観光スポット

2018 10月 22日

ご褒美旅行 淡路島編

友人と無事に再会し、すぐに友人の車で丸二日間一緒に旅行を楽しむ。
友人は私より14歳も年上の方。そんなに年上とは思えないほどの行動力の持ち主。
まるでお姉さん(今後は「ひさ姉さん」と記述)的存在で、今回の淡路・姫路観光プランは彼女にお任せ、どっぷりと甘え放題。
彼女は海外旅行も大好きで、ツアー旅行はせず、長期滞在型の旅行を楽しむ。この年末も国際免許を持ってニュージーランドで3週間アパートを借りて観光するらしいです。
北海道へも必ず愛車で来て、3カ月とか紋別に滞在しては北海道一円を旅行するの。50年以上も住んでいる私より北海道を巡っているわ。
食べることも料理を作ることも大好き。私には最高の姉です。

事前に淡路島を巡るね!というプランがラインで届いた。見たら、盛りだくさんのスケジュール。私は淡路島の件について全くっていうほど知識を持っていなかったし、姫路に関しても姫路城があるところ、としか知識がなかった。
お任せプランだったので全く予備知識も持たずに、助手席にちょこん?いやドーンと乗って、まるでミステリーツアーに出発する感覚だった。


姫路から高速にのり、いよいよ明石海峡大橋を渡って淡路島へ
この明石海峡大橋は先日テレビで見たばかりだったので、ワクワク感が半端ない。凄ーい!凄ーい!とはしゃぐ私。世界最長の吊り橋と言われ、全長3911m、アメリカのゴールデンゲートブリッジですら2737mですから長いんです。しかも片側3車線もある巨大な吊り橋。
2基ある主塔の高さもおよそ海面から300m。
この橋を点検する保安員さんは、あの主塔のてっぺんに登って、しかもあの湾曲しているワイヤーの上を歩いては毎日、ワイヤーに変化がないか点検するとのこと。凄すぎます。
夜はライトアップされていて、それはそれは綺麗なんだそうよ。今回は見られる時間に通ることは出来きなかったのですが、もし次があるなら必ず夜景を見てみたい。

この橋を渡り切ったところに淡路サービスエリアがあり、ここでスタバのコーヒータイム。

素晴らしく綺麗に見える明石海峡大橋の全貌。益々夜景も見てみたくなります。

さて、次は野島断層でも見に行く?と言われ、断層好きのタモリの「ブラタモリ」の番組みたい♪とつい思ちゃった。
軽い気持ちで行ったものの、そこは今から23年前の阪神淡路大震災の地震で現れた野島断層を、当時のありのまま保存展示した「北淡震災記念公園」でした。

館内に入るといきなり、震災の時の国道43号倒壊再現模型の展示物が目に飛び込んでくる。実際のトラックが横倒しになっているリアルなもの。
阪神淡路大震災の地震は活断層である野島断層が動いたことによって起きた地震なんだそう。断層による地表のズレは10㎞にも及ぶ。
その一部をそのまま屋根をかけて保存館としている。

当時その断層の上に立っていた傾いたままの住宅もそのままの状態で保存され、実際に中に入って家の中の様子を見学できるようになっていた。震災が起きた時の時間で止まっている時計、朝食時間帯の台所が地震により惨状になっている様子も再現されていた。

館内には阪神淡路大震災をはじめ、東日本大震災で報道された新聞のパネル展もズラリと展示されていた。その中に見覚えのある新聞があるじゃないですか!
北海道新聞です。それも直近の胆振東部地震の紙面がたくさん。
改めて、これらの新聞を見ると当時の惨状が蘇って来る思いです。忘れてはいけない。いつかまたこのような事態が起こる、そう改めて思い直すのです。

ここには阪神淡路の直下型地震と東日本の海溝型地震の揺れの違いを実際に体験できる震災体験館もあり、体験してきました。どちらも凄い揺れでしたが直下型はものすごい衝撃。こんなのがいきなり来たら動けませんし、記念館の入り口にあった模型のように道路が一瞬で倒壊してしまったのも納得出来るものでした。自然の力を目の前に人が作る構造物は、なんてはかないものだという事を思い知らされた感じです。

ランチタイム。「のじまスコーラ」
ここは8年前に廃校になった野島小学校を再利用した複合観光施設。自然・アート・美味しいお料理を提供する施設。
ということで先日テレビに放送されたから行ってみよう!と。

スコーラはイタリア語で学校という意味らしいわ。
入り口になぜ?こんなものがあるのかわからなかったけれど、取り合えず座ってみてポージング(笑)姉とエマニエル婦人の椅子ともちょっと違うよね~なんて笑いながら理解できずに、カフェスコーラで軽くランチバイキング。
淡路島の特産物は「玉ねぎ」らしく。淡路島の玉ねぎは美味しいというので、サラダバーでも玉ねぎをチョイス。メインのビーフカレーにも焼き玉ねぎがしっかり鎮座。

実食。ごめんなさい。北海道のたまねぎの方が俄然美味しいというのが実感。いつも当たり前に食べている玉ねぎ。こんなにも違うものかと知ったわ。淡路の玉ねぎは甘み少なくちょっと繊維っぽいく食感が固いというイメージですね。
新玉ねぎに近いかな?勉強になりました!

食の体験をしたあとは、お香作り体験へと大人の観光は続きます。

野島から少し南下した江井というところ。
ここは日本香りの街100選にも選ばれている街で、道路際にお香のお店がずらりと軒を並べているのです。
淡路島は日本の70%のシェアを誇るお香やお線香の生産地と初めて知ったわ。
今回は淡路梅薫堂さんでお香づくり体験。

中に入ると職人さんが手作業でお線香を作っていた。こうやって手作業で作られるお線香なのだと、今後お線香と向き合う目が違ってきます。

初、お香作り。
お店の方から、お香の歴史や素材などの説明を聞き終えた後、お香の色の選択から。私は緑、ひさ姉さんは紫を選ぶ。
茶色い粉が目の前に配られ、これに好きな香料を混ぜてお香を作る。
出された香料はなんと40種類。この中から好きな香り数種類選びブレンドせよというのです。ブレンドしたらどんな香りになるのか想像もつかないまま、40種類の香りを取り合えず嗅いでみる。
臭覚が麻痺します(笑) お店のひと、麻痺してわからなくなるわね~とブツブツ言っている私たちを見て、ある匂い袋を持って来てくれた。これを嗅ぐと臭覚がリセット出来ますよ!、といって出されたのがコーヒー豆の粉でした。
匂いのリセットにはコーヒーの香りなのね~と感心する私たち。 香料の中にもコーヒーがあったので、ひさ姉さんとふたり、これ混ぜたた無臭になっちゃうね!と大笑い。まるで子供です。
香りのブレンドは想像も出来ないので好みの匂いを片っ端から、合計30滴になるように入れてみた。
入れて練っているうちに鮮やかに発色。後はお好みの型に入れて成形して完了
後は自宅に持ち帰って日陰で1週間ほど乾燥すればOK!


私は猫の足型。現在自分の寝室で乾燥させているのですが、もう今までの自分の部屋とは思えない異国の香りでいっぱい(笑)もはやこの当てずっぽうの香りのブレンドが良い香りなのか?異なのか?わかりません。


淡路島をずっと南下して「うずしおクルーズ」
渦潮観光船に乗って渦潮を直近で見る。一日に数回、渦潮が良く見られる時間帯があるそうで、そのいい時間帯の観光船に乗ることが出来た。
日本丸です! これから一時間うずしおクルーズを楽しみます♪

出航時、こうやって見送ってくれるの。帰港時はおかえりなさいのメッセージでお出迎え。なんか嬉しいです。


大鳴門橋。この下でうずしおが見られる。



次から次へと大小の渦潮が出来ては消え、また再びいくつも出来てくる。その大きさは世界最大級らしいです。
春と秋には渦潮も最大の大きさが見られるとか、丁度私たちが行った2日後が今年最後の最大の渦潮が見られる日だったみたいです。
自然の力って本当に凄いですね。

すでに日没時間。今夜の淡路でのお泊りする宿へ移動。

「うめ丸」です。丁度、大鳴門橋が真正面に見える淡路島の南端の旅館

旅館はまた明日のブログに記載します。

 

2018 9月 12日

サンゴ草

そろそろ 草木の緑に黄色味がさし始め、秋の紅葉の始まりへと進んでいます。
今日は朝から風もなく穏やかに晴れわたり、コムケ湖まで足を運んでみた。
先日、地元紙にコムケ湖のサンゴ草の事が記事になっていて、コムケ湖にもサンゴ草が見られるのだと新発見。見たくなった。

昨年春に見に行った、ワタスゲ群生地の反対側の場所。

ホタテ島木道の標識を探して。。。


コムケ湖に向かって木道が整備されていた。ちょっとワクワクします。


クロサギがたくさん(写真には写っていませんが・・・)


木道の行き止まりで行くと、色づき始めたサンゴ草が広がっていました。
オホーツクでサンゴ草の群生地で有名なのが能取湖やサロマ湖ですが、ここコムケ湖のサンゴ草は知る人ぞ知る、観光地化されていない小さな群生地らしいです。
私が行った時も、私ひとり。そこへコムケ湖を管理しているコムケの会の人がサンゴ草の様子を見に来ていただけ。


サンゴ草は別名「アッケシソウ」とも言われ、絶滅危惧種なんだそう。
サンゴ草は食べられるらしいです。でも、絶滅危惧種ですから、採って食べちゃ罰せられますね(笑)
塩湿地に生息しているためミネラル豊富で、海外では「シーアスパラ」としてサラダなどに用いられているようです。ちょっと食べてみたいですね。

もう少し全体に赤く染まるのはもう少し先。
今年は7月の干ばつで背丈も低く群生の広さも小さくなっているとのこと。
また、日を改めて、見に行きたいな。

2018 8月 08日

ブルーベリー狩り

今年初めての日帰りのお出かけかもしれない。
やっと、時間を作ってしかも友人を誘って、名寄まで(車で一時間半)ブルーベリー狩りに出かけた。

3年ほど前にも一度行ったところ。

「サンベリーむらおか」
午前9時半現着。朝6時頃から開園しているとのことですが、私たちの他にだーれも居ません♪
広ーい園内は貸し切り。
オバちゃんふたりは、「さぁ~採るぞぉ~!!」テンション上がり気味(笑)
日焼け・防虫対策、お腹の整腸対策も(笑)万全。

入園料¥700。時間無制限の食べ放題。摘み取り持ち帰りは100g250円。

何と、当日は1キロ以上の摘み取りのお買い上げだと、入園料が全額キャッシュバックのキャンペーン中とのこと。
私たち、1キロなんてそんな少量の摘み取りではないので、またまたテンション上がります。

ひと籠、1キロちょっと入るそう。
こんなちっちゃな籠・・・・と思っていましたが、結構ひと籠摘み取るのに時間が掛かること。
園内には20種類ほどの品種があり、味見をしながら、出来るだけ大きな粒のものを。。。と、最初はそう思って摘み始めたのですが、性格ですね、段々とどうでも良くなってきてしまう私。
取り合えず、気温もどんどん上がっていくので、時短で合理的に摘み取る。

あまり摘み取られていない樹は、まるでブドウの房のように鈴なりになっている。
品種によって、甘さも酸味も食感も大きさも様々。同じ樹でも粒の大きさの違いによっても味は異なるし、同じ品種でも樹が違うとまた味も違ったりと、食べ比べの贅沢さを満喫。
ブルーベリー自体は日本で200種類ぐらいあるのだとか。

ここの園主、70歳代ぐらい。結構毒舌なんです。
園主にどこから来たのさ?って、聞かれ、紋別からはるばると答える。
そうしたら、一番お得なこと教えてあげる!っていうの。
「今、1キロの摘み取りで買い取ると700円戻ってくるから、この籠、1杯だけ摘み取って帰るのが一番お得で、このキャンペーン中、毎日来るのがさらにお得さ!」と、ニヤリ顔の園主。
「なるほどね~ でも、毎日このひと籠のために来られないから、私たちがおじさんにたくさん儲けさせてあげるから、大丈夫!」と私も、どや顔で答える。

せっせと、私たち、なん籠も摘み取っては会計に持っていくと、園主さんに、もう紋別さんは摘み取るの辞めてください!って言われちゃった。
だから、儲けさせてあげるって言ったでしょ!とニヤリ顔で言い返す私(笑)

と、こんな嫌みのない会話を出来る園主のおっちゃんとのやり取りも楽しいのです。 オバサンになるとホント口が減らなくなりますね。

摘み取ったブルーベリーをその場で、孫たちに地方発送してもらって、残り3キロほど、持ち帰ってきました。
そのまま生で食べたり、冷凍保存、ジャムにして満喫。

こんなに一度にたくさんのブルーベリーを普段買うことも出来ないし、もちろん食べることもないので、贅沢なブルーベリー狩りでした。
友人も大満足。およそ二人で10キロ近く摘み取った感じでした。凄い。そりゃ、園主も驚くわね。

それでも、最後に園主、「また来年も来てよ~」と手を振って見送ってくれたわ。

帰るごろには、駐車場は満杯になるほどの来園者で賑わいに。滞在時間1時間半。楽しかったブルーベリー狩り、9月中旬ごろまで開園しているそうなので、是非にみなさんも楽しんでみてください。

2018 6月 11日

支笏湖

視察の後は今夜のお宿へ
鶴雅リゾートスパ 「水の謌」

夕方4時半着
夕飯まで時間があるので、みんなで湖畔でビールでも飲みましょ!と缶ビールを1本持って散歩に出た。

薄曇り空に日没まで僅か
静かな湖畔のデッキでのんびりビールタイム。
もう、いつもなら搾乳作業の真っ最中。全くもって夢の時間に浸り、缶ビールでさえこの上なく美味しく感じること♪


湖でスワンに乗ってみたいと思ったけれど、すでにスワンの営業時間は終わってしまっていた。
と、、、、ひとりが全員分の本日最終便の遊覧船のチケット買い込んできた。
私たち既にビール飲んでしまっているけど、飲酒状態で乗船大丈夫?乗りたくない!というメンバーに有無も言わさずね(笑)

只の遊覧船かと思いきや、乗船したのは水中遊覧船で船底の船室の窓からは、湖底が見えるようになっていた。
透明度の高い綺麗なコバルトブルーが目に飛び込んでくる。


魚が泳ぐ姿が見られ、湖の水面下には「柱状節理」と呼ばれる切り立った崖のような光景が広がっていた。層雲峡の山肌でも見られますね。水面下だとまた違った趣で見ることが出来たわ。
20分程の湖底探検を満喫して、本日2度目のビュッフェへ

メイン料理(肉or魚)を選択し、後は自由に好きなものをチョイス。お昼のビュッフェがお腹に堪えてるひともチラホラ。
でも、私は大丈夫♪ 

その日は朝3時起きで作業して出発。
食べて飲んで、喋りまくって寝たのは深夜12時を廻っていたわ。 意外と元気に長い一日終了。

朝5時には温泉に入りに行き、7時にはまたまた3連続目の朝食ビュッフェ。
仕事もせずに、よく食べられるものです(笑)
食べ納めと思うと、欲張りになれる自分が恐ろしい。
まだまだ胃袋だけは、若い!と思う!

ホテル出発後は新千歳空港でショッピング。
昨日の疲れが出始め、空港内で過ごす2時間はきつかった。
その後は真っ直ぐ夕方の搾乳作業が待っている我が家に向けて、バスは走る。もちろん帰りの車内は全員深い眠りにつき静かなこと!

年に一度の視察研修旅行。
夢の時間を今年も過ごせてHAPPY!

2018 4月 12日

酪農ニコニコ協定研修会


10日午後、浜頓別町へ向かうため、オホーツクラインをひたすら北上すること2時間半。

夕方、クッチャロ湖畔にある温泉ホテル到着。
白鳥がいるはずと湖に足を運んだ。

そこには、たくさんの白鳥やカモ等の渡り鳥が羽を休めていた。
話によると、ここにいる白鳥は昨年秋に飛来し越冬した鳥たちとのこと。旅立つ日も近い。

餌付けされているので、近くに寄ってカメラを向けても全く逃げもせずにくつろいでいる様子。
 
つぶらな瞳としゃくれたくちばしが、何とも愛嬌がある。


紋別に比べ、まだ残雪も多く、湖の解氷も半分ほど。風が冷たく寒かった。

2月、浜頓別町の農業委員会の担当者から連絡が入った。
何と、講師依頼。 ビックリなお話でした。
我が心の師匠の「はい!喜んで!受けよ!」という教えを守るべく、私にそんな大役が務まるのか?と思いつつも、何かとご縁の深い浜頓別町からのご依頼でしたので、お受けすることに。

浜頓別町農業委員会では「酪農ニコニコ協定」を推進していて、毎年家族協定の調印式と合わせて研修会を開いているそうなのです。
今回は協定の対象者がなかったことから研修会のみの開催だったようです。
その研修会の講師に呼ばれた私でした。
何を話せば?と思ったら、昨年全国酪農青年女性大会で発表した話でということでしたので、10分の発表を1時間に拡大して講演することに。
私の人生2度目の講演です。人生初も15年前で、やはり浜頓別だったのです。ご縁が深いです。

研修会の前日入り。
その夜は農業委員会会長さんをはじめ女性農業委員さん、農業委員会職員、JA、普及センターなど皆さんとの会食に招かれ、和気あいあいの中、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
会長さんは「ぶんちゃんの里」というファームインや酪農体験を行っている小川文夫さんでした。とても有名な方なのですが、私は初対面。とても地域酪農のことを真っ先に考え、たくさんの公職をこなしそして、奥様にとても優しい方でした。 そして女性農業委員さんのお二方。過去に我が家に視察訪問してくださった方だということ。普及員さんは、たむら牧場がものすごく過去にお世話になった方という面々に、何だかご縁以上のものを感じたほどです。

会食後はホテルの温泉へ。
大分別府温泉に匹敵するぐらいの日本トップクラスの泉質とのこと。少しぬるめの柔らかく美容液のようなお湯。とっても気持ちのよい温泉でした。
が、翌日の研修会のことを考えると、のんびりお湯に浸ることもままならず、内容の見直しなどでメモ書きがメモ書きでないほどびっしりになってしまい、果たして自分自身読めるのか?
酷く不安になってしまったわ(笑)

研修会当日。
参加者は農業委員さんを初め、男女問わず若い世代から年配世代までという広範囲な酪農家さん、そして酪農関係機関の方々40名ほどが集まって下さった。
思いもよらない人数の多さに戸惑った。

パワーポイントを操作しながら、メモ書きを見ては話す。
改まって話す経験があまりにも少ないので、原稿を読むだけの様にはいかず、メモ書きもビッチり過ぎて見取り出来ずに、どれほど肝心なところが話さず仕舞いに終わってしまったことか・・・・
一時間という枠の中、結局 時間オーバーするという想定外な事態に慌ててしまい、尻切れトンボ状態で終了してしまった。

それでも講演後、意見交換会ではたくさんの方々から感想や質問を受けることが出来て、少し安堵。

人生の良い経験をまたひとつさせて頂きました。

頭で理解しただけではいけなくて、行動に移して初めて結果が見えてくる。それが失敗でも成功であっても同じだけの価値がそこにあるようです。

行動に移すためには人との出会いが不可欠だと思う。人との出会いにより、心に刻まれる言葉や体験が生まれる。

心に刻んだ思いが、自分や他人を巻き込んでの楽しみや幸せに繋がっていく生き方をしていけるよう、心掛けたいと思っています。

今回、この研修会に携わって頂いたたくさんの関係機関、酪農家の皆さんへ深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。