2010 9月 10日

収穫前調査

飼料用トウモロコシ、通称デントコーンの収穫前調査を行いました。その様子を紹介しましょう。
先ず、草丈(穂の付け根までの長さ)、次に着雌穂高(地面から何㎝の所に実が着いているか)。
今年は、播種してから低温が続いて、急激な気温上昇により8月上旬にさっさと穂が出て「結実モード」に突入でした。普通はそこからあまり伸びないのに、余りの高温に後押しされどんどん背が高くなったのでした。
畑全体を見渡すと「豊作」感が有りますが、調べてみると「平年並み」でした。
草丈平均250㎝、着雌穂高平均84㎝。丈が高い割に重さは軽く、1本平均600g。


実もきっちり入っている所をみると、受粉時期に目立ったトラブル(長雨とか低温など)は無かった事が確認できます。

今年の新兵器(らしい)「スーパー茎汁絞り器」で、地面から少し上の部分からサンプル汁を取り出す。

糖の含量を調べる。良いサイレージを作るには、たくさんの糖分が必要です。

硝酸態窒素(余分な窒素)を計測する。あまりに多いとサイレージの味も落ち、牛の健康にも影響する。

実をこんな風に切ってみると、少しずつ白くデンプン化してるのが分かる。現在「黄熟初期〜中期」。収穫適期まであと10〜15日でしょうか。

調査の最中に、田村牧場公認野菜泥棒さん登場。
「なにやってんの?」
「デントコーンの調査」
「なに調べるの?」
「長さとか栄養状態とか調べて、堆肥は多くなかったか?発育は順調か?今現在の状態から予測するとこんなサイレージになるんじゃないか?発酵を上手く行かせるためにこんな調整をしたら良いんじゃないか?とかを検討してる」
「へ〜〜!!堆肥余ったからその辺(畑)にドバーーっと撒いて、種植えれば勝手に大きくなって、それをガーーっと収穫してるんだと思ってた。そんなことしてるの!?」
予想以上に感心されちゃいました。
知ってもらえた嬉しさ半分、いい加減な仕事だと思われていた淋しさ半分の複雑な気持ちでした(笑)
ともあれ、今月いっぱい台風が来ない事を切に祈るばかりです。