2010 3月 21日

天然酵母パンとクリームチーズ

本日、台風並の暴風!
吹くって言うもんじゃーありません。我が家のハッチもまたやられました。
こんな日に峠をひとつ越えた遠軽町白滝の奥にある知る人ぞと知るパン屋さんへ。
月にたった1日しかお店でパンを買う事が出来ないのです。
たった1日と聞いただけで「わくわく度」急上昇になりませんか?
それなのに この暴風!
もう何日も前からこの日を楽しみにしていたので、暴風にめげず、友人の軽自動車で「吹っ飛ばれそう〜」と冷や汗を掻きながら 「食べたい!」という一心で買いに出かけました。
食いしん坊はある意味。。。命知らずになることも (笑)
お店は「パン酵房 fu−sora」
自分の手で麦を栽培し、その麦を焼く分だけ自家製粉してパンにしているという。使われている酵母もその土地の山で取った山葡萄で起こした8年ものの酵母というのです。麦は無農薬、無肥料の完全自然農法。 
凄すぎるパン屋さんです。
そんじゃそこらのパンとはかなり違います。びっくりするのは重さ。
多分、天然酵母のパンとして売っているパンの2倍ぐらいあるかと思われる重さがあり、表面は固いけれど中はとてもしっとりもっちり。
麦の力強さ、香りが全然ちがう。 ここのパンを食べてしまうと・・・他のパンが食べられなくなっちゃう。種類も豊富。
このパンに合うのが 滝上町の「月のチーズ」というクリームチーズです。これがまた すごく美味しいんだなぁ〜♪♪♪
毎朝 近所の酪農家に搾乳に行き、自ら搾った牛乳を分けてもらい、クリームチーズ作りをしているというこだわりのチーズ職人です。
作るチーズはクリームチーズのみ。
プレーン、グリーンペッパー、ハスカップ&ハニー、ハーブ&ギョウジャニンニクの4種類 どれも格別!
fu−soraさんのパンと月村さんの「月のチーズ」で食べるとわずか3切れ程でもお腹満足 幸せいっぱいの気分になります。
帰り道 白滝の街の真ん中にあるお肉屋さんに・・・
「白楊舎」という精肉・加工食肉を販売しているお店。そこのハムやソーセージが美味しいとのこと。
買ってきました!ソーセージ!太っくて重くってジューシー 
息子達に大絶賛。
峠ひとつ超えた(車で1時間弱)身近なところにこんな美味しいお店があるなんてね〜 紋別界隈、捨てたモンじゃないわ