2011 11月 18日

山へ・・・

我が家の飼料庫に春から住み着いているたぬき・・・
毎夜毎夜 廃棄乳を飲みに来ていた。
どうせ捨てる牛乳ならいくらでもどーぞ!と好きにさせていた。
ここ数日寒くなって 牛舎の扉、窓など全部締め切って帰宅していたが・・・
毎朝 処理室の大きなサッシの引き戸が必ず開いていた・・・
犯人は 例の「たぬき」
扉を開けてまで入ってくるなんて・・・と驚いた。
朝、冷え込みが厳しくなって処理室の水道などが凍ってしまっては大変と今度は扉が開かない様にません棒をして帰宅した・・・
流石に扉は開いていなかったけれど 確かにタヌキが来て牛乳を飲んだ形跡があった・・・
どうやら、猫が出入りする壁の鉄板のめくれ上がった隙間から入ってきたらしい。
なかなかタヌキもやるなぁ〜と関心して・・・
仕方が無いから 昨夜はそこの穴もブロックや大きな石で塞いで帰宅。
ところが・・・
そのブロックや石の横から穴を掘って進入!
けれど、そこからは牛乳のある処理室までは扉を2枚開けなくてはならず、その最後のドアに施錠して置いた。
流石のタヌキもムリだったみたい。
しかし・・・・やってくれました。
たぬきは牛乳を飲めなかった腹いせに・・・
私達の作業長靴を手当たり次第 かじってかじって メチャメチャにしてあった

もう 流石に温厚な私も許せません。
なんとか捕獲したいと思って朝の作業をしていたら・・・
昨夜 牛乳が飲めなくてお腹をすかしたタヌキ・・・朝から処理室に登場!
全く人を警戒しないこのたぬき・・・ 簡単に捕獲できちゃった。

大ばあちゃんがタヌキを見た事がないと言っていたので、さっそく見せてあげ堪能してもらった。良かったわ!喜んでもらえて。
さて、このたぬき・・・・ いよいよ山に帰って貰います。
たくましく山で生きてね〜 バイバイ!