2011 5月 24日

若き酪農家

たむら牧場には、嬉しい事に色々な人が来てくれる。JAマンやNOSAI職員の方々は勿論、飼料・資材の営業マンの方々。
そして、年に数回あるのは「牛舎見せて」という視察。事前に連絡をもらうのに「いつでもハイどうぞ」と言うわけにはいかない。普段、ま・いいかと言う所も掃除し、パーラーもピカピカにする。女性が化粧をする様に、はたまたお姉さん達に嫌われないために着替えて飲みに行く様に準備をする。
しかし、「実習(研修)」となると、そんな準備では隠しきれない。数時間ではなく、数日とか数週間になるから。そうなるとこちらで出来る準備はただ1つ「何でも見てって」という覚悟だけ。高校や大学の単位のためだったり、純粋に体験してみたかったり、中学校の職業体験だったりする。そして、かなりプレッシャーになるのは、「現役酪農家」の実習。
現役なのだから、「休暇」を取って来る訳で・・・つまりリスクを背負って来てまで得る物が果たしてあるのか?はなはだ疑問である。「花とカメラ好きなオバチャンとスケベノンベのオッチャンが居ただけだった」ってな事にならないのか・・・・と。
22日から2泊3日で浜頓別「太陽ふぁーむ」からスタッフK君がやって来た。
哺育育成を担当している25歳。ん〜若い!自分の25歳を思い出しつつK君と過した。癇癪玉みたいに父親と喧嘩しながらだった自分に比べると、随分と落ち着いていて、正論を見極めようとする姿勢は羨ましく思えた。
丁度デントコーン播種の真っ最中なので、しっかり「労働」してもらうつもりだったのに、滞在中は雨・雨・あめ・・・・。なので、隣町の育成牧場を見せてもらいに行ったりした。(N澤さんFEFスタッフの方々有り難うございました)
哺育育成って事は、福社長の聖域。なので自分は高みの見物、対岸の火事(ちょっと違うかな?)、日和見順慶状態(全然違うな!笑)
1日に10頭前後の哺乳牛を扱うたむら牧場と50〜100頭の相手をする太陽ふぁーむでは、こちらの常識はそちらの非常識になる事もあり、方法論が全く通用しない事項もある。そんな時大事なのは、「仕事の目的を明確にする事」。方法は、目的達成のためにあるものだから。
K君帰還後、本人や太陽ふぁーむ社長さん、紹介者の普及員さんから丁寧に報告を頂きました。ほんのちょっぴりでもお役に立てたなら幸いです。
1番草が終わった頃、今度は逆に奇襲に行こうかなぁ。
ズルズルだらしない日々を過ごし、この日記は6月8日に書いていますが、なにか・・・・)

2011 5月 19日

木工作業

デントコーンの共同播種作業真っ最中。
現在 我が家のをやっているところ。
今日で2日目、明日には我が家の分は終了予定。でもまだまだこの先続きます。
5月も今日はすでに19日、桜もやっと満開。
ずーっと寒かったので 冬用ハッチから夏仕様に出来ないまま・・・昨日までズルズルと・・・過ごしてきたけれど流石に衣替え作業に入った。
カーフハッチの中に置いてあるスノコ。
古いのはもう20年ぐらい使っているものもあって 板が歯抜けになったり、腐ったりして
いよいよ作り替える気持ちに気合いが入り、スタッフSちゃんと制作に取りかかり、
丸ノコ・電動ドライバーをチョチョイのチョイと使いこなしながら制作中。
なんでもやるオバサン達。

日よけ・雨よけのテントまで設置したりして快適作業。
スノコの板の厚さ・スノコの高さなどコレまでの使用経験から割り出して、丈夫さと快適性を求めて作ってみた。スノコの高さコレが結構、重要だったりする。
低いのはやはりダメ、効果半減。
これでまた暫くは仔牛も快適でしょう。

2011 5月 14日

カフェへ

5月もはや半ば。
裏山は相変わらず青くなってこない。
桜もやっと膨らみはじめ 咲き始めた枝が少し見える。
12日より共同でのデントコーンの播種作業が始まったものの、非常に寒い。
加えて13日、14日と雨、みぞれ予報とのことで外仕事にならないので、
急きょ 遠くで頑張っている農業女性と旭川のカフェで会う事になって昨日出かけてきました。
峠はまだ残雪が多く、ふきのとうもまだ小さくて可愛いし、
峠の麓にはまだ青くならない茶色い山肌にまるで花火が上がった様に白いコブシの花が
点在して見えてとても美しかった。
今回は旭川市、神楽岡公園近くの「カフェ・セバスチャン」で待ち合わせ。
旭川は紋別から高速道路が整備され、とても私にとっては身近な隣町感覚で出かけられるようになった。

旭川市内はすでに桜は満開状態でとても華やいで見えた。
久し振りに彼女とあってお互いの近況報告。
いつものことながら あっという間。
自分も歳を重ねる毎に 昔の自分もそれなりにその時は一生懸命だったと思うけれど、
振り返れば そんなささいなことで・・・と、むきになっていたなぁと笑える自分がある。
でも、それは過ぎ去って思う事で、その時はわからないもの。
だって精いっぱいその時は頑張っているんだものね。
私も随分と年上の人にたくさん諭されて来たんだったけ・・・年上の人って本当に有り難い存在だと思う。
何かにぶち当たるとその時の言葉がふと思い出される。その時初めてその意味が理解出来る。時間がかかることもすごく多いし、わからないで終わってしまうことも多いかも。
でも、沢山の人と接しようとする姿勢はやはりこの先、自分の支えになることは間違いないはず。自分のこれから・・・まだまだどんな道が続くやら・・・・
行き当たりばったりの自分の人生だけど 楽しみたいものです。
このカフェの一押しランチは「ハンバーグ」
週3日間だけ、それも1日10食のみ!という絶品ハンバーグという噂。
一度食べてみたかったぁ〜

いや!いや!スゴク美味しかった
普段はハンバーグを食べよう!なって絶対に思わない自分ですが、口コミの評価の高さに
思わず食べてみたくなり、しかも、「限定」なんて言われちゃうと益々期待が膨らんでしまう訳なんです。
流石に開店から入って3時間半みっちり居ましたから、ハンバーグだけはなく他にも色々、食べて飲みました。
ブルーオブロンドンっていう美味しいアールグレイの紅茶
ティーポットにしっかりキルトポットカバーがかけてあり、 差し湯も付いていて何杯でも楽しめるようになっていて最高。
モカパフェも!

中にクラッシュコーヒーゼリーも入っていて美味しかった
大人のパフェです。
ふと気付けばもう帰らなくてはならない時間
せっかく自家焙煎のカフェなのにコーヒーを飲む時間がなくなってしまった。
ここにはアートカフェラテを作ってくれるそうで・・・
なーんだか後ろ髪を引かれる思いで渋々帰路に・・・
次は必ずコーヒーを飲みに来よう!

2011 5月 13日

夏のサービス

夏にはかなり早いけれど・・・
メイの涼しい夏のサービス!

         お化けだぞぉ〜

2011 5月 11日

非常事態! SOS!

久し振りに 明るい爽やかな朝を迎えた。
牛舎への出勤途中でヤギのメイを今日の勤務先へ移動。
途中 牛舎を横目で見ると何故か牛が総立ちになっている・・・
何でだろ? きっとメイを連れて歩いているせいだ!と思いこみ 
事務所で朝のコーヒータイム。
定刻、社長は牛舎へ牛を移動しに・・・私はパーラーで搾乳準備を始めていた。
社長が慌てて戻ってきた!
「牛が逃げているみたいだ」っていうので搾乳準備も途中で辞め 牛舎に行ってみると・・・エサ通路に点々と落ちている牛のウンチ。
牛が総立ちになっていたのは脱走している牛がいたせいだとこの時、納得。

いつものことながら エサ場のネックレールから牛が出てしまったんだぁ・・・
しかし・・・・ 逃げているはずの牛が見当たらない。
牛舎周りや近くの畑に目をやってもいない。
きっと、また 出た所からきっと戻ったに違いない!(スゴク楽観的な私)
搾乳すれば 戻っているかどうか頭数がわかるから とりあえず搾乳始めるわ!と
私はパーラーに戻り搾乳開始。
ところがしばらくして社長、血相を変えて戻ってきた。
「尿溜めに牛が落ちている!」って
血の気が引いた・・・
よりによって 牛の糞尿を溜めてあるコンクリートの大きな溜めの中に
数日前までデントコーン畑に糞尿を散布して 取り出し口の蓋を閉めていなかったのが大きな原因。
それにしても その取り出し口の大きさは1.5m×2.0m
深さは2m。どうして、こんな穴から落ちるかなぁ〜
すでに糞尿も1.2〜1.3mはその溜には溜まっていた。
普通なら溜の中は有毒ガスが発生していて そこに落ちれば即、死に至るはず。
しかし、やっと首だけ糞尿から出して立っていられるみたいで、生きていた。
新しい糞尿だからまだ発酵していなくガスが発生していなかったのだろうか?
過去にはこのような事態に陥って牛を助けようとして 人が尿溜に入って死亡する事故が
数多くある。死を伴う危険な救出作業。
社長は すぐさま その溜に機械をいれて隣の溜に糞尿を移動させ糞尿を減らし、
溜の中にガスが無いかろうそくに火をつけて 溜の中に入れ念入りに調査。
ガスがあれば火が消えるらしい。
とりあえず 火は消えない様なので 恐る恐る梯子を掛けて中に入り 牛を吊り上げるための器具を牛に装着。
牛も相当観念しているみたいで 実におとなしくしてくれ、無事、吊り上げ準備完了。

トラクターのフロントローダーでゆっくり吊り上げ
見事 牛も人も無事に救出!

あ〜〜〜〜 ホント 良かったぁ〜 良かったぁ〜
生きていたなんてホント奇跡だった
この牛、先月23日に分娩したばかりの初産牛。
糞まみれになって 「運」がいっぱい付いたかもね。 ある意味、楽しみ!
さすがに、このままじゃ可愛そうなので、洗車機で洗って 牛舎に戻しました。
やれ。やれ。
生きて無事助けられたから良かったものの・・・
そうじゃなかったら・・・笑えない。
酪農家のみなさん 本当に本当に気をつけてね。