酪農

2011 9月 15日

ロボット牛舎見学

今日は今月初めに稼働したばかりのすぐお隣のI牧場へ、スタッフSちゃんと見学させてもらいに行って来た。
100頭ほど入れ替えしながら繋ぎ牛舎で搾乳していた牧場。
今月初め この地域では初めての搾乳ロボットを導入したフリーストール牛舎を新築。

搾乳ロボット2台を導入 最大頭数120頭まで搾乳出来るんだとか

現在は一台のみ稼働させて初産牛を主体に45頭ぐらいをロボットで搾乳しているそう。
まだ稼働してから日にちが経っていないのもあって、まだ 全部が順調に搾乳されているわけではないそうだが、見学しに行った時は実にスムーズに牛が入ってきて搾乳されているのが見る事が出来、「ほっほぉ〜 搾乳ロボットも進化したものだ!」と関心して見入ってしまった。

搾乳もロボットならエサ寄せもロボット!
まるで自動でお掃除してくれる掃除機「ルンバ」みたい!
これがまた綺麗にエサ寄せくれるのよ、凄いわ〜 
牛舎の牛の通路も自動スクレッパーだし 繁殖管理は牛に万歩計付いているしで、オール自動牛舎って感じです。
牛の個体管理のほとんどがコンピューター相手。
酪農も随分と様変わりしたものですね。
一日中 牛・うし・ウシ・・・と振り回されない 機械がしてくれることは任せて酪農を楽しみながら、人が老いても続けられる酪農スタイルも必要かもしれないと思った。
あ〜ぁ〜 エサ寄せロボットは魅力だったなぁ〜

2011 9月 14日

中秋の名月

12日は中秋の名月だった。
よく晴れた夜空には名月にふさわしい月夜だったのに・・・写真撮らなかった・・・

夜の搾乳後 牛舎の屋根越しに見える月がちょっとぼんやり綺麗だった(ピンぼけのせいだったりして・・・)

9月に入り、夜明けが遅くなり、夕暮れが早くなり 夜がすっかり長くなってしまった。
秋の夜長を楽しむ・・・って 我が家はないな・・・
一年を通して朝も夜も作業時間に変化がないもの。決して夜の生活時間が長くなったりはしない。
搾乳後の腹ごしらえをしている牛達・・・
牛舎の消灯は午後9時・・・
この時間帯の暗闇から見る牛舎の光景が意外と好き
あ〜今日も1日終わったなぁ〜とホッとする

牛達も「やれやれ・・・今日のお勤めも終わったわ・・・」って思っていそう
夜の気温もグッと下がって 快眠出来るね・・・
おやすみ〜

2011 9月 13日

歯科検診

何気に牛の反芻を見ていたら・・・
偶然、見ていた牛に思わず目が点になった。
思わず今日は歯科検診がしたくなった。
たむらデンタルクリニック福医院長が直々に診察
患者その1

牛は歯をむき出して特に笑ったりしませんが、反芻しているときにチラリと見える前歯の歯並びが美しいと健康そうに見えます。人も歯並びが美しいと笑顔もステキに見え、知性豊かに見えるものです。
ちなみに牛の前歯に限っては上あごには歯がなく、下あごのみにあるんです。
この患者は実に綺麗な歯並び!お口の周りも実にキレイ。 全く問題なし!
患者その2

コレはちょっと前歯の数が少ない!です。抜け落ちて 後から申し訳け程度の小さい歯が生えているのみ・・・
ヨダレがこぼれやすそううたたねする時には要注意です。
これはちょっと部分入れ歯が必要かもしれません(笑)
患者その3

う・・・わっ! コレはひどい。
歯が少ないうえに歯並び最悪!お口の周りも汚いし。 これはかなり矯正が必要かと・・・お金がかかるわよ〜(笑)
若い牛なのに歯並びがこうも悪いと不健康、不衛生、知性に欠けて見えます。
後で矯正歯科医院への紹介状を書いておくのでそちらで受診治療する様に!
と・・・言う事で 牛の歯並びも実に千差万別。
あまり牛のことは言えない歯並びの自分・・・最後の画像の牛に近いかも美しい歯に憧れます。(デンタルクリニック福院長なのにそれはないでしょね〜)

2011 9月 07日

換気の力

昨年11月、フリーストール牛舎のオープンリッジに張ってあったバードネットを永井氏の指摘により撤去した。(昨年11月28日の日記をご覧下さい)
さほど・・・代わり映えしていないように思えていた・・・
しかし この季節になってその効果を実感!
毎年毎年、8月のお盆を過ぎた頃から約2ヶ月間もの間、牛群に奇妙な光景が必ず現れていた。

牛舎の片隅に日中のみ(夜間は問題なく牛舎全体に牛が過ごしていた)、ギュウギュウ詰めなりながら 牛が偏って過ごしていた。
どんなにベットが空いていようが、フレッシュなエサを与えても、晴れの日も雨の日も天候に左右される事無く、牛舎の半分から手前には全く牛がいないという、本当に妙な現象が起こっていたのです。
狭い場所にほとんど立ちづくめ・・・ 蹄病は増えるし・・・かため食いにはなるしで、良い事は何も無く頭を抱えていた。
誰に相談しても 良い結果には繋がらなかった。
そんなこんなで10年以上もずーっと悩んでいた。
今年もそろそろその季節が来るな〜と思っていた。
しかし・・・9月に入ってもそんな傾向もなく・・・驚いた!
去年と違っているのは このオープンリッジのネットがない事だけ!
あのネットがこんな妙な牛の行動を起こす原因になっていたんだと・・・今更ながらに換気の重要性を身にしみて感じた。
扇風機は全開で回っていても扉はどこも開放していても それだけでは足りない空気の流れが牛にはしっかり感じていたことになる。
牛って・・・繊細なんだと痛感
永井氏の指摘がなかったら・・・ネットの撤去までには至らなくて今年もまた「なんでだろ〜?」って最悪の2ヶ月間を過ぎるのをただただ待つばかりだったに違いない。
感謝の気持ちでいっぱいです。
今年はストレスの激減した牛に期待できるかなぁ〜

2011 9月 02日

手作りチーズ

先日の視察の時、訪問された酪農家の奥さんのひとりから手作りのチーズを頂いた。

モッツアレラを昆布、椎茸、カツオ入りの醤油につけて2週間ほど干したチーズらしいのですが、これが とーっても美味しいの。
こんな和風のチーズは初めて チーズに醤油が合うんですね〜
他にもゴーダ、3ヶ月ものと6ヶ月もの・・・これも美味しかったぁ
自分ではなかなか作れないから こうやって手作りされる酪農家さんを尊敬してしまう。
自分で作ったオリジナルチーズ最高ですよね。
でも 私はもっぱら食べる側派!
手作りの頂き物は最高に嬉しいです!
本当にご馳走様でした。 幸せな気分いっぱい。