観光スポット

2014 10月 10日

小春日和の小旅行

60代の友人2名と一緒に清里・斜里方面へ一泊の気の向くままに出かけた。
お天気が良く、風もなくとても温かな二日間。

私が勝手に名付けた「おばちゃんず」の会 ほかの二人は「おばちゃんず」なーんて名前がついていることも知らないはず 笑
まさにマシンガントークのごとく終始おしゃべりが尽きない。

行き先が決まっているのは 宿泊先とチェックインの時間だけ。
後は全くのフリー

とりあえず 目的地のホテルまで「道の駅」巡りからスタート
そこそこの物産を物色しながらお買い物。目につくのは食べるものばかり 笑

途中 覆面に追い越され ドッキリ! でも私じゃなかった♪ ほっ。
お昼網走で昼食 友人お勧めのおそば屋さん。ゴボウ天蕎麦を頂く。
その後、コーヒー大好きな友人のためにチョイスした「はぜや珈琲」でお茶タイム。

その後も道の駅巡りが続き なにやら「わさびコロッケ」というのぼりに惹かれ
店内に入り味見のため一個づつ購入。 友人のひとり、会計を済ませる前から、パクリと食べ始める始末。
もう!テレビじゃないんだから!おばちゃん!そんなことやめてぇ~と大笑いする。
山わさびがきいていて美味しかったぁ。

ナビが古いせいもあって電話検索しても 地図検索してもぴったり目的地にたどり着けず、タイヤショベルに乗っていた農家のお兄さんに聞いて 無事 ホテルに到着。そうです、周りは果てしなく広がる畑の真ん中にあったのです。
ホテル清さと
「ホテル清さと」
友人のお勧めのところ。駐車場に車を止めるなり中からお迎えのスタッフが出てきてくれ、荷物を持ってくれる。露天風呂付きのお部屋ではないところを予約していたのにも関わらず、お部屋が空いているのでと、高いお部屋を案内してくれた。なんとラッキーなんでしょ♪
ここはフランス料理のオーベルジュ。
地元の食材をふんだんに使ってとのことで、フレンチならではのソースの味に期待が高まります。
ホテル清さと2
前菜、秋の雰囲気いっぱいのお皿に盛りつけられた魚介類のカルパッチョ
梅酢味噌ソース添え

ホテル清さと4ホテル清さと3.
秋刀魚をジャガイモの極細麺でくるんだ揚げ物 トマトソース添え
もうパリッパリッです。
他にもいろいろ♪
非日常的なお料理の数々、普段食べている食材がこんな風に料理されたり、組み合わせられたり、盛りつけられたりと・・・

終始 「へぇ~」と「ほぉ~」とかしか出てこない私たちなのです。
始めて出会う野菜食材も多く 大満足。

翌朝は早朝より「清里焼酎蒸留所」を見学
朝、8時半から無料でしかも工場も少人数でもいつでも懇切丁寧に案内してくれる。

清里焼酎蒸留所 清里焼酎蒸留所2
ここは町が運営している蒸留所。
地元のジャガイモを使って焼酎を蒸留している。
私は焼酎は飲まないので知らない事ばかり。蒸留された原酒をホワイトオークの樽で熟成させることで 黄色く色づき樽の香りも移ってウィスキーのような香り高いじゃがいも焼酎になるようです。
友人達ふたりは早速しっかりと試飲!
普通の無色透明な焼酎25度 樽熟成した黄色い焼酎25度 原酒44度樽2年熟成、原酒44度樽5年熟成の4種を試飲。 原酒44度樽5年熟成はまさにブランデーのみたいとにっこり顔。

朝からほろ酔い気分の二人を乗せて 次は「斜里窯」へ

日本最東北端の登り窯。 この地で窯を開いて30年。父と長男、親子2代で窯の火守っている。
斜里釜
その陶器は寒さの厳しい土地柄がよく現れ、厚みがあり素朴でどこか温かい。
是非一度 この目で見てみたかった。
小さな薄暗い展示室には大小様々な器が私たちを待っていたかのように 土の光を放っていた。
心引かれた陶器を各、手に取り新しい家族として購入。
展示室の隣には次男さんが4年程前からオープンしている「カフェ こひきや」がある。
以前はここが轆轤(ろくろ)を回していた工房だったそうです。

斜里釜2

オリジナルの陶器のドリップで落としてくれるコーヒーはとても美味しい。
陶芸家ならではオリジナルのピザ窯も店内にあって、ピザも美味しい♪
次男さんは一度 飲食関係の仕事についていたそうですが戻ってきてこのカフェを開き、
自分たちで焼いた陶器で 美味しいコーヒーやスィーツをより一層味わって欲しいと考えたそうです。

私たちが店を出る頃 他のお客さん達も一足早くいなくなったのもあって、私たちを窯に案内してくれいろいろと説明、お話を聞かせてくれた。思わぬご厚意に私たち大喜び。

斜里からの帰宅は遠い。

途中、ほがじゃ工場へも立ち寄り ほがじゃや福岡物産の試食も堪能しつつお土産もたくさん買って
夕方5時過ぎ無事帰宅。

大人のちょっとイイ贅沢楽しみました。

 

 

2014 6月 11日

上質な贅沢

一凜10
先週末の土日、3年越しの「泡茶会」を美瑛で開催
不思議な「縁(えにし)」から繋がった4人
縁を紬いで8年目を迎えた。途中各々の事情から開催が中断してしまっていたけれど、今年やっと3年越しに再会。3年分贅沢をしようね!と企画。

贅沢・・・豪華絢爛な贅沢ではない。
「上質な」・・・という言葉が合う様なそんな大人の贅沢さを求めて。

人と接することが非常に多いメンバー 各々の様々な経験と体験・知識から生まれてくる感性が、上質な贅沢を味わう楽しみに深みを与えてくれる。

3年のブランクがまるでなかったように会話が淀む事なく流れる。。。

美瑛でのお宿

一凜 一凜2
「お宿 一凜」さん
30代後半~40代ぐらいでしょうか?ご夫婦おふたりで営んでいる、わずかに3室、8名までの畑の真ん中に佇む小さなお宿です。

一凜5
玄関を開けると落ち着きのある柔らかな笑顔の奥様が迎入れてくれる。
素敵な茶碗に煎茶と美瑛の茶菓子を振る舞ってくれた。

一凜4
囲炉裏の和室に、なすびの鉄瓶が素敵。

一凜3
お部屋の名前も「縁」・「紬」・「和」の3部屋
私達の他に本州からのご家族が宿泊されていた。

夕食は「蝦夷会席料理」を頂く

泡茶会ですものもちろん乾杯は泡茶(ビール)から♪
一凜7

一凜8

どのお料理も季節の食材を中心に丁寧に一品一品造られ、味も唸ってしまうほど上品で美味しい。加え、食器の拘りが素晴らしい。

一凜9 一凜6
ワインクーラーも漆器です!

宿主の秋友さん
3時間程掛けて夕食を堪能させてくれる。
何品の料理だったのだろうと思うほど。

友人達と一品づつ味わいながら、美味しく楽しい時がゆるりと流れる。
職種は様々、この泡茶会でしか会わないのに何故か癒やされるメンバー
気兼ねなく本音で語り合える だから笑いも涙も溢れてしまう。

お部屋に戻って、持ち込みワインで2次会(どんだけ飲む気?)
メッセージ
なんと、お宿に私達へお届けものが!

お友達からお預かりしていますと・・・
びっくり!
美瑛に住むKちゃんからだった。
おつまみやお菓子やら沢山の差し入れ。
メンバー皆、彼女のお心遣いに感激してしまう。
胸が熱くなった。 ありがとうね、Kちゃん。

こんなサプライズ・・・幸せ過ぎる。。。

翌朝、お腹も心も時間の贅沢さもいっぱいにしてくれる、そんな一凜さんを後にした。

 

青い池を見て、ちょっと代わった主のいる「新星館」へ美術鑑賞

新星館

新星館2
ここは 大阪のおっちゃんが新潟から農家の民家を丸ごと移築しての私設美術館。画家の須田剋太、陶芸家の島田達三の作品が展示されている。
新星館4
館内をガイドしてくれる口調は正に大阪魂そのもの。
人生もお金も並外れている 笑
そんなこんなに驚く私達に笑顔が絶えない。

おちゃんの話に人の縁の面白さを改めて知る。やはり人生を変えるのも人の縁!

インパクト有り過ぎのおっちゃんの出会いに メンバー盛り上がった。

最後は森の隠れ家へ~

イルコーヴォ イルコーヴォ2

メンバーのお知り合いの「イルコーヴォ」さんへ
イルコーヴォとは「森の隠れ家」っていう意味なんだそう。

本当に道に迷い迷いたどり着いた、林の中に隠れる様に・・・佇むピッツェリア。
お店の窓に小さなお客さんも時々訪れるそう
エゾリス♪ 生憎 今日は 来なかったようで残念。
イルコーヴォ3

僅かに10席、予約無しには入れません。ピザ生地が無くなり次第終了なんですって。
美瑛産の小麦で焼いたピザ生地はもっちり。
今が旬のアスパラとアスパラのソースのピザ。 初めての味です♪

このほかに 蕎麦屋「蓬」・大雪森のガーデン・美瑛印象派美術館・土井酒店などこの1泊2日間で巡った。

また来年5月の開催を約束して各々3時間近くを帰路のために費やし別れた。

贅沢を楽しむ・・・ そんな歳になった自分とそれを一緒に楽しめる友がいることが何よりの贅沢かもしれない。

 

この時間を糧にまた頑張って働こう。

 

2014 5月 19日

大雪森のガーデンレストラン

お天気が崩れた16日、帯広の実家の母と妹が遊びに来た。
毎年この時期、野菜や花の苗を持ってきてくれる。
母の日に何もしていなかったので、二人を連れて上川町の大雪森のガーデンにある三國レストラン「フラッテロ ディ ミクニ」で食事をすることに。
4月末から森のガーデンも開園。丁度この日までは無料開放だった。

大雪森のガーデン

しかし、生憎の雪になりそうな冷たい雨。
流石にこんな日に庭を見に来ているのは私達だけ。貸し切り(笑
それでも傘をさしながら見て歩いた。桜もコブシもまだ綺麗に見られるほどだった。さすがに山ですね~。ちょっと得した気分です。

昨年夏に一部プレオープンしていた時に一度見に来た事があるけれど、この春グランドオープン。でもまだまだ整備中、苗も植え込みが終わったばかりで見頃はやはり夏ですね。 それでも林の中にあるガーデンは他とは違った心地よさが満喫できます。

庭は私達だけだったけれど、レストランでは食事しに来ている人で全体の半席ほど埋まっていた。

先日のフレンチレストランでの悶々とした思いを払拭するため、楽しみに席に付いた。

今日は妹がドライバーだったのもあって、私と母はシャンパンから♪
イイね~ 昼間に飲むブリュット スゴク贅沢な気分です。

桜色のグリッシーニが付いてきて グリッシーニに季節感があるなんて~♪とほんのり桜の味を味わう。

三國レストラン

コレ 滝上町の月村さんのフロマージュを使った一品
フロマージュの中にミニトマト、上にはトマトのムース  オシャレです。

三國レストラン2

滝川産の鴨肉の包み揚げ ジャガイモとバジルソース
文句なく美味しい♪

三國レストラン3

生桜エビとタケノコのオイル仕立てのパスタ 山わさびが掛かっているの
ほぉ~♪ コレも美味しいんですけどぉ~

三國レストラン6

ホワイト・グリーンアスパラ2種のチーズリゾット
過去に食べたリゾットの中で一番美味しかった!

三國レストラン4
黒豚のロースト このバルサミコ酢がスゴイ

三國レストラン5

デザート♪
左、月村さんのクリームチーズの桜ジュレのムース
右、マカダミアナッツのアイス

コレにコーヒーと更に小菓子(一口サイズのラスクとガトーショコラ)
が付いてフィニッシュ!

もう満足過ぎます。

シャンパンを別料金で飲んでも あの人参グリルレストランよりお安いこのコース

何よりもホールスタッフがとても素敵なんです。
料理の説明もちょっとした会話も温かい。
帰りの会計時も 私達が最後の方の客だったのもあって手が空いていたのか、ホールスタッフ達が3名程集まって来て私達のちょっとした立ち話しに加わってくれたうえに、見送ってくれた。

料理も素敵で美味しく、スタッフも温かく紳士でしかもフレンドリー・・・
あ~ 毎日通いたい(笑)って思うほど素敵なレストラン。

 

シンデレラが12時を回った時に現実に戻ってしまうように、、、
自宅に帰ってからの日々の食事の現実は厳しいなぁ~ 笑

2014 1月 15日

トリックアート

10日間ほど冷え込んだ日々が続いていたけれど、今日は冷え込みも小休止かと思われるほど、ちょっと暖かな一日となった。

今日は女性部の行事が予定されていたけれど急きょ延期になり、予定が思いもよらず空いてしまった。
うひょっ。チャンス到来♪

北見まで美術展を見に行く事にした。

北見文化センターで今開催中の
「トリックアートの世界」

トリックアート美術展

富良野に「トリックアート美術館」があるけれど、一度も足を運んだ事が無い。
そんなこともあって一度見てみたかった。
会場内はカメラ・ビデオ撮影は自由とのことでさらにワクワクしてしまう。
「トリックアート」とは(株)エス・デーが所有する登録商標だそうです。
従来の絵画鑑賞の概念を覆す、見るだけではなく、触っても写真を撮っても良いという体験・参加型のアート。視覚の錯覚、立体トリックなど多分野に渡るトリックの要素を取り入れた作品は美術と透視学・設計学・幾何学・心理学などの融合芸術とされている。

中に入って見ましょう。

トリックアート8
なにやら・・・額縁から飛び出しているかのように見えます。
しかし、これらの絵は全て額縁が壁に飾られているのではなくて、平面な壁に書かれた絵なんです。

トリックアート4

トリックアート5トリックアート6これは参加型のコーナー
左は壁に書かれた絵の前に立つと・・・今にも少女の服をキリンが引っ張りそうです。
右は絵に手を当てるだけで、部屋に入ってきた象を阻止しているかのように見えますね。

トリックアート7
コレは部屋の隅を利用して書かれた絵
丁度ワイングラスの中央が部屋の隅になります。この位置にしゃがみ込んで座わって写すと
ワイングラスの中に閉じ込められた感じ写るんです。(一番上の看板写真です)

トリックアート9
コレも上の写真と同じ技法で書かれた絵
口の真ん中が部屋の角隅になります。ココに座ると、今にもゴリラに食べられてしまう風になるんですね。

他にも壁の中を覗いてみたり 小さな部屋に入ってみると小さい人が大きい人より大きく見えたりと目の錯覚を体験出来るコーナーも沢山。

このトリックアートを楽しむためには一人で行ってもつまらないです。
複数で行って、絵の中に入って写される人がいて、はじめてトリックアートの楽しさが味わえます。是非、ひとりでは行かずに誘い合って楽しんで見て下さい。

この会場で撮ったユニークなトリックアートの写真のフォトコンテストの募集も行われています。最優秀賞には1万円のギフトカードが当たるそうですよ。
工夫を凝らしたユニークな写真撮ってみてはいかがでしょ?

私も、こんなことなら・・・ひとりで行くんじゃなかったと後悔です。

 

2013 10月 27日

旭川高専祭2013

高専祭

末息子も来春卒業となり、いよいよ今年が最後の高専祭
昨日、しゃちょーとふたりで学校祭に足を運んだ。

高専祭2 高専祭3

校内の至る所に貼られてある模擬店や展示コーナーのチラシ
このチラシを見るのも楽しいんです。

やはり最初の行き先は、息子のクラスの模擬店へ・・・

高専祭4 高専祭5

なにやらローソンのバクリロゴの唐揚げ屋さん「ローションステーション」
油で鶏肉を揚げることから ローソンをオイルローションとモジっているところなんか、実に高専生らしい!販売窓口の同級生の学生さん達、写真撮らせてね!って頼むと快くポーズ撮ってくれる。ありがと!
そのころ、息子はバックヤードで唐揚げ制作中だったらしい。
夏に我が家に遊びに来て酪農体験してくれた息子の友人にも会え、笑顔で接してくれ、嬉しかったぁ~。彼のFacebookのカバー写真やプロフィール写真は、その時撮った、彼が哺乳しているところの写真が使われているの。これってスゴク嬉しい。

 

次はここの高専祭に来ると必ず行く模擬店がある。

「ジャズカフェ」
模擬店の中で一番クオリティーが高いお店
ホールスタッフは全員ブラックスーツ、30分毎に生演奏を披露する学生さんも皆ブラックスーツ。
店内もオシャレ。

高専祭8

高専祭9高専祭10

本日限定の抹茶のミルクレープと珈琲を頂きながら2ステージを聴いた。

狭い教室でのマイク無しの生演奏。なかなか素晴らしいかった!

高専祭7
ふとメニュー表の「JAZZ CAFÉ」の文字の左側にあるロゴマークが気になった。
このロゴマークの意味が知りたくなり、スタッフの女の子に聞いてみた。
そうすると「・・・・・私には分からないので、部長に聞いてきます!」と・・・
すぐに部長さんがテーブルに来てくれ、礼儀正しく一礼をして「申し訳けありません。私にも代々使われているロゴなのでわかりません」とのことだった。
しばらくすると、再び部長さんがテーブルに来てくれた。
なんと 先輩に聞いてきました!と、そのロゴの意味を教えてくれた。
コレには正直驚いた。

ロゴ説明・・・このロゴを逆さにしてみるとJAZZの「J」の文字とのこと・・・ほほほぉ~なるほどね。
さらに逆さにしてみるとこの「J」の文字がコーヒーカップをイメージさせるようになっているとのこと。

ほぉ~素晴らしい!納得だわ。

なんて素晴らしいロゴマークなんでしょ!

ロゴもさることながら、このスタッフ学生の対応にも酷く感動しました。ありがとう♪
変な事を聞くオバサンでゴメンね。

次は強烈なメイドカフェ(汗

高専祭6
男子学生ばかり10名以上がメイドのコスプレ。
お店の客引きのために、賑やかに客引きをしている。
私・・・写真が撮りたくてお願いしたところ、
「中にもっと綺麗どころが沢山いますよ!是非、中へ~♪」と誘われちゃった(笑

それでも快く可愛いポーズをとってくれサービス満点♪ありがとう!なかなかカワイイよ!

 

唐揚げ、クレープ、ドーナッツなどなどどれもみんな手作り パスタもなんと250円で食べられるの。
種類が豊富で結構美味しくて、なんたって皆、威勢がいいのがイイね。

お店を廻っていても楽しくて、ついつい買ってあげてしまいたくなる。

 

過去にも3回ほど見に来たことがあったけれど、今年が一番、学生がはじけた感じで楽しいんでいる雰囲気が感じられる楽しい高専祭だった。
高専祭は今日まで!