2012 9月 12日

美術館へ

旭川へ息子の通う学校へ所用があり行ってきた。
特別、学校からお呼び出しを受けたわけじゃ~ないよ(笑

息子4人もいれば・・・良きにせよ悪きにせよ、それぞれにいろいろあり 親を実に楽しませてくれるものです・・・

 

用事を済ませ、夕方の帰宅時間まで時間があったので、芸術の秋ですから、道立旭川美術館に足を運んでみた。

ビクトリアジュエリー展と福井爽人(ふくい・さわと)の絵画展が同時開催されていた

普段、アクセサリーなどには全く興味もないし、身につけもしない私 ・・・
冠婚葬祭時につけるぐらいでしょうか・・・

19世紀のイギリス、最も繁栄を極めたビクトリア女王の時代
この時代はジュエリーの世界も最も大きな発展を遂げた時代とも言われ、宝石細工職人の卓越した技によって作り出された装飾品の数々を今回はうっとり、驚き、感動しながらじっくり目にすることが出来た。

中でも驚いたのは「モーニングジュエリー」という喪に服する期間に身につけるジャンルがある事。
「遺髪」を編み込んで一つのブローチに仕上げたり、遺髪で様々な絵を描いたものをペンダントにしたりと、失った愛する人との絆として大切に作られ、身につけるものだそう。よくブローチやペンダントの裏側に作られたロケットの中にはこの遺髪をいれて置くようです。今ならロケットといえば中に写真を入れるのが普通ですよね。

 

唯一、展示会場で撮影が許可されているスペース。

アフタヌーンティーのテーブルセットコーナー
王室において特別な人に振る舞う時に使われる、王室においても特別な銀食器のテーブルセット
銀食器のその美しい輝きは目を見張るものがあります。


こんなまばゆい食器で頂いたアフタヌーンティーってどんな味がするんでしょう?
ビクトリア女王、直々にお茶を入れる事もあったそうですよ。
日本でいうなら、特別なお茶といえば「茶道」と似ているかも知れませんね。

福井爽人の絵画展

旭川出身の日本画家で日本美術院同人・東京藝術大学名誉教授をつとめている画家
私はこの人に関して全く無知、というより日本画家の名前すら何人挙げられる?と言うほど絵画の世界を知らない。

展示会場に入って、この画風が好きだと直感的に感じた
とても繊細な筆致とやわらかな色彩による静謐な世界はとても魅力的・・・でもどの作品もどこか寂しさが漂う
「陰」と言うより「韻」っていうのがふさわしいかな?(自分でもよく表現出来ないけれど・・・)

ひとり じっくり2展示会場を歩き 写真では伝わらない実物からのインスピレーションを少し感じながら満足して、美術館を後にした。

後はダッシュで帰宅!

余韻もすぐに消え、目の前にはドーンとでかい乳房が・・・

これは芸術なのか?と思いつつ 搾乳!搾乳!

ミルククラウンだって すばらしい牛乳アートだよね~。