2011 7月 08日

高齢出産

高齢出産・・・昔は30歳を過ぎて初めてのこどもを産むとカルテにマル高のハンコが押され高齢出産って言われていたけれど、今は35歳を過ぎると高齢出産と言われるらしい。
だんだん結婚が遅くなって子供を産む年齢も高くなっているのは確か。
でも歳が進むほど出産や胎児に対するリスクも高くなってくるのは統計上避けられないみたい。
我が家の牛の初産分娩は平均23ヶ月。
私的には25ヶ月を過ぎると・・・高齢出産域に突入イメージになる。
余談ですが、私は23歳で第1子を出産。
翌年第2子出産! 実に年1産!さすが若かった! 牛の世界でも年1産させるのはムツカシイ。
第3子は1年空けて、第4子はかなり私も歳を取り身体に疲れが出てきたせいか第3子から明けること3年で最後の出産となった。この時31歳。
なかなかの繁殖成績と自負している。しかし・・・産乳量的には即刻陶太対象!と牛なら言われるほど母乳は出なかったわ。(笑)
本題に戻って〜
7月8日、我が家の問題牛の分娩があった。
この牛、H21.1.27生まれ、初産分娩に至るまで実に30ヶ月もかかった。
紛れもなく「高齢出産」

昨年夏、妊娠鑑定で+だったのにも関わらず、秋に再び発情が来てそれから更に10ヶ月の月日が経ち いつの間にか30ヶ月に。
当然 身体は経産牛と互角の大きさ。 乳房もそれなりにデカイ。
他の初産牛にはかなりの遅れをとったけれど、産乳量でカバーしてくれるものだと大きく期待していた。そして、今月 初の乳量検定。分娩後16日目。
な〜んと 期待を裏切っての22.9kg ショボ過ぎ[[pict:ase]] 酷くガッカリした・・・
飯喰い泥棒っていうやつでしょうか?随分と育成経費かかったんですけど・・・
でも分娩は安産だったし、しかもメスが誕生
二産目に期待して・・・様子を見るしかないですね。
写真の牛が高齢出産牛。
「私だって好きで高齢になったわけじゃないわ!」って言ってます(笑)