2012 3月 11日

凍傷

ここ数年・・・1月2月生まれの仔牛
耳が凍傷になり、落ちて短くなってしまいます。

耳標を打ったあたりから先が生後一ヶ月ごろ・・・耳先がなんだかひっからびて来て・・・
そのうちポロリと落ちてしまう。
毎年極寒時期に生まれる仔牛、1〜2頭ほどこんな風になる・・・
でも今年はとても多い。
1月2月生まれの子が殆ど凍傷
昨年もいて、今年はこんな事が無いようにとキチンと耳先まで乾かしてハッチに移動していたはずなのに・・・
この冬はやはり寒かったのかな・・・・
こんな「耳なし芳市」みたいな「耳なし芳ッ子ちゃん」 
ちょっと可愛そう。

この子も片耳落ちてしまっている
2年前の1月に生まれた耳なし芳ッ子ちゃん この1月に初分娩したけれど・・・
後ろ2本の乳頭も凍傷にかかっていて 一本ダメになってしまった・・・
小さい時に凍傷にかかった牛は大きくなっても凍傷にかかりやすいのかな・・・
我が家の乾乳舎 フリーバーンで過密・・・寝わら入れてもすぐにビチョビチョになるのがいけないと言うのはわかっているけれど、他の牛はこんな事にはならないのよね。
もしもそうだったら・・・今年の耳なし芳ッ子ちゃんたちが分娩する2年後・・・
考えただけでもゾッとする。
2年後の冬が暖かい事を祈るしかない。