2011 6月 13日

初体験

異常なほど寒かった5月。
桜の開花も遅れ、農作業も遅れ・・・
気が付けば6月・・・少しお天気が良かったと思ったらここへ来て
毎日夕方になると雷雨だったり、まとまった雨が降り 空は曇天続き・・・
まだまだこの悪天候来週中頃まで続きそう。
それでも新緑は目に優しく輝かしい。
庭の花も少しずつ咲き始め 毎日悪天候でも 庭へ足を運ぶのが楽しみ。
雨の合間をぬっては花植えや草取りに腰や膝が痛いのも忘れ夢中。(お陰ですっかり日記の更新もサボリモード)
さて、ここ数年続いている、実家のファミリー旅行(両親と妹)。
今年は東神楽町の温泉で1泊2日を過ごしてきた。

「森のゆ 花神楽」という温泉
廻りにはキャンプ場や池があったりととっても長閑なところ
何故か遊ぶ時だけは絶好のお天気に恵まれ 少々暑すぎる感があった。
ココで初体験。
ロビー横にある足湯 「シルクの足湯」と書かれています。
足湯に小さな魚がいっぱい。
この魚・・・なんと ドクターフィッシュと呼ばれる「ガラ・ルファ」という西アジアから中近東に生息するコイ科の淡水漁で、人の肌の古い角質を食べてくれる性質から皮膚病の治療に用いられているんだとか。
早速 足を入れてみた。
とっさにわんさかわんさか魚が集まってきて 足に食い付いて来ます。
痛くはないのですが、なにせ くすぐったい!こしょばい!もじょこい!
人一倍 足の裏がくすぐったく感じる私は思わずギャ〜ァ〜とかやめてぇ〜とか、わめきたいのを必死に歯を食いしばって耐えるのにいささか疲れ果てました。
足の指の間に頭を突っ込んで来られると・・・それはそれは耐えがたいくすぐったさです。
身体の大きな魚は口もデカく食べ方も豪快なので 強くご遠慮願いたかった。

まるでおばあちゃんの様なかかとや足の裏の自分・・・
シルクのようなつるつるな足になるためと、耐える事15分。
足の指の間に魚が入らない様にと必死に力を入れて硬直状態だった足先の力も抜く事ができ、リラックス出来る様になった。
ふと廻りを見ると たくさんの魚がたかっている人、少ししかたかっていない人がいるのです。あ・・・たくさんたかっている人はきっと角質が多い人なんだって・・・
綺麗なつるつるな足の人は魚の餌になる角質がないから少ないんだって思ったわ。
私・・・当然 こんなに寄ってこなくていいから!って思うほど 真っ黒な魚だかり!(笑)

それでも、宿泊中、3回もドクターフィッシュさんに私の足食べてもらったら、ホント!驚くほど足がツルツルになってビックリしました。
クリームも何も付けなくてもこんなに肌が良くなるなんてね。
毎日 ドクターフィッシュのお世話になりたいくらい。
それにしても・・・お魚さん達・・・お腹壊さないのかしらね。
帰宅後もしばらく、足の裏にあの魚に食べられている感触が続き 変な感じでした。
面白くも疲れた初体験! また行こっと。