2012 3月 23日

ひょっこり

午後・・・ひょっこり牧場を訪問してきた青年
昨年5月、たった3日間だけだったけれど、道北から我が家に実習に入った酪農青年I君が突然顔を出してくれた。
今日は仕事が休みと言う事で遥々立ち寄ってくれたみたい。10ヶ月ぶり。
まさしく春の様な笑顔のI君の訪問に 夕方の搾乳ギリギリまで話に花が咲き楽しい時間を過ごした。
彼は大きな牧場の哺乳担当
我が家に来るまでは仔牛の事故も多く悩んでいたそう
実習後 彼なりに色々な情報や技術を持ち帰り、たいそう成果を上げ場長にドヤ顔を見せたらしい(笑   なんとも嬉しい報告です。
それより何より 彼の行動力
殆ど持ち帰った情報や技術を即実践しているという、その行動力がスゴイ!
実習を受け入れた介があったというもの
そして彼なりにアレンジを加え、更に色々な情報を収集して自分の牧場にあったものにしていくなど大したものです。
現在 哺乳頭数は50頭以上 一人でそれもボトルで哺乳しているとの事
私・・・とても・・・マネ出来ません

こんな頼もしい青年 
彼の話を聞いているだけで 明るい酪農の未来が見えてくる
私ものほほ〜んとしてはいられない気分になり、なんだか 私の方がお尻を叩かれている気がしたわ。何故か焦る
ずっと慌ただしくバタバタしていて寒い3月に 春の風が迷い込んできたような温かさを運んできてくれたI君だった。
そうそう・・・牛舎のトイレ・・・
実はベィビーピンクの小さいイルミネーション(常点)をトイレ内に施している
I君・・・何故かコレがヒットしたらしく 感動していた
彼なら・・・きっと コレ・・・実践するかも・・・ちょっと妖しいでしょ〜(笑