観光スポット

2016 9月 27日

鉄道散策

旧手宮線

明治13年、小樽駅から小樽港がある手宮を結ぶ国鉄が運営していた手宮線。

道内で最初であり、国内でも3番目と言う古さを誇り、二年後には幌内まで延び、石炭を運ぶと言う当時の北海道の発展に重要な役割を担っていた鉄道です。

昭和60年、燃料が石炭から石油に代わる時代が訪れその役目を終え廃線。

現在も尚、旧手宮線として手宮から小樽駅前を通りすぎた、寿司屋通りまで保存されており、一部鉄道散策路として整備もされ、線路の上を実際に歩くことが出来る。

dsc_1015dsc_1010

年間にいくつかのレーンカーニバルが開催される。開催中はトロッコが運航されたり、楽しいイベントが盛りだくさんだとか。

dsc_1024

沿線には何ともユニークなお店も数々あり、その店構えを見るだけでも創造を掻き立てられます(笑)

dsc_1025

ノラも居ます。

私の連れて歩いている犬に警戒心全力

小樽の散歩飽きることがありません。

 

 

 

2016 9月 23日

小樽の夜

夜9時頃から、夜の犬の散歩タイム

ゆっくりとテクテク犬に合わせて歩くと30分かからずに小樽運河まで行く事が出来ます。我が家にいて30分も散歩することなんて皆無。目と鼻の先でも車移動が日常。すっかり歩くことに慣れました(笑)

dsc_0913dsc_0929

流石にこんな時間に運河を訪れる観光客はごくわずか。なかなか風情があって、素敵です。運河沿いのカフェやレストランでゆっくりしてみたいと思いつつも、ひたすら歩く私とワンちゃん。

dsc_0981

少し移動すると、小樽港。ちょうど新日本海フェリーが着いて、続々と車が下船しているところでした。

初めて間近に見るフェリーは大きくてビックリ。一度はちょっと贅沢な船旅も夢見て、またテクテクと。。。

dsc_0936

小樽の有名なお菓子屋「ルタオ」お店は閉店している時間だけれど、かなり遅くまでお店のライトアップされ、お店の前の広い広場はスケボーの練習をする若者で毎夜賑わっています。

dsc_0969

その他にも、歴史的建造物のライトアップが街のあちらこちらでされていて、夜遅い散歩も楽しくてなりません。

あっちこっちで立ち止まるので、ワンちゃんはペースを乱され迷惑そう(笑)

 

2016 7月 29日

ブルーベリー摘み

今週初め、友人と一年ぶりの再会。
落ち合ったのは名寄市。

いつも食事をして一日をおしゃべりで過ごしてしまうのだけれど、
今回は短時間に沢山、名寄を満喫しようと調べて出かけた。

昼食は、やはりはずせない「食工房 おると」さん
なかなかディナーの時間には行けないので、ランチにディナーメニューをムリに予約お願いして頂く。ディナーメニューでも¥1,600!
デザートだけでもこのお値段の価値あり!というほど、非常にリーズナブル、しかも美味しいし、野菜の種類が豊富なのが嬉しいのです。

昼食を済ませた後、この日、偶然に今年の開園が始まったばかりという、
ブルーベリー農園の「サンベリーむらおか」さんへ。

サンベリーむらおか
おるとさんから車でわずかに5分ほど。
国道40号線沿いに この赤いステキな倉庫が見える。

入園料¥500、時間無制限で食べ放題です。お持ち帰りは100g¥200♪
開園は早朝6時!から夕方6時まで
9月いっぱいぐらいまで楽しめるとの事です。

サンベリーむらおか3
園内はバークチップが敷かれ、綺麗に整備されていて、
品種も7~8種類 粒の大きさも小さいものから巨大粒のものまで様々。

早速 小さなかごを持って摘み取りながら食べ歩き♪ 初体験です。

サンベリーむらおか2
まるで葡萄の房のように大粒のブルーベリーが鈴なり♪ 我が家の木とは大違い。
ワクワクしてしまいます。
味も同じ品種でも木によって多少酸味に差があったりして、もう、食べるのも摘み取るのも友人ともにもう会話もせずに必死 笑

大きい粒のばかり摘み取るとすぐにかごがいっぱいになってしまうので、小さい粒のも。
大粒のはなんと親指の第一関節ぐらいのもあるの。もうブルーベリーという可愛いもんじゃない感じよ。

ブルーベリー園の回りにはぐるりと色とりどりの花壇も整備され、花の観賞も同時に出来るのがイイです。
この日名寄は30℃近くまで気温が上がっていて 暑っいこと!
汗だくだくになりながら、果実を頬張る私たちは無我夢中。倉庫に戻ると冷たい麦茶をご馳走してくれました。
美味しくて楽しくて大満足。

さて次は名寄天文台へプラネタリウムを見に。
小学校以来のプラネタリウム

星座の説明ばかりでは無くて、今は天文に関するステキなストーリーが上映されるんですね。もうビックリ。
知人教えてもらった天体アプリも早速ダウンロードして夜空を眺めてみると、今まで只の一等星?ぐらいにしか思って見ていなかった星が、金星だったり土星だったりしてることが分かって、これまたさらにビックリ。私って天文に関して何も知らないで過ごしていた事に、損していた気分になりました。

北海道の星空はどこで見ても綺麗。
星座にまつわる色々な伝説を知りつつ、見上げる星空は格別でしょうね。
是非に夜に国内で公開されている中で2番目に大きいという、名寄天台の望遠鏡を覗いて見たいものです。

天体望遠鏡ピリカ
天体望遠鏡ピリカ
北海道大学の所有の望遠鏡なんだそうです。何だかよく分からないけれど、スゴく大きい。望遠鏡って筒状になっているのかと思いきや、これは違うようです。

北大が名寄の天文台で天体研究をしていて、週末の夜、一般にも公開し、覗いて見る事が出来るそうですよ。

是非、星空に目を向けてみたいこの夏です。

 

 

2016 7月 11日

のんちゃんに会いに・・・

4月末、子ヤギを引き取ってくれた稚内に住むご夫婦のもとへ、ヤギの「のんちゃん」に会いに行ってきました。

お泊まりは豊富町の友人宅。
その友人と共に2日間を道北で過ごした。
そうです。私は3連チャンでエンジョイディを過ごすことに。遊びが過ぎますね 笑

道北行き前日の快晴のお天気とは打って変わって、どんより曇り空に加え雨予報。
大丈夫、私にとっては雨の日は吉日ですから 良い事があるに決まっています。

紋別からオホーツク海を北上し豊富町へはおよそ3時間。
朝7時出発、10時に友人宅到着。

餅カフェ我が家
友人オススメの餅カフェ「わが家」へ。
豊富町は豊富温泉で有名です。アトピー性皮膚炎に良く効く温泉として、全国から湯治客が絶えないところです。そんなこともあって町内には湯治客のためのシェアハウスも充実しています。
餅カフェわが家さんのオーナーの女性の方も、そんなアレルギー性皮膚炎の治療のためにここ豊富町に来て治療を重ね、とうとうこの地に移住され、アレルギー持ちの方に優しい食事を提供するこのカフェを開いたそうです。また女性のみですが豊富温泉に治療に来ている湯治客の長期滞在者も受入もしているそうなんです。
餅カフェ我が家2
雑穀ご飯にしょうがの効いたあんに塩麹の鶏の唐揚げがのったお昼ご飯。
こころも身体もホッとするような温かいご飯です。

店内はアンティークで落ち着きます。大きなテーブルを温泉に来ているという湯治客さんとシェアしながら、お互いに話しかけ合っての談笑はとっても楽しい。みんなお友達みたいです。

餅カフェ我が家3
餅カフェですからね、お餅デザートを頂きます。「餅ケーキ」

つきたてのお餅に小麦粉を混ぜて練って焼くそうで、お餅のパンケーキみたい♪
たっぷりの小豆煮がのってもっちりふわふわの美味しさです。

次は温泉に隣接しているスキー場のロッジに開設したばかりの「夏カフェ2016」へ
岡山県や兵庫県から豊富に来ている二組のご夫婦が期間限定で開設
湯治客のために朝7時半から開店しているの。
豊富夏カフェ2016
プレートの食事やデザートやドリンクが充実。
湯治客の散歩がてらの憩いのスペースですね。

さて、次は友人が関わっている酪農家さんの奥さんがこの秋、離農跡地の住宅でカフェを開く予定。まさに今、改装真っ最中のお店に連れて行ってくれた。
農家カフェMooMoo
店内は改装と飾り付けの同時進行状態でしたが、もうかなり進んでいる様子。
お菓子作りの大好きな酪農家の奥さん。念願のカフェを開くと言う事で、店内の大工仕事は全てご主人が全面的に協力ということで、この日もトイレをどうしようかと思案中のご主人が作業されていました。

奥様もさることながらご主人もとても温かく優しい方。とてもステキなご夫婦♡
私と同じ年頃。 まさに夢を叶えようと夫婦で邁進している姿を羨ましく目に映った。

農家カフェMooMoo2
開店はまだまだ先だけれど、何と突然伺ったのにも関わらず、ケーキとコーヒーを入れてご馳走してくれたの♪ 嬉し♡
農家カフェMooMoo3
そして友人がカフェオーナーの彼女にあらかじめ注文してくれて、お土産に用意してくれたシフォンケーキ2種。ふんわりもっちり、フォークを差し込むとジュワッと音が聞こえる程しっとりで美味しいんです。きっと人気の農家カフェになると思うわ。

なかなか、のんちゃんにまっすぐ会いに行けませんが・・・笑

雨も酷くなってきた夕方、のんちゃん宅に到着♪

実はのんちゃんの引取先は・・・昨年秋、伺った「六花の丘茶寮」を営むご夫婦だったのです。
時々、奥様からのんちゃんの引き取り後の様子をお知らせしてくれていました。それはそれは可愛がってくれている様子で、たぶん世界一幸せなヤギかもしれないと思うほどです。

六花の丘茶寮6
雨の日だったので特製のんちゃんハウスにいました。びっくりするほどの豪邸です。
お登り台や頭突き用の丸太 更にのんちゃんと自宅からスカイプできるモニターまで天井に設置されているんですよ。
のんちゃんはご夫婦を見ると大喜び、私の事はもうすっかり眼中にありません 笑
小さな角も6~7㎝伸びて、一廻りも二廻りも大きくなっていましたが、健康そのもの。毛ツヤも良く体毛も柔らかくて、まるで天使です。
のんちゃんに向けられているご夫婦の眼差しは、柔らかく温かでした。

六花の丘茶寮2六花の丘茶寮
のんちゃんの幸せ振りを見た後・・・貸し切りのお店で食事をご馳走に。

六花の丘茶寮4
六花の丘茶寮3
ステキな食器とセンスの良い食事の数々。
本当に美味しくて、食材の使い方に驚きと品が輝いてみえます。

静かであり、どこか凛としているしている空間。
そこに湛える穏やかな笑みのご夫婦。

がさつな自分の時間や空間、そしてこころに潤いが満ちる不思議な時を感じます。
これからも、のんちゃん宜しくお願いします。

 

のんちゃん宅を後に友人宅で2次会
初顔合わせの酪農家の奥さんも含めて4人で、アルコールレスで深夜12時半過ぎまで、話に花を咲かせ過ぎました。とかく同業者との会話は尽きる事がありません。逢った瞬間、知音の仲です。
床についてから、喉が枯れ気味で咳き込む私。その後は爆睡。
こんなに遅くまで寝ていた事無い時間 朝8時に起きてスッキリ。

遅いブランチ(烏骨鶏の卵がけご飯♪)を頂き、やっと初めて豊富温泉に入って夕方帰宅しました。

友人のお陰で沢山の場所と人々と会い話ができて本当に楽しかった。
友人は人と人を繋ぐ、結び人なんです。私にとっては大切な友です。ありがとう。

 

さて、まだまだ私のイベントは今後も予定がたくさんです。嬉しい事です。

 

 

 

2016 7月 08日

快晴のエンジョイデイ

先日、「雨の日曜日」と題したブログに登場した彼女と
紋別滞在中もう一度、北海道らしい晴れた日に遊びにお連れしようと連絡。

二つ返事でOK♪

この日、最高気温25℃以上の予報だったので、下界は暑すぎると・・・山へ向かう事に。
上川町の大雪森のガーデン

大雪森のガーデン
大雪山系にはまだ残雪。山から吹き下ろす風は涼を伴う。こんなに心地よく顔を撫で通り過ぎる様に思わず 北海道に住む私でさえ感嘆の息がこぼれてしまう。

大雪森のガーデン4
小高い丘に作られたドレスガーデン

大雪森のガーデン2
森の散策路に作られたテラス
木漏れ日の中、読書をしながら居眠りしたくなってしまう。

大雪森のガーデン3
あぁ~どこへ行っても何をしても 私は楽しそうだわね~ いえホント楽しいんです♪

ランチはこの雄大な大切山系を見ながら食事が出来るガーデン内にある、ミクニレストランで。

ミクニレストラン
ミクニレストラン2
景色と北海道食材のご馳走で目にも心も満たされた。

次は層雲峡へ向かう。

黒岳ロープウェイで5合目へ。
5合目は気温17℃ 涼しすぎます。お天気も快晴
ここのロープウェイは今回で私は3度目。前回この5合目でシマリスに会えたので期待してねと彼女に言ったのですが、会えず、更にリフトで7合目まで上がると見られるかもと現地の人に誘われて、初めてリフトで7合目まで上がって見た。夏山のリフトとっても気持ちが良いわ~。
ワクワクしてしまう♪

黒岳 黒岳2
リフトで上がっている途中、下を歩いている男性発見。

思わず何しているの~?とリフトの上から見下ろしながら、私たち声かけてみた。
そうしたら、お財布を探していると・・・・
あ~ら大変。 以後、私たちもずっとリフトの上からお財布がないかと気にしながらいると・・・見つけました♪ 緑色の小銭入れらしきもの。
流石にリフトから飛び降りて拾うことも出来ないので、リフトを降りたときに係のひとに、あり場所を知らせた。何だかいいことした気分。

7合目から先は黒岳山頂まで続く登山道のみ。
黒岳4
シマリス・・・会えるかと思いきや・・・今日はお休みだったみたい 笑

7合目は5合目より更に気温が低くって寒いぐらい。
それでもこんなにお天気が良くて、見渡すかぎり山々が美しく連なう景色は絶景です。

下界に降りて・・・下界はやはりちょっと汗ばむ気温。
そこで、また上川町に戻り、アイスパビリオンへお誘いした。
ココは紋別の流氷科学センター内にあるマイナス20℃の寒さ体験をするコーナーより、更に極寒のマイナス40℃のブリザードを体験できるところがあるので、暖かい所に住む彼女に一度は体験して貰いたくてね。
アイスパビリオンアイスパビリオン2
夏はココは最高に気持ちいいね♪
濡れたタオルがカチコンチン凍って棒状に。凍ったバナナで釘を打ったりする体験をしたりして、冬の紋別に再来するときのための寒さに対する予行準備です。

一日たっぷりと遊び、別れ際、来年今度は私が姫路へ行く事を約束して別れた。

また彼女と会える日を楽しみに。