2010 1月 18日

ニオイの話その2 「旅する匂い」

だかなぁ・・・ニオイの話ばかりでゴメンなさい。
私たちの生活空間は自宅ではなく
牛舎の16畳ほどの事務室。
布団以外のものは殆ど揃っていて、食事と寝る事以外はここで一日の作業以外の空き時間を過ごしている。
従って パソコン・書類・書籍など全てココにあります。
事務所では作業着のままでいる事はなく、靴もサンダルに履き替え、室内のニオイにもかなり気をつけていたはずでした。
私がまだ酪農という職業に就く前の若き頃、近所に酪農家があり、そこの人が来ると作業服のままではなくても、牧場のニオイがして、その人が持ってきた書類などにもしっかりそのニオイが染みついていて・・・
「だから!酪農はイヤ!」って思っていたのです。同じ農業をしていたのにもかかわらず、酪農に関しては論外的職業だった。
そんな論外的職業に引っ張られ、どっぷり浸かって23年。
染み込みましたね・・・笑
外出する時は、シャワーを浴びて外出着に着替えて、酪農家のニオイを漂わせない様にと努力してきたつもでした。
しかし・・・
遠くに離れて生活している息子に事務所で手紙を書いたり、ちょっとした荷物を梱包したりして送っていた。
すると、息子から・・・「しっかりニオイも送られてきているから〜」と
正直、すごくショックだった。
オーストラリアの弟夫婦の家族へクリスマスプレゼントをあれこれ箱に詰めて送ったのです。空便で送っても早くて1週間〜10日はかかります。
そして私たちの気持ちいっぱいのクリスマスプレゼントが届いたと電話が来ました。でもぉ〜 箱を開けたら牧場のニオイのプレゼントも入っていたそうで・・・・あ”〜ぁ〜 これまたショック・・・
あんなに独身時代イヤだったはずの牧場のニオイ
勝手にいろんなところへ旅してくれちゃって! それも海外にまで!
多分、たくさんのところへ私たちから届いた手紙にはもれなく香水?付きだったに違いありません。
匂いや香りを嗅ぐと急に昔の記憶を鮮明に思い出す効果があるそうです。なにやら、それを「プルースト効果」って言うそうです。
脳内で記憶や情動、感情を司る部位と臭覚を司る部位が非常に近いためニオイが記憶を刺激されやすいのだとか。臭覚の記憶は視覚や触覚の記憶よりもより感情を伴う記憶として残るそうなのです。
牧場のニオイを受け取った人によって「懐かしい」という気持ちで受けとるか・・・はたまた、「クサイニオイ」という嫌なイメージで再現されるか・・・
どう考えても、後者で取られるのが殆どよね・・・
自分も自分の牧場のニオイは気にならなくても、他の牧場のニオイは鼻に付いたりして悪い意味で気になったりするものです。
せめてニオイが勝手に旅しない様に、便せん・封筒は自宅に保管して書くようにします。
沢山の皆さん ご迷惑おかけしました。
また 牧場のイメージがニオイの悪い記憶で残らない様に(私みたいに)努力したいな。

2010 1月 16日

におい・匂い・ニオイ・臭い!

冬はいいねぇ〜
牛舎廻りの臭いが雪に埋もれ、雪が吸収してくれ実に臭いが気にならない季節である。
夏、子供達などが牧場体験に来て、バスから降りると真っ先に「うわぁ〜くさい!」と言って、鼻をつまむ子や鼻を覆う子が必ずと言っていいほどいる。
同じ市内の子供達でさえ、こんなに近くで酪農を営んでいる側に住んでいるのにもかかわらず、こういう現状である。致し方がないとも思う。
今の社会、良い「香り」だけが前を走り、従って、「クサイニオイ」はとかく汚いものとして倦厭される。家は機密性に優れ、トイレは水洗、毎日入浴し、日に何度も着替えたり・・・普段の生活の中で「クサイ」はあまり存在しなくなってきているのかもしれない。
加齢臭のオジサンでさえ「クサイ」の対象になってしまうのだから・・・
ホントかわいそうな時代。
第一、大人が「ニオイ」について間違った認識を持っているのかもしれない、「臭い=汚い」と言うことを知らず知らず子供に教えているのではないのでしょうか?
ニオイについて正しい知識をもっと教えるべきかもしれません。
牛乳の香りは牛のニオイ。
牛の身体の中で作られたものだから。
「酪農のニオイはお金のニオイ!」なーんて全然イイ表現とは言えない言い方をする酪農家もいるけど・・・
もっとちゃんと伝えたい嗅覚教育みたいなことがあるべきかもしれません。
だからと言って クサイニオイを放っておいて良いのではなく、努力すべきこと改善すべきことをやっての上でのことですけどね。
でもね、牧場体験に来た子供達は、最初はニオイに顔をしかめたりするけど、そのうちニオイなんかよりもっともっと興味や関心を引かされる事に夢中になり ニオイのことなんかすぐに慣れ忘れてしまう。
きっと体験をしているうちにニオイをちゃんと知らず知らず理解し受け入れてくれている証拠なんだと思う。
そこが、受け入れ牧場の醍醐味?
やったね!と思う瞬間かもしれない。
酪農のニオイは本当に一般家庭では体験の出来ないニオイに溢れているかもしれませんね。
サイレージのニオイも牛の糞尿のニオイもある意味強烈だもんねぇ〜。
「美味しい牛乳」って消費者にしてみれば信じがたいニオイから出来ているとも言えるのかもしれません。
理解すれば解る事、それを知って貰える様に伝えて行きたいですね。

2010 1月 15日

97歳

最長老、タケノばあちゃんの満97歳の誕生日
私たちの倍の人生を歩んできています。
炊事・洗濯・掃除・草取り、電化製品も難無く使いこなし、 週に2回のディサービスや寄り合いにも欠かさず出席。
外出も楽しいらしい。
耳も目も生活に全く支障なく、まだ、自宅の2階で寝起きしているため、日に何度も階段の上り下りも出来る。
実に健康で長寿を大生かしている。
私たち家族は ”ありがたい” の一言に尽きます。安心して仕事が出来るのもばあちゃんのお陰です。
年末の恒例行事、家族総出での餅つきにも ばあちゃんの役割はお供え餅の取り分けやあんこ餅の丸め役を欠かさずしてくれる。
小さくふっくらした手だけど人生のシワをしっかり刻んだ手で・・・
我が家のお餅はだから格別なんです。
色々な事が聞こえて来ても聞こえぬふりをして 
家庭平和にほっくりとしっかりと貢献していてくれるそんな存在。
ありがたいです。

2010 1月 11日

お金の性格

「お金」って寂しがり屋さんなんだって。
お金持ちにはお金が黙ってっても転がり込んでくるのは、お金が寂しがり屋だから仲間がたくさんいる所に集まってしまうからなんだって。
反対にお金のない貧乏なところには仲間がいないから近寄って来ないし、たとへ近寄って来てもすぐに仲間が沢山いるところに引っ越ししてしまうんだって。
本当の様な嘘の様な面白いお金の話を聞く機会がありました。
新春にお財布を新調すると良い。と言うのは「春」と「張る」の意味合わせからお財布が張るという意味で金運に恵まれるらしいですね。お財布の金運力も5年が限界らしく、5年に一度は新しい財布にした方が良いとも言われます。
新しいお財布を購入したら出来るだけ沢山のお金を最初に入れるのが良いそうです。そうすると入れただけのお金がそのお財布の力になるそうですよ。お財布を購入することは難しいことではありませんが、
たーくさん入れるお金が無いんですよね(笑)
そこで面白いことを考えた人がいました!
小林正観さんが作った「壱丁(兆)円札」
壱兆円の壱兆をお豆腐の一丁に例えた絵柄が入った金運のおまじないのお札なんです。
これを新しく購入したお財布に入れておくんです。そうすると本当のお金が少なくても壱兆円の財力を持ったお財布に変身するというもの。
本当でも嘘でも面白いし楽しいじゃないですか!お財布を開ける度にお金が無くても「クスッ」と笑みがこぼれてしまいませんか?
財布を開けてお金が入っていないからと言ってため息をついたり、
お金を渋々支払ってはいけないそうです。
お金を使う時は「ありがとう!また沢山の仲間を連れてこの財布に戻ってきてね」とお金に対し感謝と期待の気持ちを込めて使うとよいそうです。
人が顔を見てため息をつかれたり、いやいや何か言われたりすると気分を害するのと一緒なんですね!お金も!楽しく使わなくっちゃ、喜んで貰える様に使わなくっちゃ!
そうそう小銭・・・
小銭をないがしろにしていませんか?一円玉とか5円玉・・・邪魔くさい!な〜んて思っていませんか?
邪魔くさいと言って小銭を財布から抜いてポケットやタンスの引き出しに入れたり、何かの瓶に溜め込んだり・・・していませんか?
1万円札の子供が小銭なんですって。言わば一万円札が親なんです。
親が我が子を他人にないがしろにされたら怒りますよね!子供は子供の役割がある訳けで一円は一円の役割をしっかり果たしてあげる様にちゃんと使ってあげないと1万円札は怒るそうです。怒ると・・・どうなるか・・・想像してみて下さい。
一円玉といえお金としての役割をちゃんと果たせる訳けなんです。
果たせてあげましょう。と・・・言う事でした!
「お金を大切に使う」ってこういう事なんですね。
ちょっとイイお話し聞いたので、沢山の人に教えてあげたくなりました。
皆さんにも金運が訪れますように♪

2010 1月 03日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
年末・年始大荒れのオホーツク海側。
ゆっくりお正月気分も味わえず 明けても暮れても除雪。
2日にはボロ育成舎の屋根の雪下ろしと身体中筋肉疲労に見舞われドッと疲れ果てた丑年の幕開け。
やっと今日になって久しぶりの日差しを浴びて新年を迎えた気分に浸っています。
今年は12年ぶりの丑年。
酪農が脚光を浴びる一年にさせたいものです。世の中、派遣切りなどと雇用不況の渦の中、第一次産業にはまだまだ雇用の余裕は沢山。
金の職業だと思うのですけどね。ふっふっふっ。
些細な事で怒ったりわめいたりしない牛・・・
牛がどっしり、ゆったりと食べて寝るだけを仕事として生活出来る様に
私たちは牛をサポートしてゆかなくてはね。
四つ足をしっかり地に付き、軽快に歩ける経営をしたいものです。
えっ?今の我が家? かなり跛行気味かしらね・・・・跛行スコア3!
これってかなり危険でしょう? 笑
笑っている場合じゃないです。
かなりガッチリ経営治療しなくては!
ともあれ、足下を見直しつつ、元気に明るく今年一年も頑張っていきます。どうぞ、これからもホームページ共々よろしくお願い致します。
そして、皆様にもご多幸がたくさん降り注ぎますように