2010 10月 05日

わんこそば

いきなり「わんこそば」って・・・なんだ!?って?
「わんこそば」ですよ。
わんこそば大会の様子見た事ありますか?スゴイですよね〜
どーしてあんなに次々と食べられるものか?と関心してしまう。
食べる人も感心するけど、そばを給仕するひと!
あれはお見事です! あのテンポと間髪入れない蕎麦給仕は はぁ〜と変なところに私、関心してしまう。

ふと気付いた! わんこそばと酪農 共通点が見えた!
またまたおかしな事いうと思っているでしょう?
それは・・・「エサ寄せ」の技術です。
牛が「おかわり」欲しいなぁ〜と思わせない、この間髪入れない給仕(エサ寄せ)が、一口も二口も余計に食べさす技なんだよなぁ〜 って思いました。
エサの山に穴が空いたらすぐにどんどん少しでもエサを寄せて 牛がもう食べられないとエサ場から離れるまで寄せ続けるといいんだよね。
わんこそば的給仕方法だね!
それがだ・・・一度 エサをどっとやると畜主はしばらく安心だとばかりに・・・
オレも昼食♪昼休み♪に入ってしまう。 たっぷり1〜2時間・・・
その間・・・牛達はエサが届かないよ〜とか、おかわり欲しいのに・・・
あ〜あ〜  と・・・腹八分目ぐらいで諦めてベットで仕方なくお昼寝・・・
たっぷり食べて、腹をさすりながらお昼休みして来た畜主は牛舎へ・・・
エサが牛から遠い所に残っているのを見て おもむろにエサ寄せ・・・
今頃、 おかわりどう?って言われたって 遅いっ!つうの!って
牛は横目でその様子をチラリを見て 立つ気にもなれず、ひたすら寝てみせる。
畜主はそれを見て お〜お〜やっぱり腹一杯食べたんだっ!って・・・何か勘違いしていることが多いんじゃないのかな?
牛に腹一杯お給仕してから 自分は食事・休憩しなくっちゃいかんね。
ちょっと反省すべき点です。痛たたっ。(汗)