2010 12月 15日

終活

就活、婚活、離活・・・そして今や「終活」
「終活」って人生最後の日を迎えるための準備のことらしい。
遺言ともちょと違う。
お葬式はどうしたいか、お墓のこと 戒名のこと、生前に自分の遺影を好きな服を着て一番いい表情で写しておく等々・・・
最後の日のために自分の意志を残しておくための準備。
高齢化が進んでいる現在 驚くようなビジネスがこの背景に広がっている。
生前葬なんていうことをするひとまでいるらしい。
生前葬を行うホテルまでもあるとか・・・
ちょっと話は逸れるけれど、離婚式なんてのもあって、最後の二人共同作業が結婚指輪を潰す儀式だそうですよ。
変な世の中?っていうのでしょうか・・・
先日、テレビの番組で身寄りのないホームレス同然の病人を受け入れているホスピスの話題があった。最後の時を寄り添ってあげたい・・・という一心でご夫婦がスタッフと共に切り盛りしてるこのホスピス。
人生最初から一人きりじゃなかったはず・・・いつしか家族とも別れ・・・ひとりぼっちにならざるを得ない現状・・・過去には辛かった事も苦しかった事も楽しかった事もたくさんあったはずの人生・・・けれど最後は孤独死という悲しい現実を迎えなければならない人達が大勢いる。。。なんて辛い世の中なんだろう。
この人達に終活なんて出来ないけれど このホスピスに来られた人達は本当に幸せだったかもしれない。
ホスピスを運営している奥さんが亡くなった人を前に「お疲れ様・・・ありがとう」って言葉を掛けて最後を見送るのです。
「人」という字は二本の棒(ひと)が寄り添って出来ているそう・・・
最後の時まで寄り添ってくれるひとがいる幸せをこの番組を見てしみじみ感じた。

牛も同じ気持ちかな・・・
野生動物は本能的に死を感じると群れから離れてひとり死を迎えるとか・・・
愛玩動物はやはり飼い主に見守られたいと思うのかな?
牧場から牛がいなくなる日・・・
それはもちろん死亡したとき。生きていても病気・怪我などで牛乳の生産を出来なくなった時、妊娠できなくなった時など理由はいろいろ・・・
ともあれ、いなくなる日まで働いてくれたことに
「お疲れ様、ありがとう」の気持ちはせめて忘れてはいけないと思う。

終活・・・あなたなら どうします?