、しかも分厚い。
今まで色々なカーフジャケットを使用してきたけれど、これは最強防寒仕様のカーフジャケットです。

でもです。

私には、これをもらう事に 全く心当たりがありません。

 

しばらく、老化の一途をたどるオツムを必死に記憶を辿ってみた。

包みのなかには、何のメッセージもなくただカーフジャケットが入っていただけ。

きっと、何かの懸賞に私が応募したに違いない。
だとすれば、何の??? いつ???

全く記憶にないけれど・・・ミルクランド北海道のロゴがあることから、きっとホクレン関係の広報誌か指定団体情報紙に載っていた懸賞だったのかも知れない。コカ・コーラ社は缶コーヒーなどに脱粉などの乳製品を使用していることからでしょう。あまりにも軽い気持ちで応募したので、記憶に残っていなかったのかもしれません。

企画者の方に本当に失礼な話です。ごめんなさい。

 

でもでも、思いがけないプレゼント 嬉し過ぎます。
もう、この冬は出番はなさそうですが、来冬はとても重宝すること間違いなしです。
私もこれを羽織りたいぐらい(笑)

ありがとうございました。

 

2020 2月 15日

仔牛運搬バケット

ある日突然、何やら大きな鉄製の箱が届いた。

しゃちょーが何を思ったのか?鉄工所に仔牛を運搬する箱の製作をいつの間にか頼んでいたらしい。

何で???今更???と首をかしげる私。

カーフハッチから育成舎への移動は、哺乳瓶でミルクを飲ませながら移動するのが、私の常。
未だかつて、しゃちょーにその作業を頼んだことは無い。
でもね、時々、ミルクよりも外に出た!という解放感が先に立つ仔牛は、哺乳瓶には目も向けず好き放題にどこへでも、
おだち走り回り、捕獲に難儀することもあり、その時はしゃちょーに応援を頼むのですが。。。。

どうも、それが嫌ならしい(笑)
という事で、しゃちょー自身がこんなことで絶対に呼ばれないように、絶対に仔牛が逃げずに移動できるものをと考えたらしい。

当然、私に相談すれば、「そんなもの、要らない!」って却下されるのは重々承知の上だから、相談なしに現物が届いたわけ。

せっかく、あるのだから使ってみた。


ショベルで運べるようにローダーに専用アタッチメント付きの箱。
仔牛が一度に4頭程運べる大きさ。

今回はペアハッチに3頭離乳した仔牛が入っていたので、今日は3頭の移動。
ハッチの前に箱を横付け、箱の扉は観音開きになっているので、ハッチと箱の隙間から仔牛が逃げることなく収納。

ちょっと大きいと飛び越えてしまいそうな感じもするけれど、なかなかの乗り心地のようでおとなしく移動。

さぁ~僅か100m程の移動で育成舎到着
今夜から新しい場所(育成舎)での生活が始まります。

カーフハッチから一頭づつ3往復する手間もなく、楽ちん♪

 

やっぱり、道具だわね~

 

 

2020 2月 09日

お知らせ

来年春稼働予定をしている「株式会社えみんぐ」のウェブサイトを公開しました。

ブログの右側、カレンダーの下にリンクのコーナーに貼ってあります。

次男が作成・運営するホームページです、まだまだ作成途中なのですが、覗いてみて下さい。
これから稼働するまでの様子が春から随時更新されるかと思います。

このブログ共々、宜しくお願いします。