2012 7月 01日

ジリジリと・・・日あぶり刑

ここ1週間 全力の夏!夏!夏!
毎日暑い事、暑い事
夏日なんて楽なものじゃない 炎天下の下で働いる人は毎日が真夏日?いや猛暑日って感じるほど。
そんなに一気に全力で夏にならなくても・・・
昨日、一昨日は全道的に真夏日 日本一暑かったらしい
どうして こう・・・極端かなぁ
この暑さの前は防寒着を着ていても大丈夫ぐらい寒かったのに・・・
植物もゲンナリ
暑くて上を向いていられないようです。さすが植物でさえもお日様の顔も見たくないらしい。

牛達はもっともっと一気にゲンナリ
そのゲンナリさを加速させるのが・・・・屋根の明かり取りのために張ってあるサンライトパネル(波トタンの透明なやつ、ユピロンとかとも言う)

午前11時 泌乳前期グループのエサの給与時間
この時 餌槽に屋根のサンライトパネルから差し込む、暑い日差しがすでに直撃!
この時間帯に餌が配られるわけで・・・従って牛たちは一斉に餌槽に頭を出して食べ始める訳ですから、まず後頭部が燦々と照りつけられることに・・・
きっと頭クラクラするぅ〜って思いながら食べているかも
それから30分もするとこの光が・・・だんだんと牛の背中の部分に移動し照りつけることに・・・

おまけに餌場の上に、本来なら牛の背中に風が当たるように設置されていなくてはならないのに、ケチって付いていない。
牛たちは背中を焼かれながら必死に餌を食べなくてはならないことに・・・
きっと背中の部分は焼き肉になってしまっているかもしれない
およそ一時間後・・・やっと暑さと戦いながら、おなかも満腹状態になり水槽で水をくぃーっと飲み、やれやれと・・・
牛たちはベットにゲフーッと大きなため息を付きながら横たわり始める。
しかし・・・まだまだ日あぶりの刑は続く・・・
ちょうどこの時間帯、餌場に近い列のベットに日差しが移動してくる・・・
ベットの上には扇風機は付いているものの、やはり日差しがしっかり当たる。
食べていても寝ていてもジリジリと暑いわけ!
もうこの牛舎出来て13年・・・ずーっと見て見ぬ振りしてきた 愚かな畜主
なんとかせなあかん!よ・・・・しゃちょー
お詫び・・・今回の画像は自分のショボイ携帯で撮影したため酷い画像です・・・お許しを〜