2012 7月 30日

おばちゃんず的な女子会

真夏日から解放された日曜日
一気に気温急降下。
最高気温16℃と肌寒い一日となった。
「生き返るぅ〜」と思ったのもつかの間
今日はほどほどに気温上昇。
夏なんだからこんなぐらいはね。喜ばなくっちゃ!
開園して2年目のオホーツクラベンダー園
満開の時期を少し過ぎた頃になってしまいましたが、まだまだ綺麗でした。


海の見えるラベンダー畑はとてもステキです。
なんたって海の風がちょっとひんやり、富良野の様にひたすら暑いということがないのがいいですね〜。規模にはかないませんが、紋別の良さを感じられるラベンダー園です。
さぁ〜今日のお昼はおばちゃんず的な女子会(笑
市内のイタリアンのお店「クアトロ」にて。
実は日曜日まで紋別港祭りで今日はお店を休みにする予定だったんだとか。。。
だけど、私達メンバーの中に強力な隠れオーナー的な人がいて、、
ランチに2千円でも3千円でも払うから!と、無理矢理 シェフに頼み倒してお店を開けて貰っちゃったんです。
さすが おばちゃん的?なのかな(笑
この女子会(おばちゃんでも年寄りでも一応女性ですから女子会!決して老人会ではない!)
私達の地域で一番最初に簿記会が発足したときのメンバーがほとんど。
今では退会したひとがほとんどだけど、当時 お互いに励まし合いながら電卓と戦ってきた戦友的な間柄。 なんとも離れがたい存在なんです。普段は隣近所でもほとんど行き来しないけれど、食事会だけにはみんな顔をそろえてくれる仲間なんです。
今回は本当に2年ぶりぐらいの食事会
ランチタイムの3時間びっしり話に花が咲く。
おばちゃん的笑い声がお店に響き渡る。。。。
楽しかったぁ。

今回のクアトロさん
ランチタイムはパスタとピザとドルチェのみの営業なのですが、
隠れオーナー・・・ 夜メニューも頼み込んで特別に作って頂いた。
タコのカルパッチョ、ささみとウズラの卵の燻製、ピザ、鶏の軟骨の唐揚げ、マッシュルームのパスタ、豚バラ肉のトマト煮込み、サクラマスのフライ、カタラーナ、ソフトドリンクetc.
スゴイでしょ。さすが、押しも胃袋もおばちゃん級です。
上の画像はフライの料理
甘酢あんをベースにしたサクラマスのフライ。フライの上には溶けたチーズとタルタルソースがかかり、オニオンスライスとパプリカのトッピング。何とも素敵で美味しい一品でしたぁ〜
クアトロシェフさん 本当にご無理を申し上げたうえに美味しい料理の数々・・・
本当にありがとうございました。

2012 7月 28日

伸びる!のびる!

あ”〜っつい夏!到来
やっぱり どんなに寒くてもちゃんと暑い夏はやって来るものです。
真夏日前後の気温が続いています。
それでも寝苦しい夜はそんなになく 夜や明け方は15℃前後で快適。
お陰で 高温大好きなデントコーンがグングン丈を伸ばしています。

2ヶ月前に植えた種は今では私の背丈を超えるまでに成長
広ーいデントコーン畑は、まるでざわわ〜ざわわ〜の唄が脳裏をよぎる風景で壮大な感じ
暑さで真っ先に伸びるのは動物たち
中でもネコは真っ先
処理室に置かれている繁殖台帳や諸々の書類を蹴散らして
露わな格好で伸びてひたすら寝ている

山羊も!
ムコドノ・・・もう既にあっちくてあっちくて、向こうの世界に行っているかのよう・・・(笑

同じ動物の中でも一番暑熱対策をされている舎内で過ごす牛でも・・・

と・・・言っています
みんな暑さに伸びてます。
わたし?・・・水もの冷たいもの、暑さを乗り切るため沢山たべなくっちゃと・・・・
パンツのゴムが伸びているぐらいなもんでしょうか(笑!
でも本州はもっともっと暑いとのこと 35℃〜38℃なんてざらな毎日だとか・・・
恐ろしく暑そう。暑さの質がまるで違うらしいです・・・想像も体験したくありません。
北海道で良かったと・・・いつも夏は思う。
短い北海道の夏 暑さを楽しまなくてどうする!ってな勢いで過ごしたいものですね。

2012 7月 27日

オフ会

私は二つのオフ会を持っている
春4月には道北の酪農女性の方とそして今回は道央の酪農女性と
どちらも年一回とても楽しみで大切なオフ会
今日もかなり暑い一日
そんな中、エアコンの効いた車で旭川市内まで。
プラタナス並木がすばらしい神楽岡公園の横にあるリストランテ「ジャルディーノ」
が今日のオフ会場所。

素敵な庭を眺めながら食事が楽しめる。
なかなか予約なしではランチを食べる事が出来ないらしい。
スタッフが時折、庭に出てハーブを摘み取ってくる。冷たい水はハーブウォーター。

水牛のモッツアレラと生ハム・完熟トマトのサラダ

渡り蟹のクリームソースのフィトチーネ
これ!絶品でした。

スタッフさんが○×△♪※●と説明してくれたドルチェですが・・・
聞き取れなかった、要はフルーツのコンポートにジェラードがのったもの
オフ会の相手は私よりずっと年下。
こんな年下の女性から誘ってもらえるなんて嬉しい!
遠く京都から酪農家に嫁がれてまだ10年にも満たない。
そんな彼女の活躍振りは目を見張るものがある。
仕事も外交もものすごくアクティブ。ただただ関心してしまう。
彼女のその話を聞いているだけで 自分の知らない世界を感じる事が出来て楽しくなる。
私も随分と出歩いているけれど、彼女のわずかな年月の中での奥の深さには到底比較のできるものではない。
でも裏には苦悩も人以上に抱えてることも確か。でもそれを受け止めつつ頑張っている姿は輝きが違う。
こんな若い酪農女性がどんどん増えることを願わずにはいられない。
自分の地域でもこんな女性がリーダーになってくれれば きっと変わるはず。
その原石はきっと有るに違いない。それを発掘するのが私達年配酪農家の仕事なのかも知れないとつくづく彼女を見て思った。

2012 7月 23日

指導農業士研修会

オホーツク管内指導農業士・農業士下記研修会に参加するため、朝からしゃちょーはお出かけ。
今年は紋別が受け持ち地域で滝上町の農業生産法人(株)グレーンバレー(酪農)と三島農場(畑作)が視察先だったらしい。
管内から関係者61名の参加者と大所帯。
出先のしゃちょーからお昼過ぎメールが入った
「2時半頃 たむら牧場に急きょ、立ち寄ることになったから!滞在時間10分!」と・・・・
げぇ〜っ!!!マジですか?
研修会の日程には入ってないし!
っていうか・・・こんなことってありなの?滞在時間10分ってなによ!
冷やかしでしょ!
しゃちょーいい顔しすぎじゃん!って思いつつも時間がない
慌ててスタッフSちゃんに芝刈って〜!!!と頼み
私はバタバタと見えるところの片付け
焦ること 焦ること もうこういうのイヤだから!
定刻、大型バスと後続車が続々と・・・・
中には数人の女性指導農業者の方々の姿も・・・
しゃちょーと親交の深い方々が皆さん 私にご挨拶に来てくれるのですが・・・
わざと私に芝を刈っているスタッフSちゃんを指さして あの人が田村君の奥さん?って聞く 心の中でが・・・笑
皆さんおのおの庭を歩いたり、山羊を見にいったり、牛舎を見に行ったりとわずかな時間を蜘蛛の子を散らすような状況だった。
中でも一番の注目の的は芝刈り機だったみたい。
ちょうどSちゃんはまだ芝刈りの真っ最中
その様子をみて、かなり興味を持たれていたみたい。
いや、可愛いSちゃんだったからかもしれないな!(笑 

そして滞在時間15分後には嵐が去ったぁ〜
ふぅ〜

2012 7月 21日

花喰われる!

しゃちょーのペット・・・
毎日 オヤジペーターは山羊のメイとムコドノの朝の仕事場へ出勤させるのと
夕方、山羊小屋へ戻すために2匹を移動させる。
朝から暑かった1番牧草の時期は朝の現場への出勤を酷く嫌がっていた。
山羊も暑いのは嫌いらしい。
山羊小屋の扉を開けても 奥のふかふかの麦わらのベットから全く立ち上がって来ない。
「メ〜イ!メ〜イ!仕事の時間!」と言ってもさーっぱり・・・
何度も呼びかけているウチに ふと 立ち上がろうとしてはみるものの、やっぱり立ち上がるのを止めて みっともない顔をしてあくびをし始める。
まったく やる気がないこの態度。
なおも呼びかける。
そうすると仕方なく立ち上がって・・・やっと出口に向かってくるかと思いきや・・・
おしっことうんち・・・
まったくこちらの気長な忍耐が必要です。
やっとのこと・・・出口に向かってやってくる。
首輪に移動用のロープを付けて草を食べて貰う現場にしぶしぶ移動させられる。
ムコドノと言えば・・・メイの行くところならどこへども付いてくる
ムコドノはメイが命! メイの姿が見えないと居ても立ってもいられない程泣き叫ぶほどメイは大切な存在らしい。
かなり面倒くさい男です!(笑)
山羊小屋のすぐ後ろには・・・
現在 一季咲きのクレマチスが見事に満開の季節を迎えている。
先日・・・・
オヤジペーターがいつものように山羊を小屋から出したところ・・・
下の画像の状態に・・・

2匹とも満開のクレマチスに頭を突っ込み 花も葉も一気に美味しそうにバクバク食べ始めたんだとか・・・
ぎゃー!!!止めさせてー!
呑気に写真撮っている場合じゃないでしょ!
私の花が〜 あ〜勘弁してぇ〜
すでに後の祭り・・・
しゃちょー曰く・・・ すんごく美味しそうに食べてて、動かないだわ だと
先が思いやられる・・・・