2012 12月 15日

就農支援

社会問題になっているホームレス 問題。
年々総数は減少傾向にあるとは言え、まだ全国では1万人もの路上生活者が居ると言われている。その半数以上が60歳以上の高齢者、そして、路上生活の長期傾向にあり、すでに10年以上に渡っているひとも全体の4割というから驚くべき事実です。

国でもこう言った人達への自立支援法や施策が行われている。 自治体職員が路上生活している公園などの巡回、緊急一時宿泊施設やホームレス自立支援センターなど・・・しかし、路上生活している人全体を支援出来るだけの自治体数や施設もないのが現実。 また、路上生活している人の意識調査の結果をみてこれまた驚いた。 こう言った支援を利用したいか?という問いに・・・なんと8割の人が「思わない」との回答。 今後どのような生活をしていきたいか?という問いには、このまま路上生活のままで良いという人が3割!求職活動もしていなし、今後もする予定はなしという人も6割以上という。 立ち直りたいという気持ちすら失っているように思える。。。悲しい現実。

随分前に、このようなホームレスを自立支援する人のテレビ放送を見た事がある。 10名程の人達に居住空間や食事を提供しながら社会復帰を支援しするために日々葛藤と戦いながらホームレスに向き合っている人の姿がそこにあった。しかし、なかなか、上の意識調査結果の様に、支援者の意向とはまったく裏腹に心を開く事もなく、自立する意識も持たない人もその番組の中でも存在していた・・・

でもそんな人達ばかりではない まだまだ社会復帰をしたいと願う人だって中には沢山居るはず。 労働力を必要としている農業の世界。 彼らに気持ちがあれば いつだって仕事の場は与えられるのにと思う。 誰か、どこか、その架け橋になってくれる窓口はないものだろうかと常日頃思っていた。

そして・・・つい先日のテレビ番組。 神奈川県で農園を営む30代の女性。 なんとこの女性、元ホームレスなどの職を失った人達に野菜栽培の知識や技術を教え、命を育てる喜びを知って貰い、社会復帰へ向けての自立支援をしているとのこと。 世の中にこのような人が存在することに驚きと嬉しさを知った。

しかし、彼女の思いは苦難の連続・・・ 人に技術や知識だけを教えるのでは相手を支援する事が出来ない事に気づき、自分から心を開き、自分の悩みまでを話すことで、相手の心を開かせる鍵があるを事を知る。そうして、そこから彼女の成功への道が開く事になる。現に彼女の元から農家へ就職し自立の道を歩み始めた男性がいた。 彼女の思いが叶った瞬間だった。 まだ30代の彼女の瞳はまっすぐ温かった。 行政ではなかなか出来えない、彼女の心の支援・・・ いつかその輪が大きくなって、労働力不足に悩む農家支援に繋がっていけばどんなに良い事だろう。 日本の農業を守る手段となり得るかも知れません。

 

2012 12月 13日

極寒

大雨、暴風、大雪・・・・次にやって来たのが寒波
まるで冬のフルコースです。

昨日、今朝と12月とは思えない冷え込み 隣の滝上町では連日マイナス20℃以下
我が家のあたりでもマイナス15℃ぐらいはあったのではないかと思う。
1月下旬から2月のような冷え込みです。

先日の大雪の時、エサの給与が夕方になってしまったせいもあって、バルクの乳量がガッタリ減っていた。
一頭あたり3㎏近くも減乳・・・恐るべし。 2日後の集乳の時には回復していてほっとしたわ。

この2週間でひと冬分の冬の厳しさを味わったかのよう。
こんなに早く真冬になるなんて・・・ならば、2月には春になるのかしらね~
そうであって欲しい。。。

連日 雪の掻き上げ作業続行中。

 


クリスマス気分もどこかへ吹っ飛んでしまった感じ
今年もあと2週間 やらなきゃならないこと・・・ありすぎる・・・
なんて言っているのにも関わらず、キーボードを叩いている自分がいる。
これも仕事ですから(笑

昨日 JAへクミカンの年末整理にしゃちょーが行くため
試算を作成して取りあえず提出。

今年は収穫作業の作業体系が大きく変わって、経費も膨らみ、息子の結婚もあったりと随分と出費が多かった。
でも生産は昨年より延びたので何よりの心の支え。 乳成分はもうあと少し良ければ・・・と思うけれど、乳質は例年になく良かった!搾乳担当の自分としては大満足。結構、前向きに頑張った経営だったのではと振り返る。 お金はないけれどね、決して暗い気持ちではないわ!

来年は教育費、仕送りもひとり減りそうだし、母としては実にこの上ない安堵感いっぱいなのだけど・・・この気持ち裏切らないで欲しいわ!息子よ!(笑

今日 日中は少し気温が上がって 久しぶりにほっとする昼下がり

さて、仕事再開。

 

2012 12月 11日

大雪

大雨、暴風、そして次は8日の夜からの暴風雪
いきなり爆弾投下的な大雪

何なの!今年の12月は、もう!イヤです!

除雪・・・疲れ果てました。
気温が高いため 湿った重い雪。 しかも1m近くの積雪
朝牛舎に出勤する時はもう既に膝上まだ積もっていた。その後も丸一日風も強く降り続いた。
スタッフは出勤不可能。
大雪警報も出ていたのに、どうしたことか私、まるで危機感を持っていなくて・・・甘く見過ぎていた・・・
まるで大雪対策をしないまま寝てしまった。
いつもなら、防寒衣料を自宅に準備、除雪の作業機を家の裏玄関横付けにして準備しておく。
こうして置けば、大雪が降っても除雪しながら牛舎に出勤出来る。
しかし・・・今回に限って 全く準備なし、しかも除雪用のスキットローダーはフリーストールの中、しかも除雪バケットは付いていない。さらに、タイヤチェーンも未装着のまま・・・
大雪のせいでフリーストールの大扉はどこも開かない・・・ どっとため息が出た。

取りあえず搾乳を二人で終わらせ・・・以降トラクターとスキットローダーにタイヤチェーンを装着し、二人手分けして除雪開始。
真っ先に餌混ぜしなくてはいけないので、バンカーサイロとミキサーが移動する牛舎までの道を空けなくてはいけない。
なにせ、広い敷地内・・・・移動距離も長いし、途中タイヤチェーンが外れたりと取りあえず必要な除雪だけに午後4時まで掛かった。
やっと餌混ぜをしてミキサーで移動中・・・はまったり、ちょっとした上り坂が上れなかったりと・・・
何せ、スムーズに行かない。
牛舎では牛は冷たい雪だらけのベットと、夕方まで餌があたらないのでもうべーべー大騒ぎ。
私達だって、ろくにご飯も食べずにあなた達のエサ作りために頑張ってるのよ!って内心叫びたくなる。

もう こんな時は 酪農業っていう恨めしく思いますね。

今日は雪も治まったけれど、除雪作業もまだ全部終わっていないし、各牛舎の敷料の入れ替えもまだだけど、やっと少し気が楽になった。
まだまだ明日も日本海側は大雪が続きそうとのこと・・・
オホーツク海側は、もう ひと冬以上の雪が積もったので、もう雪は要らないです。
平穏な年末、年始にして欲しいものですね。

ふぅ~ 疲れたぁ  そして、トラクターのステップを踏み外してお尻から除雪した路面に着地!

尾てい骨強打・・・痛い

人が転ぶ姿見ると笑えるけど、笑い事では有りません。皆さんくれぐれもホント気をつけて!

 

2012 12月 08日

落とし物です

もう10年以上も前の事。
多分 フリーストールにしてまもなくの頃だった様に記憶する。
それまで使っていた親牛舎を育成舎に改造して使い始めた。


育成舎の担当はもちろん、私。餌やり掃除、繁殖やワクチン、などなどすべて・・・

従って育成舎で起こる全ての事は全部私の責任の範疇。
とある夜・・・ 昼間 除ふん作業をしてゲートのチェーンをかけ損なっていたのか・・・もしくは牛が開けてしまったのか定かではなかったけれど、夜 育成舎からただならぬ騒ぎ声・・・ひとつのグループが脱走していた。
他のグループの牛が「なぜにあんた達だけ好きな所へ出て行けるのよ!」とばかり大騒ぎ。
多分10ヶ月令ぐらいのグループの育成牛たちが脱走。育成舎の中を徘徊し、一輪車の中に入っている配合飼料は食べ放題。餌そうの乾草の上は糞だらけ・・・ 数頭は外にも出歩いていた。

なんとか全員呼び戻して一見落着(一件落着ではない)。
他のグループの牛たちも脱走した牛が戻だった事で、満足した様で静かになった。

翌朝・・・ 給餌に行ってみると・・・ありゃ!大変!一頭足りない!!
ど・ど・どこへ??? 随分探し回ったけれど見つからない。
当時はすでに個体識別番号が装着されていたので どこかへ行ってしまっても我が家の牛だということが分かるはずだった。数日たっても戻ってこない。

尿だめにでも落ちたのか?でも数日すれば必ず浮いてくるはず・・・でもそんな気配もない。

困り果て、NOSAIに相談したら・・・

警察に遺失物・・・要は落とし物として届けを出して下さいとのこと。
警察に牛がいなくなったと届けるんですか~?
牛が行方不明になったら 「落とし物」扱いなんですか? 驚いた。
警察で遺失物の受理証明書をもってNOSAIに届けると 共済金が支払われるそうなんですよ。

初めての経験。

結局 以後もずっと行方不明のまま・・・ どこかで熊にでも食べられてしまったんでしょうか?
黒い牛だったので 熊と間違われて打たれ、猟師に食べられてしまった?
それともどこかで野生化したのでしょうか?
信じられない事が起るものです。

牛に限らず家畜が行方不明になった時は「遺失物」として警察に届け出しなくてはならないそうです。
皆さんも、くれぐれも手塩に掛けた家畜たちですので、行方不明にならない管理をして下さいませ。

2012 12月 07日

師走台風?

2日前、土砂降りの豪雨

そして昨日お昼過ぎからおよそ3~4時間程で10㎝近く降る大雪

 

見る間に積もる。

夕方 雪はおさまったものの 夜になって今度は暴風!
空は星空なのにこの暴風・・・夕方までに積もったふわふわの雪が吹雪きとなり、昨夜一晩吹き荒れ
すっかり積もった雪は吹き飛ばされ現在は吹雪状態ではないけれど、依然 暴風の一日。

なーんなんでしょ! この荒れ狂ったお天気
何か悪い事しました? 何かお気に召さない事でも?

屋外のカーフハッチ・・・ 入り口にまだカーテンを掛けていなかった。
そのため 一晩吹雪状態だったためハッチ内に雪が吹き込み、ハッチの中半分は雪まみれ・・・

ジャケットを着せていたから良かったものの、でなければ背中じゅう雪まみれで寒かったに違いない。
しかし、離乳が近い牛はすでにジャケットを着せていなかったので、 恨めしそうに「早く寝わら替えて!」訴えている様子。
強風の中、寝わらをハッチの中に入れるまでに吹き飛ばされながらも 何とかお取り替え。
今夜は暖かく寝られそうです。

とは言え、道内各地 この台風並みの暴風、吹雪のお陰で送電線が倒れ広域で停電、交通障害が多発し、家屋の屋根が吹き飛んだりと、この寒い時期に暖を取る事さえままならない事態が起こっている。
オホーツク管内 雄武町の酪農家のスーパーハッチ(仔牛5~6頭ぐらい飼養出来る小屋)が強風で飛ばされ、中にいた仔牛が下敷きになって死んでしまったそう。
我が家のきゃしなハッチ・・・雪まみれになったとは言え、飛ばされずに済んだだけでも幸せだった。
すぐ隣の滝上町でも停電になっているとか・・・幸いこの地域は今の所は支障がなく、搾乳が滞りなく行えたのは本当にありがたいことです。
年末に向け何かと忙しさと気ぜわしさでわたわたする時期に・・・このお天気。
はやく修まって欲しいものです。

今日、とうとう初転び・・・ 寒いと痛さも倍増します。
皆さんもくれぐれも足下気をつけて、怪我などされませんように。