2010 10月 12日

観楓会


10日、大学時代の気の置けない友人夫婦と4人、数年振りに逢いサロマ湖畔のホテルで一夜を飲み明かした。ホテルで一泊したのはコレが初めて。
卒業後もう28年の年月が流れ、その間に逢う事があったのはほんの数回。
お互い歳を取ったものの、あの大学時代の時の性格・精神は全く変わらず、笑えた。
生憎の雨模様のお天気でサロマ湖に沈む夕陽も見られなったけれど、見られなかったというより、外の景色を窓からゆっくり眺める事もないぐらい、話に花が咲いていた。
仕事の事、家族・子供の事、夫婦の老後?などなど 話題は逢う度に老後に関する事にウエイトが大きくなっていく。気が付けば子育ても終盤、50歳目前。
人生色々山有り谷有り、一喜一憂の中にいる各々の思いを語るには一夜ではもの足りない。
語りきれない、聞ききれない事があるから次回の再会の日が楽しみなのかもしれない。
「また 今度!」と宿を後にした帰路には紅葉が進んだ山並み・・ 目にも心も晴れやかな気分だった。
色々有ったけれど・・・今が一番いい。と思える日々の生活をしたい。