観光スポット

2019 10月 29日

ご褒美旅行 御殿場編

翌朝(25日)の東京は激しい雨。
隣の千葉県は再びの豪雨で、広範囲に甚大なる被害のニュースが報道されていた。
そんな中、ご褒美旅行だなんて言って、遊びに出かけようとしている自分が心苦しかった。
雨の中、駅までタクシーでと思ったが、全く捕まらない。仕方なく雨の中バス停まで歩いて待っていた。
そこへ偶然、空車が信号で止まった。お陰ですぐに飛び乗ることが出来、意外とツイている私。
普段は地震、台風などの影響を受けやすい都心は住むところではないと思っている自分。しかし、遊びに来ているときは、そんなことは微塵も考えていない愚かな自分がいる(苦笑)
定刻、川崎駅からJRで御殿場駅に向かう。
御殿場に着くころには雨が止めばいいなぁ~なんて呑気に思いながら、ぼんやりと雫が流れる窓の奥の景色を眺めていた。
まだ紅葉の季節には程遠い山々が連なう。

9時半、御殿場到着。やはり、相変わらず雨強し。直ぐタクシーに乗り込み、とらや工房へ向かう。ドライバーさん、とても気さくな方で御殿場の面白い観光事情など話してくれたりして、何だか楽しげな旅の始まり。わずか10分程で到着。開店までまだ20分。雨の中待つしかない。

でもでも、工房までは散策路があって、雨の竹林散策も乙なもの。

大きな立派な山門をくぐって・・・


奥へ進んで行くと、東屋。ベンチもあり雨宿り。
東屋からは工房が見える。


週末ともなると、開店前はこの辺りから長い行列が出来るとのこと。さすがに今日は平日のドシャ降り。先客は私の前にひとりだけ。


庭に向かって湾曲した建物。何だか趣きがあります。工房の前庭には梅林


お店の入り口手前には職人さんが作業されている様子がガラス越しに見られる。栗きんとん、さらしに包んで作ってたわ、傍らでとらや工房限定のどら焼きも♪


店の入り口前に、店内でお茶する方は、まずは、ひらがなのサイコロをもって入店し、奥の飲食スペースのテーブルにサイコロを置いて席取りをしてから、お菓子の注文をするんです。
私は「ね」のサイコロを選んだ。今日まで念には念を入れて旅行計画を立てて来ましたからね(笑)



選んだお菓子はもちろん「どら焼き」白あんのものと、10月限定の栗の葉に包まれた「栗餅」
煎茶はお替り自由。どら焼き、普段 柔らかいふかふかの生地のどら焼きを食べているので、実にキメが細かいしっかりとした固めのどら焼きの皮が新鮮に思えた。
表面の焼き印の香ばしさが後を引きます。 栗餅、栗丸ごと一個を餡で包み、半づきの餅で覆ってある。コレがまた美味。買って帰りたくても消費期限は当日のみ、どら焼きで翌日まで。お土産にはどれも買って帰られないものばかりです。お店に来た人だけが味わえるお菓子ということなのですね。
こんな雨の中でも、結構のひとが足を運んで来ています。

一服して、工房からすぐのところに、「東山旧岸邸」があります。そこを見学
旧岸邸は第56・57代内閣総理大臣を務めた岸信介が1969年に建てられ、晩年の17年間を過ごした自邸。この建物を建築したのが、建築家 吉田五十八(よしだ いそや)。岸邸は彼の晩年の作品として、伝統的な数寄屋建築と現代建築の融合を図った近代数寄屋建築の建築美学の到達点として岸邸は建てられたそうです。


入館料を払い、中に入るとにこやかに迎えてくれたボランティアガイドさん。年の頃は私と同じぐらいかと。
今日は雨なので、今日最初のお客さんですと、11時にもなって初めてのお客さんだなんてことは、非常に珍しいとのことでした。
ガイドさんにどこからお越しですか?と尋ねられたので、北海道からと答えると・・・・ガイドさん「今年の2月に北海道旅行したんですよ!」と
私、「北海道はどこに行かれたのですか?」と尋ねてみると、なーんと「紋別です」と答えが返って来るではありませんか!!!
「いやいや、その紋別から今日ここへ来ているの!」と余りの偶然さに、私たち、飛び上がる勢いで、いきなりハイテンションからのお友達になった気分♪
御殿場まで来て、こんな偶然ってあり得るのね。「カニのオブジェの前で写真撮り、流氷も見れたしホワイトアウトのような地吹雪も経験しました」と。
このボランティアガイドさん、週に3日しかガイドに来ていないとかで、これまたレアな出会いでした。旅って、ホント面白いわ。



お陰で、楽しくガイドして頂き、東山旧岸邸の建築美学を学びました。
岸信介元首相は60歳の頃、3年に渡り首相を務めた。現在の96・97代目の安倍総理の祖父に当たる。
今から約50年ほど前に建てられたのですが、ガイドさんの説明に何もかもが「へぇ~」としか言いようのない、伝統と近代の建築美を融合させた細部に渡る拘りを知ることが出来た。
50年も前にすでに全室セントラルヒーティングシステムがあり、暖房機器がすべて和の中に隠され、部屋の空間に違和感がない。全室からインターホンで女中さんが待機している厨房に知らせれるようになっているし、台所との間には防火扉も設置、和室が広く見えるようにと畳の縁は細く、室内の木調と合わせてあったり、リビングのペルシャ絨毯は当時のままのもので、この一枚の絨毯で庶民の一軒家が建つほどお値段だそう。先日の290億の費用が掛かったとされる白幽林道の黄金道路に引き続き、今回は黄金絨毯の上に私は立っている。何だか、金運上がりそうです♪
すだれは50年前にすでにアルミ製。床面は寄木細工が施されるなど、当時の伝統的な贅を尽くした創りと言える。


何といってもこの食堂が素晴らしい。
押込戸を利用して、障子・ガラス戸・網戸・雨戸を壁戸袋にすべてを引き込んで庭側が全面開放になるの。
庭園から植物から漂う何とも言えぬ生を纏った空気が流れ込み、鳥のさえずり、小川のせせらぎを感じられる食堂は素敵でした。

まだまだたくさんの岸邸の建築美学について、説明頂きましたがとても書ききれません。

この東山旧岸邸は、2003年に御殿場市に寄贈され、2009年より虎屋のグループ会社である(株)虎玄が指定管理者として管理運営しているそうなんです。

一時間程の見学を終え、山門をくぐり、再びタクシーで御殿場駅に向かい、今日のお宿のある修善寺へ再び電車を2回乗り継いで向かう。
僅か御殿場滞在3時間の間に2度タクシーを乗ったのですが、御殿場のタクシー運転手はキャラが濃いです。が、とっても楽しかった!
知らない土地で見ず知らずのひととの会話は、心満ちますね。

雨は相変わらずの雨・・・・

修善寺編はまた後日に

2019 10月 27日

ご褒美旅行 東京編

何のご褒美?と・・・聞かれると、ちょっと困ってしまうけれど、私の勝手なご褒美旅行と銘打って昨年の姫路・淡路旅行から1年。
今年も7月から計画を立てて、今月24日から2泊3日で東京一泊、静岡で一泊の3日間。すべてオリジナル行程で念密に練って準備してきた。
しかし、相次ぐ台風の襲来、たった一日しかない中日の雨マーク予報は全く消えないどころか、雨量が多く一日降り続けるとのこと。
そんなお天気予報にガッカリ感が重くのしかかるものの、雨は雨なりの良さがあるさ!とポジティブに切り替え、すべての計画を遂行しようと決意を新たに(笑)出発した。

初日、旭川空港から羽田へ夕方着、東京は曇り。息子は八重洲にある職場で仕事。仕事終わりに一緒に食事でもと思い、仕事が終わるまで東京駅周辺をブラついて時間を潰すことに。


東京駅へは初めて。
全く持ってお上りさん的な私。東京駅の美しさにめっちゃ感動してしまう。遠く離れて見たり、左右に移動したり、真下から見上げてみたり(笑)


今年もっとも注目度が急上昇したラグビーワールドカップ2019日本大会。駅前には、そのサインサインオブジェが設置されていて、沢山のひとが写真に収めていたわ。もちろん私もそのひとり!
ラグビーはドラマ「ノーサイドゲーム」を見て、こんなに熱いスポーツなんだと興味を持ち、実際の日本大会を見て、8強入りした日本チームの凄さに感動したばかりだった。

東京駅の駅舎を見るために外に出た私、再び、ICカードで駅内に入りお土産を買い済ませて、再びICカードで出ようと思ったら改札口が閉まってしまう。
どーして???って思い、気を取り直して近くの駅員さんに事情を話すと、再入場するときは入場券を購入しなくてはならないとのことでした。そんなルールがあったなんてね(笑)入場料金もICカードで対応してくれていいのにね!
それにしても広いわ。駅構内は人が行きかう多さに、真っ直ぐに進めない。ひとを交わして歩くの疲れてしまう。歩き疲れのコーヒータイム。
東京駅すぐ南側にある「KITTE」という日本郵便が手がける商業施設があり、その一階フロアーに「サザコーヒー」がある。
一度飲んで見たかった「パナマゲイシャ」というコーヒー。

同じフロアーにはスタバやたくさんのカフェが入っているコーヒー激戦フロワーみたい。そんな中にサザコーヒーがあるのですが、皆さんはサザコーヒーって知っているでしょうか?
茨城県ひたちなか市の自家焙煎コーヒー専門店。茨城県民からこよなく愛されているコーヒーショップなんだそう。
ココのたくさんの種類のコーヒーのなかで特別な豆、「パナマゲイシャ」というコーヒーは一杯2500~3000円もするそうなんです。
どんな香りや味がするのか、興味があるにしても如何せん高すぎ。しかし、今回はご褒美旅行ですから、財布の口がゆるゆる(笑)もう飲んでみるしかありません。

店内はカウンター席のみ、15席もあるでしょうか?狭いお店です。
メニューをみるとパナマゲイシャでも何種類もあるので、おススメのを頂くことに。

出されたコーヒーは、2種類
パナマゲイシャはサイフォンで落とすそう。もうひとつ小さなカップに飲み比べ用に「本日のブレンドコーヒー」としてペパードリップでゆっくりと落とされたコーヒー
それにメダルチョコも添えられていました。
飲み比べて見てくださいと・・・・

パナマゲイシャは、火傷するのではないかと思うほど熱いのに対し、ブレンドコーヒーは反対にかなりぬるめ。これはサイフォンとドリップの抽出の大きな違いなんだそう。
そんな説明を受けながらゲイシャを飲んでみると、もはやコーヒーの域を超えているというのが私の率直な感想。全く飲んだことのない味。もう言い表せないですね。
時間の経過とともに味も変化していくので、その変化をゆっくり感じながら飲んでくださいと・・・なるほど・・・・冷めて行くほどに甘みがましてまろやかな味に変わっていくように思えましたが、私には自分の知っているコーヒーの域を越えた味が、もはや美味しいのか?判りませんでしたね(笑) なるほどね~とコーヒーの味覚の範囲が広がったという結果に。難しさを知りました。

コーヒーを飲み終えたころ、息子がやって来た。

大手町にある、洋食屋さんの「芳味亭」へ。
創業86年にも及ぶ老舗洋食店。


ビーフシチューを目的に♪
美味しいと云われるビーフシチューとは、いったいどんな味なんだろう?今まで食べたことのあるビーフシチューや自分で作るものとどんな風に違うのか?興味があった。
本店ではなく丸の内から一番近い大手町店へ。大きなビルの地下、割と閑散とした感じの飲食店の入るフロワーでしたが、店内に入ると席待ちのひとがいるほど。
ちょっとびっくり。
ビーフシチューが組み込まれたお手軽な価格のコース料理をチョイス。


秋の前菜 まつたけ~♪


期待のビーフスチュー! お店の表示は「ビーフシチュー」ではなく「ビーフスチュー」
帰宅してしゃちょーに話すとスチューは正しい発音的表現だそうです。
思わず・・・「ほぉ~♡」と声が出てしまう程、なんて美味しいこと! 普段デミグラス缶を使って作る味とはまるで違う、まろやかでとにかく美味しい。


デザートも2種類 これは洋ナシのコンポートとシャーベット 何皿でも食べたくなるほど美味しい♪
あ~満足♪ これから始まる美味しいものとの出会い、わくわくします。

旅行初日、すべての予定をこなし息子の住む川崎の住まいへ移動、一泊させてもらう。
翌日は、静岡県御殿場市へ移動です。

2019 9月 14日

朝里川温泉

9月の台風15号の影響で真夏日となった北海道。台風が去って「なつぞら」から「あきぞら」に一転したような当たり前のこの季節の気候となった。
そんな中、小樽の孫の3歳の誕生日を祝うために珍しく夫婦で出かけた。
誕生日は小樽から30分ほどの朝里川温泉で皆で一泊することに。
孫にとっては初の温泉お泊り。

孫のいつもの食事の時間に合わせて、夕方5時に食事開始ということで、こんなに早く夕食を希望する宿泊客は他におらず、レストランは貸し切り(笑)
ある意味、周りを気にせずに食事が取れて良かった♪
こども用プレートは孫にとってはワクワク感いっぱい。一番最初に口にしたのはエビフライ!わかるなぁ~その気持ち♪
3年って本当にあっという間。おむつも取れしっかり成長している。今は恐竜やプラレールの新幹線に夢中とか。両親やじぃじ達からも恐竜三昧のプレゼントだったね。どんな夢を見始めるのか?どんな未来が待っているのか?想像も出来ないけれど、私たちと違うのはこれからどんどんどんなことも吸収出来ていけること。私たちはこれからどんどん忘れ、出来なくなっていくことばかりだものね。
未来に繋がっていく子供たちを温かく見守っていきたいと思う。

食後、孫を連れて温泉。さっぱりとした無色透明な泉質だった。
ロビーにはたくさんのキャンドルがともされ、ピアノの生演奏が流れる素敵な空間。しゃちょー、ホテル内にバーラウンジのようなものが無くて、売店で小樽の地酒を買い込み部屋飲み。私も小樽のクラフトビールを飲みつつ、寝落ちしてしまう。

翌朝いつもの通り体内時計は正確で4時に目が覚め、爆睡しているしゃちょーを横目にひとり再び温泉。帰って来てもまだ爆睡続けているしゃちょーを横目にひとり外へ散歩に繰り出した。

朝里川温泉というだけあってホテルの真向かいに朝里川が流れている。
見ると遊歩道が整備されていて、散歩にうってつけ♪

遊歩道にはたくさんのドングリやクルミが落ちていた
ドングリなんて何年ぶりに見たことやら・・・
かなり嬉しい気分になり、ドングリ拾いして持ち帰ってきてしまったわ。
柏の木やクルミの木が川沿いに繁茂している証拠ですね。

ところどころ川に降りれるところがあった。
清らかな清流です。
30分ほどの遊歩道の散歩はとても清々しくて、朝風呂と清流散歩は贅沢な時間でした。早起きはまさに三文の徳ですね。

再びみんなで朝食を済ませ、息子の家に戻り少々お茶して私たちは帰路についた。

牧場の留守を守っている次男からは、牛が生まれそうとか診療の牛は手術になったとか・・・我々も何かと気が気ではなく足早に帰宅。
それでも、ヘルパー以外に牧場に留守番がいてくれる安心感は今までにはなかったので、ありがたいことだと深く思う。

2019 8月 12日

阿寒湖

阿寒湖温泉街からもう少し釧路よりの阿寒川の河岸にあるホテル。

阿寒川が眼下に流れるお部屋。渓流釣りを楽しむ釣り人も多いそう。ホテルの駐車場には釣り人専用駐車場があるほど。何が釣れるのでしょう?
釣りの楽しさを知らない私は全くもって興味が湧かないのですが・・・・

お部屋の川側の大きな窓に向かって木製ベンチ。コーヒー豆が用意されていて、自分でミルで挽いて飲めるようになっているの。初めて手回しのミルで挽いてみた感動。まるで倉本聰作、ドラマ「優しい時間」の「森の時計」というお店を思い出してしまう。
ステキなカップで流れゆく川を眺めながらの一杯の香りは至福の時。

緑茶は何と鉄びんの急須で入れらるんですよ。
こんなホテルの気遣い素敵です。

実は携帯が操作不能になっていまい、ホテルで撮った食事などの写真、無くなってしまいました。残念。

お食事は、朝夕とも懐石料理。ビュッフェスタイルも大好きだけれど、家族の会話をゆっくり楽しむ時間を大切に出来き、席を立たなくてよいお膳料理もまたいいものです。どのお料理も本当に手間暇のかかった丁寧なお料理ばかり。
中でも、特に美味しかったのはブイヤベースのお鍋。このスープがとっても美味しくて、家族全員絶賛。最後にご飯を入れておじゃに・・・リゾットと言った方がぴったりかも知れません。

夕食を済ませ窓から外を眺めると、河岸の草をはむ鹿の親子が・・・
後でお風呂に行って分かったのですが、この時、すぐの露天風呂に行けば、温泉に浸かりながら、すぐ側で鹿を見られたはず。珍しくもない鹿さんだけれど、露天風呂に浸かりながら見られるなんて、ちょっとないですよね。もったいなかったわ。大浴場の他に個室のそれぞれ違った露天風呂が3つ。早朝4時、だれも使用していなかったので、3か所はしご風呂!贅沢しました♪でも鹿さんの姿は見えず。

ホテルを早めにチェックアウトして、阿寒湖で遊覧船に乗ることに。
私は多分、小学校以来だと思う。40年以上振り?でしょうか(笑)

お天気も良く朝から暑いぐらい。雄阿寒岳がくっきり綺麗。

どこの観光地へ行ってもほとんど海外の観光客ね。海外の人が日本に来たい!と思うお国であることに誇りさえ感じますね。
この観光遊覧船に乗船しておよそ80分。国の天然記念物に指定されている[まりも]の生息地の近くまで。途中、チュウルイ島というまりもの島で15分ほど下船して天然まりもを見られる施設へ。

チュウルイ島

まりもはここ阿寒湖温泉街の対岸にある小さな二つの湾になっているところだけに生息しているそう。もともと、まりもは湖に浮遊しているコケが、ある条件下で丸くまとまったもので、この丸いまりもはここ阿寒湖だけなのだそう。
天然まりもは大きいものだと直径30cm以上のものがあるそうで、私たちがお土産さんで見るまりもは、浮遊しているコケを丸めて人工的に作られてるまりもで天然まりもではないそうです。このチュウルイ島の施設で見られるまりもは、もちろん天然のまりもで、遊覧船の就航が終わる時期にはまた湖の底に戻して、冬を過ごし、また来春を待つようです。こうして天然のまりもを見ると、コケのフサフサ感が個体によってさまざま。形も色々。ある程度大きくなると球が壊れてしまうそうです。自然の条件下で作られるココだけの球形をしたまりも。本当に不思議ね。

小学校の修学旅行で阿寒湖に行きましたが、その時、バスガイドさんが歌ってくれた「まりもの唄」は今でも歌える自分が不思議だった。そんなことを遊覧船の湖面から頬をかすめる風の中から思い出された。
大人になってから改めて観光すると、幼少の頃の視覚だけの思い出に、その意味と知識が今後記憶に残ることでしょうね。再び訪れる地の面白さかも知れません。

実家の両親と妹とはこの阿寒湖で別れ、私は帰路についた。

少しづつ老いゆく両親を感じながら、自分も老い始めていることに改めに気づく。でも、それもまた深いと感じる。

2019 8月 09日

阿寒湖へ向かって

連日暑い日が続いてた1日。休日を取って阿寒に向かった。
どうも、今年はお天気が続いているというのに、何故か私が休日を取る日は
ちょっと曇り空からの雨交じりという日ばかり。6月も7月もそして今回も。
日ごろの行いが何とかというけれど、ホントにどうして?って思う。

それでも、お休みとあってプランいっぱいで出発。
実家の両親もふたりとも80歳を超え、家族旅行もしばらくしていないことから、両親と妹と4人で阿寒湖の温泉に一泊を企画。旅館で待ち合わせ。

阿寒へは網走、小清水、斜里、清里経由でわざと遠回りして・・・
最初の寄り道。「佐呂間湖展望台」
佐呂間湖の富武士から砂利道の狭い林道のような道を5キロ程登ったところにあるということで、初めて行ってみた。展望台の下に小さな駐車場的なところへ車を停めて、丸太と砂利で作られた階段をかなり上ったところに展望台があるらしい。その階段の登り始めに「熊出没注意」の看板。やっぱり出るよね~。
ココにいるのは、現在私一人・・・・ちょっと引き返したくなる気分。

今日は熊は出ない!と心に言い聞かせて、階段上り始めた。それがかなりキツく長い階段。
脚がガクガク、息切れを感じた。とても高齢者は無理かと・・・私も高齢者にかなり近づいていることを思い知ることに(笑)しんどかったわ~。

ステキな展望台が見えてくる。でも、なかなか遠い。

すっきりと晴れ渡っていたらどんなに綺麗だろう!と
思うような、佐呂間湖が一望できます。熊にドキドキ、脚ガクガクしながら登った展望台。素晴らしい絶景でした。と眺めていたら、下から若いカップルが上がってくる声に、安堵したわ~熊が出てもちょっと心強いわ!と思っちゃった。
またまた5キロ以上の長い砂利道を下り、網走方面に・・・
途中から、ドシャ降り。網走を通り抜け、小清水にある、福岡の名物でんぷん菓子「めんべい」の福太郎。北海道工場がここ小清水北陽にあるのです。さて休憩♪休憩♪

めんべいは北海道では「ほがじゃ」として今や北海道のでんぷん菓子としてすっかり認知されていますね。
色々な味を試食して、お水飲んだら結構、お腹ふくれちゃったりします。因みに、試食だけでお店を出たわけじゃないですよ。
雨も上がり、空が明るくなっていました。

今日のメイン店。斜里のファームカフェ「丘カフェ」

回りは一面の畑作地帯。小麦の収穫も終盤で、収穫を終えた小麦畑に麦稈のロールを巻く作業がたけなわ。このどこかの麦稈が我が家にも来るんだなぁ~。と周りを見渡す。見渡す向こうには斜里岳がすそ野を広げるようにみえた。

すでに秋の始まりの広大な風景を眺めながらおやつタイム。再び阿寒湖を目指しお店を後にする。

弟子屈あたりに来ると、気温急上昇。カンカン照りにめっちゃ暑い!
摩周湖アイスの「のぼり」に思わず吸い込まれ、またまた甘いもの。
摩周ブルー&摩周そば味を選んで、食べてみた。
摩周ブルーは爽やかなラムネ味みたいで、摩周そばは蕎麦の実入りで香ばしくて美味しかった。とにかくはやく食べないと溶けちゃうほど暑い、ゆっくり味わう感がないのが何ともね~。
呑気に寄り道を繰り返しているうちに、待ち合わせ時間が迫っていて、慌てて再出発。

初めて通った「阿寒横断道路」 正直、余りのヘアピンカーブの連続にビックリ。道路幅も狭く、ハンドルを握る手に力入りまくり。なかなか目が覚めるようなスリルいっぱいの体験でした。

午後3時、今夜のお宿到着。ホテルラビスタ阿寒川です。

つづく