2010 8月 01日

オホーツクマルシェ

「オホーツクマルシェ2010inオムサロ」が近くで開催されていたので行ってみた。
我が家から車で15分程の所にある、オムサロ原生花園にあるオムサロネイチャービューセンターを会場に、オホーツク圏内の市町村から12店舗が出店
出店数は少ないけれど結構な人で賑わっていました。

マルシェとはフランス語で「市、市場」の意味
地元の取れた食材や加工品を改めて、マルシェとして集まると結構知らなかったものが沢山。
韃靼そばのコロッケ(揚げたてアツアツ美味しかった)とか、今、流行りの食べるラー油の海鮮バージョン(ホタテやカニの具材がたっぷり入っているもの)とかビートの糖蜜とか・・・いっぱい!
その商品に対する加工の苦労話や熱い思いなど聞かされながら お店を食べ歩き(勿論、試食も含めて)するのは 結構楽しい。これぞ「食」と「交流」
スーパーじゃ得られない面白さですね。
なんたって地元産の小麦と言ったっていったい何て言う品種なのか?どこがどう違うのか?全く知らないのが現実(お恥ずかしいけど)
そんなこんな話を聞きながら 改めてオホーツクの食材にいとおしさを感じつつ・・
ついつい買い物袋もお腹もいっぱいになってしまう。
と・・・満面の笑みで手を振る人が・・・
あ”〜〜〜いた!いたぁ〜! 食いしん坊Yちゃん!
地元の農家のおばちゃん達の野菜販売のお手伝いに来ていたとのこと。
もう私が行った頃には完売寸前だった。

外のテントでは石窯で手作りピザの実演販売。
地元の小麦のピザ生地にチーズと新鮮海産物がいっぱいの豪華シーフードの石窯ピザが
大好評でした。オホーツク盛りだくさんの贅沢ピザですね〜
この石窯・・・是非 欲しい! 自分で作れそう?かな???
今年のオホーツクマルシェは2回目 今後も違うオホーツク地区で開催されるそう。
5月にも札幌で開催された札幌マルシェにも偶然出くわし見てきたけれどホント ユニークな加工品や美味しい物がいっぱい。
北海道再発見を楽しむのに最高です。 そんじゃそこらのお土産屋さんに売っていないお土産にベストですね!