2010 11月 09日

秋期管理共励会

一年に2回 春と秋に「酪農管理共励審査会」と称して牛舎環境の衛生審査がある。
審査員はJA職員・普及センター。組合員全戸巡回し審査する。
年に2度の気合いを入れた大掃除となる。
審査内容も多岐にわたり、牛舎・搾乳室・搾乳機器の衛生管理・清掃状態はもちろん牛舎環境(道路整備やゴミ・廃プラの放置が無いかどうか)、伝染病予防措置としての消毒槽の設置状況、ポジティブリストの記録がきちんと記帳されているかの記録状況の確認など・・・150点満点で評価される。
普段から気をつけているつもりでも掃除し始めたらキリがない。
スタッフSちゃんと手分けして1週間前から大がかりにすす払い・窓ふきから始まり、審査直前まであっちこっち拭き掃除に専念。結構 大変なこっちゃです。
社長? 全くノータッチ!
遠巻きに「準備終わったかぁ〜?完璧かぁ〜?」と影の声のみ・・・

審査が終わると ドーッと脱力感いっぱいになってしまう。
こんなこともなければ すす払いもなかなか出来ないし、パイプラインをピッカピッカに拭き上げることもないし・・・ 家の大掃除より気合いが入ります。
この春と秋の審査結果と年間の乳質結果(乳成分・生菌・体細胞・耐熱菌?もだったかな?)を総合して優秀な牧場は表彰されます。
たむら牧場・・・未だかつて 最優秀牧場にはなったことがありません。
乳質関係で減点ポイントが・・・
一年を通して 本当に牛の健康を維持していかないと難しいものがあります。
ともあれ綺麗になった牛舎はとても気持ちがいい!
牛舎だけは大掃除を終えて 早くも年越し気分かな?(笑)