2011 7月 18日

削蹄と永井氏の訪問

今日は今年2回目の定期削蹄の日。
たむら牧場は北見の片山削蹄所さんに全頭、年に3回削蹄をお願いしている。
総勢12名のスタッフが早朝、7時半前には到着し8時から3台の削蹄枠を使って削蹄開始。
午後4時前には全頭終了。
1日で全約120数頭の480本余りの爪を削蹄することになる。


社長以外は全員20〜30代の若く威勢のいい青年ばかり。
挨拶もピカイチ!毎回、気持ちよく大きな声で挨拶を欠かさない。
削蹄の腕もかなりです。
指導級の資格を持っている人、一級削蹄師の資格を持っている人がズラリ
チームワークも素晴らしい。
削蹄を見ていて感動したことがあった。
牛を繋留していたロープを外したら びゅーんとロープを投げるんです。
そうすると、必ず牛のストールのパイプに必ず架かって、牛床に落ちたりしないんです。
見事、百発百中!素晴らしい!驚いた!職人技だわ!

今日、偶然、昨年11月に酪農振興会の酪農セミナーの講師として講演を頂いた永井氏が訪問。JAあしょろから現在は釧路農協連に転職されている。
旭川方面へ個人的に農場訪問された帰り道 立ち寄ってくれた。
ひょいと立ち寄って頂けるなんて、なんて嬉しいこと!
一緒に削蹄の様子やバンカーのねずみ対策についていろいろ見て行かれた。

お昼は恒例の大焼肉会!
若いスタッフ達は毎回、おのおのお弁当やカップラーメンを車内で昼食を食べている。
そんな光景を見ると オバチャンは悲しくてならない。
暑い7月の最中の削蹄・・・暑く・クソまみれになる仕事なのに申し訳けない。
そんな思いから・・・
年に1回だけでも 昼食をご馳走してあげたいと思った。
以来、若者にはやっぱり「焼肉!」と思い
私たち夫婦とスタッフSちゃんを交えて 焼肉をしている。
今回は永井さんと我が家の栄養士さんも交えて総勢17名!
人数が多いと楽しいね〜〜〜
もちろん 午後からも削蹄作業はあるので飲み物はノンアルコールビール!
相変わらず、蹄病が減らない
削蹄後はピンクの包帯を巻かれた足がいっぱい。
色々あれこれ努力しても ムズカシイもんだわ。
なーにか画期的な予防策・治療ないもんかしらね〜
削蹄スタッフのみなさん ご苦労様でした。