2011 2月 15日

隣町からの訪問

昨日午前中 隣町から若い酪農青年(30代)とそこで働く農場スタッフ(20代)男女2名の3人で訪れてくれた。
12日のチェイス氏の訪問があった午後から暴風雪だったため、改めて掃除などの準備も出来ないまま・・・除雪も中途半端だった・・・あ”〜
我が家のDairyDiaryをいつも読んでくれているらしく、視察に来る以前にウチの事情は全てお見通し? ある意味緊張する
哺育育成が見たいという要望だった。
哺育育成をすべてまかされてるという若いスタッフ達
じーっくりと自分たちの哺育している仔牛たちとの違いを見ているようだった。
カーフジャケットを着せているので実際の体格の違いなどはわかりにくかったかもしれないね。

我が家の育成舎・・・古いタイストール牛舎(すでに天井があっちこっち穴が開いていてまるでゴーストハウス状態)、陽の当たらない 実にさぶーい牛舎。
厳冬期の今でも窓・扉は昼夜問わず開けっ放し! っていうか・・・締めたい日があっても閉まらないのが現状とも言える。
そんな牛舎で暮らす育成達を見て・・・この冬に体毛が短いとの感想を述べてくれた。
嬉しい着眼♪ 仔牛や育成牛は湿度が高い環境だったり、体毛が濡れている時間が長かったり(湿気や雨や雪)すると長くなるみたいなんです。
特に哺育牛の敷料がいつもベシャベシャだと腹部の毛がかなり長くなると聞いた事がある。
これはやはり体温を維持するための現象なんでしょうね。
どのステージの牛舎であっても、換気・乾燥は一番大切なことかもしれませんね。
若い酪農青年は酪農環境整備において「見られる酪農」にかなり関心を持っているみたい。
彼のこれからの夢も聞く事が出来た。すばらしい!
いつも 見られる酪農を意識して環境整備を少しずつみんなが進めていく事で、地域全体の酪農環境も良くなりイメージもアップできる。従って 明るく元気な産業として魅力溢れるものになるに違いない。 是非に頑張って欲しい! 頼もしいな〜♪こんな話を聞けるなんて嬉しい♪
私たちも・・・改めて・・・色々な人に・・・見られているんだ・・・と再認識ガンバろ
しゃちょー曰く、はまなす通りでの夜の課外授業はいつでもOK!らしいですよ(笑)