2011 4月 13日

スゴイよ!コレ

毎年、毎年 頭を悩ませていた「ねずみ」
バンカーサイロがネズミの住みかになってしまう。
密閉されていなければならないビニールは穴だらけ。
一冬超すと驚く程の穴に唖然としてしまう。
穴が開くと中のサイレージが腐ってしまう。
どんなにビニールを穴を開けない様に、カラスに突っつかれない様にしても
結局はネズミに穴を開けられ サイレージとビニールの間はまるで迷路のような
ネズミの通り道になっている。
従って 表面はかなりの深さでエサは腐れ 大量に廃棄しなければならなかった。
もちろん、過去にはネズミ対策に有効とされる金網やネズミよけのロープを張り巡らしたり色々やってみたけれど 全く コレと言って効果無し。
いくら猫を飼っても ネズミはいっこうに減らない。
そこへ昨年春、友人のN牧場さんのところでやっているというネズミ対策を聞きつけ、
すぐに実行!
何たって 簡単!
太い塩ビ管を片側だけ塞ぎ、中に殺鼠剤を入れて、バンカーの登り口のヘリに数カ所置くだけ。

冬を越して雪が溶けて、バンカーのビニールを見廻りに言ったところ・・・
スンゴイ! 全く ネズミの開けた穴がひとつもない!

驚きの効果です。
N牧場さんに感謝!感謝!
塩ビ管や殺鼠剤の初期投資なんて、大量のサイレージを廃棄すること考えたら 微々たるものです。こんな効果抜群なんて〜と信じられないほど。
毎年、バンカーにエサを取りに行くと・・崩れてきたエサと一緒になってネズミも落ちてくる訳。
寅年の私・・・猫的人間、 目がキラリと光り、すぐさまスキットローダから飛び降りて ねずみ確保に走る!走る!
見つけたネズミは90%の確率で生け捕り。勿論 道具は何も使わず「手」と「足」のみ!
捕まえたら、猫に「ほーら♪おもちゃだよ〜、エサだよ〜♪」って持って行くのですが、ちょっとネズミが大きいと猫の方が怯んで まったく喜んでくれない。
そんなことも今年は一度も無かった・・・
私の中の猫的本能が退化しそうですが(笑)
ともあれ この方法は今のところ、右に出る仕掛けはありませんね。スバラシイ!
実はN牧場さんに教えてもらって 自分ちだけ美味しい思いをしようとこっそりやっていたのですが・・・ どことからともなく 情報を聞きつけ見に来る人がいたりして・・・かなり この辺りで実践している農家さんが増えているみたい。
是非、ネズミに困っている酪農家さん、実践してみてくださいね。
N牧場さんはネズミ対策の救世主です。ありがとう〜♪♪♪