2011 12月 18日

冬の仔牛たち

冬、分娩直後の仔牛にはかなり厳しい季節です。
乾乳中の管理も上手く出来て、安産だったお母さん牛なら、どんなに寒い夜でも任せておいて大丈夫。産んだらすかさず起き上がり、胎液でぬれて振るえている仔牛を舐めて舐めて・・・・綺麗に水気を取って、添い寝をして湯たんぽ代わりになって体温を保持しておいてくれます。
しかし、分娩牛全頭がそんなに上手くいく訳が無く、お助けマン登場です。
たむら牧場の「冬の対処法」はこんな感じです・・・・。分娩に立ち会えた仔牛は、全頭この処置を受けます。いやでも。
①分娩房から濡れた仔牛を略奪(?)して来ます。お湯が出る所へ移動してきて全身洗います。

②ブラシを使い、熱すぎないお湯(たぶん40℃強ぐらい)で、胎液のヌルヌルがキレイに取れるまで洗い流します。脇の下、腹の下、肛門の周りは乾きづらい箇所なので、特に気を入れて洗います。

③そして乾かします。まず、バスタオル7〜8枚で水気を取ります。
タオルで擦ることが、親牛が仔牛を舐めるという行動と同じことで、仔牛の臓器の活性化に繋がり初乳の飲みや初乳の免疫の吸収力も良くなるとか・・・とにかく拭くと言うよりも擦れ〜!らしい。

④タオルドライがしっかり出来たら、乾いた場所(古い布団とか毛布の上)へ移動し、ドライヤーを当てます。業務用の最強のドライヤーが欲しい!と福社長・・・②の乾きづらい箇所は入念に完全に乾かします。


⑤体内へ直通している唯一の場所である「臍の緒」をヨード液で消毒。

⑥数日後に塗る「除角用クリーム」(♀のみ)の為に、角の周りをバリカンで刈っておきます。

⑦必ず個体識別のイヤタグもこの時に着けちゃいます。

⑧写真取り損ないましたが、プレミアムな初乳を飲ませます。
⑨去年から始めたネックウォーマーを被せ、カーフジャケットを着せて完了。
 即、寝わらたっぷりの屋外のカーフハッチに移動。

わーーーー大変そう。
良くやるわー。
と聞こえてきそうですが、福社長曰く、
ここで手を掛ける事で、この後の病気から仔牛を守り、健やかに(もしくはそれ以上に)成長させる事が出来る。そうです。
哺乳中の仔牛を獣医さんに診てもらうことが、1年に1〜2頭しかいない。という事実はその証明になるかも知れません。
この冬の分娩予定・・・・あと30頭だ!!
ガンバレ福社長〜           あれっ??

2011 12月 11日

シュトレン

12月・・・クリスマスはすぐそこですね
毎年この時季になると食べたくなる・・・というよりこの時季にしか食べられないクリスマスのパン「シュトレン」
今年は遠軽町白滝の「fu−sora」さんという自分で麦を植え、粉を挽き、パンを焼いている小さなパン屋さんから購入。
年に数回ネットで注文して購入するのだけど・・・いつも箱を開けるのが楽しみ。
箱を開けると・・・

松の枝にリボンが・・・クリスマスです。
夏の終わりに注文したときは ここにホップのドライフラワーが・・・・
とっても嬉しいサプライズです。
30代後半ぐらいのご夫婦なのかな?そのご夫婦の温かさが包装に感じられます。

中にも注文したシュトレンの他に・・・フィンランドの伝統的なクリスマスオーナメントの「ヒンメリ」をfu−soraさんの麦藁で手作りされたものが入っていました。
ほっくり心が温まります。

fu−soraさんの温かい気持ちと一緒に美味しいシュトレン少しずつ切って味わうことにします。

クリスマスはすぐそこ・・・ 皆さんもクリスマス準備楽しんで下さいね。

2011 12月 10日

居酒屋で・・・

先月帯広での酪農セミナーに参加したときの事。
朝9時から夕方6時までの講義から解放され、夜の飲み会は実に開放的で楽しい!
年に一度 この時にしか会えない人達も多く、その人達とこぞって夜の街に出かけるのは最高。
セミナー2日目の夜 総勢12名程で居酒屋へ繰り出した。
酪農家、エサ会社、普及員などの楽しい面々。
ビールで乾〜杯!!と声高らかにジョッキーを掲げたと思ったら・・・・

さぁ〜始めるぞ!の一言。
なんと!居酒屋で我が家のエサ設計の検討会が繰り広げられた。
我が家の栄養士・・・おもむろに鞄の中からパソコンを取り出し、CPMという飼料設計ソフトを立ち上げ我が家の設計データーを開き始めた。
私も持参してきた乳検データーを広げ・・・ あ〜〜まるで「まな板の鯉」状態。
エサ設計にたけている人達の厳しい目が・・・・ビール片手にその設計の数字を追う
死ぬまでビール〜!!!などと叫び楽しく飲みながら、改善点などを沢山のアドバイスをしてくれ、お陰で私は酔うどころではなく 居酒屋ならぬ光景とその中にいる自分の状況にただただ驚いていた。
同席していた大御所の酪農家さんはその様子をとても温かな目で見てくれ、「酪農は楽しいだろ」って私に呟いた。
本当にとてもありがたいこと。こんなに沢山の人に囲まれているたむら牧場、幸せです。
後日、100%取り入れるのは難しいけれど、この居酒屋で出来たエサ設計をもとに只今実行中。結果が出ると嬉しいな。
本当に協力してくれた沢山の方々ありがとうございました。
居酒屋エサ設計会・・・深夜1時まで続き・・・翌朝のセミナーはかなり厳しい体力状況に追い込まれていた自分です(笑)

2011 12月 08日

新築牛舎見学

今日は普及員と一緒にご近所の完成間近の牛舎を見学に出かけた。
今月中には稼働予定の5軒共同による法人経営、500頭規模の牧場。

我がJAオホーツクはまなすには500頭規模の法人経営がこれで3牧場目になる。
50ピットのロータリーパーラー


なにせ おっきい!全てに於いてハイテク。
我が家のヘリングボーンのパーラーはかなりアナログとしか言いようがないぐらい、今のパーラー、個体管理システムは進んでいる。
もう・・・ へぇ〜 ほぉ〜 すごーい! としか出る言葉がない。

飼槽のレジコンもたっぷりの幅で塗ってあるし、繁殖グループには連動スタンチョン、秘乳後期グループには1本レールと工夫もされている。

牛の歩く通路は全面ゴムマットが敷かれている。羨ましい〜
ベットも快適そうな作りになっている。
でも・・・扇風機の位置が・・・ちょっと気になる・・・
もうじき稼働開始・・・不安もいっぱいだけれど、楽しみだろうなぁ〜
みんな頑張ってね!

2011 12月 05日

TDL

先週末2泊3日で、たむら牧場の慰安旅行でスタッフSちゃんファミリーを連れてTDLに行って着ました。
TDN(可消化養分総量)じゃないよ!
TDL(東京ディズニーランド)です。
Sちゃんファミリーはディズニーランドも初めてなら飛行機搭乗も初めてということもあって、一大イベントとなりました。
・・・という私も飛行機には数回乗った事はあれどTDLは初めて・・・
2泊3日の移動行程から宿泊先、飛行機の予約などなど全て自分がプランを立てなければなないのは初めての経験。恥ずかしながら、一人で東京にも行った事がないわけで・・・
もう私自身もはらはらドキドキ。インターネットを駆使してすべてオリジナルで計画を立て行って来ました。
本当は4月に行く予定で全て準備万端整えてその日を待っていましたが、3月の震災の影響でディズニーランドの再開がいつになるのかわからない状態でしたので、あえなく中止。(結局、行く予定の日が開園再開日だった・・・)
今回はリベンジかけて夏から計画立手直して準備万端。
しかし・・・お天気は東京は雨予報・・・ついてません。
帰宅する日も北海道は暴風雪予報・・・
無事飛行機が飛ぶのかも当日まで心配だった。
日頃 こーんなに働いている私達・・・これってどういうわけ?
と・・・ちょっとブルーな気分で出発〜
おやっ。羽田について雨降ってな〜い!
ちょっと女神が微笑んでくれた気がした。

夜6時から入れるチケットで初日はディズニーシーへ。
水上ショーはもの凄く派手で圧巻視してしまった。素晴らしい!の一言に尽きた。
雨は降っていないものの風が強くかなり寒かった。
それでも 訳も分からず閉園までの10時まで必死に歩き廻って楽しんだぁ。
ホテル・・・予約した4ベットの部屋・・・
超グレードアップしてくれ、最上階のキッズスィートという広〜くて、可愛い部屋を利用させてくれ、女神がまたまた微笑んでくれたわ〜とテンション上がりまくり。子供達大喜び!
でもね、早朝、千葉で震度4の地震・・・最上階ということもあってかなり揺れた。
紋別に住んでいると地震はほとんど体験しない。ある意味、サプライズだったかもと想い出になった。
朝からかなりの強雨。レインコートと傘をさして1日ランドで過ごす事に。土曜日だけれど雨だから、入場者は少ないと思っていたけれど全然。人気のアトラクションはすべて1時間半待ち・・・覚悟はしていったけれど流石に田舎者には辛すぎる待ち時間・・・
夢の国とは言え 待ち時間は地獄だね〜。
雨もながーい待ち時間の間にお昼前には止み、暖かに。
クリスマスパレードも沿道の最前列で見られ楽しかったぁ〜ホント感動するわ。

夢の国での夢の時間はあーっという間に過ぎて・・・
退園しなくてはならない時間に・・・

帰りの飛行機も北海道は雪だったけれど、遅れもなく無事運航。
帰宅後すぐに夜の搾乳をしている自分が変だった。
さっきまで夢の国にいたはずなんだけど・・・・
何故にここで搾乳しているんだろ?って まるでシンデレラよね〜(笑)
ともあれ、無事にみんなで楽しんで帰って来られことに 私・・・一安心!
さっ。今年もあと残りわずか・・・経理もしなくちゃならんし、分娩は多いし、
やる事は山の様。 雪崩の様にはなかなか片づくこともなく。。。
時間を詰めて 急がなくっちゃー。