2011 11月 30日

パーラーの防寒対策

いよいよ冬本番。寒くなり、空気が冷たい。
顔も手も足も・・・年々寒さが身にしみる歳となり、外や雪の中をはしゃぎ廻りたい気分にはどうやってもなれない。猫が暖かいところを必死に探して丸くなる気分がよく分かる。
こんなにも寒くなってもヤギ達は毎日恒例の午後の自由時間が欲しくて山羊小屋の中から必死に「出せぇ〜出せぇ〜」とばかりに鳴き・・・・
外に出してあげても たいして食べる物もなく、夏の間 目もくれなかった芝草を必死に食べて歩き満足している。
朝夕の搾乳しているパーラー内も寒い。
我が家のパーラーは牛の待機室との間の壁が全面上に上がるようになっていて、夏はとても涼しく快適なんだけれど、冬は些か寒すぎて、水が凍ってしまうほど。
そこで、スーパーのバックヤードと店内の出入り口の境目に掛かっているビニールののれんの様なカーテンを下げています。牛はそれを鼻先でひょいとかわして入ってくる。
牛にとってはある日突然、そのカーテンが掛かり、待機室からパーラー内が見えなくなる訳で、毎年カーテンを掛けた初日は躊躇して入って来ないのでは・・・と思うのですが、カーテンを経験している牛達は全く問題なく入って来る。意外にも知らない初産牛たちもその流れの勢いで入って来る事も多く 目立ってトラブルがない。
 
真剣な寒さが来るまではこれでしばらく寒さを凌ぐことができる。
それでも耐えられなくなると パーラー内にジェットヒーターを焚き暖を取っている。
コレを焚く様になるとパーラー内は反対に常夏状態。
もうちょっと 中間的な暖房があれば良いんですけど。
でも寒いより暖かいにこしたことはありませんからね。
冬の間、一番快適作業は「搾乳」! もう、暖かい場所での作業ですから最高にイイ!
出来る事ならずーっと搾乳していたいと思う程。
反対に屋外のカーフハッチの哺乳作業が一番地獄・・・
毎日 天国と地獄を行ったり来たり・・・ホント 大変。