2010 12月 06日

口蹄疫

宮崎県での口蹄疫の終息宣言が出て4ヶ月あまり・・・
少しずつ復興に向けて明るい動きが見えてきたばかり。
しかしながらすぐ隣の韓国では、今年1月に口蹄疫が発生し6月に終息宣言がでたばかりだったが先月11月に再度発生。
またいつ火の粉が日本に降りかかってくるのでは・・・と思わずにはいられない。
先月購入した本をやっと読む事が出来た。
畜産市長の「口蹄疫」130日の闘い 
     宮崎県西都市長 橋田 和実 編著

この本は口蹄疫渦中の西都市長が自ら書いた本です。
橋田氏は地元西都市畜産農家の長男として生まれ 小さい頃から牛と接し、宮崎県家畜登録会勤務、宮崎県議員 JA西都理事などを経て平成17年西都市長に就任
県の人工授精師協会会長や家畜改良事業団理事なども務めることから、「畜産市長」の名で親しまれるほど畜産界には明るいひとである。
今年4月20日都農町で最初の口蹄疫発覚からその感染はもの凄い勢いで他の市町に広まり
西都市には一ヶ月後の5月21日感染農家が発覚。
西都市長自ら口蹄疫対策本部長として130日間の壮絶な闘いを生々しく伝えている一冊です。
消毒作業、ワクチン接種、殺処分・・・そして復興へと・・・農家、行政、地域住民、口蹄疫殺処分に関わる獣医や関係機関とあらとあらゆるやり取り・・・撃ちはだかる感情と対応・・・決してマスコミの報道には流れない影の流れ・・・
農家のやりきれない思い・・・などなど・・・
涙なくして読み切れません。

畜産市長と呼ばれるひとだからこそ 畜産農家の一軒一軒の顔と生活が浮かぶ・・・
農家も誰よりも市長を頼りにしているところが或る故に 苦渋の決断を下さなくてはならない現実。
今思えば29万頭という膨大な牛や豚が殺処分されてしまったけれど 感染を宮崎県内で封じ込めてくれたという事実は日本の畜産界から賞讃されるにふさわしい壮絶な努力の賜だった思わざるを得ない。
いつしか 口蹄疫が風化されることなく 今後の対策の糧として生かされることを願いたい。私たち畜産農家が明るく営農できるように・・・
畜産関係のみならず 一般消費者にも是非読んで理解して頂けたらと切に願います。
口蹄疫撲滅に献身的に尽力されたたくさんの関係者に深く深く感謝したい。