2013 2月 05日

お客さま

毎年 大きな酪農セミナーの会場で顔を合わせていた、飼料会社丹波屋さんの技術部の女性のS子さんがいる。
いつも丁寧に挨拶を交わしてくれる女性。でも特別会話らしい会話もしたことが無かった。
丹波屋さんは我が家のエサでお世話になっている飼料メーカーのひとつ。
昨年12月、我が地域のフレッシュミズさんの勉強会で、彼女が講師として2月に紋別に来られる事を耳にした。
自分はすでにフレッシュミズを卒業して10年以上・・・
彼女の講習会を密かに聴きたいと思っても ちょっと乗り込む立場ではないので諦めた。

せっかく紋別に来られるのだし・・・と思い・・・思い切って彼女に連絡を取ってみることに。

 

講習会の前日に札幌から紋別入りするとのことで4日の午後、たむら牧場に快く足を運んで下さった。
一年以上振り、今までろくに会話もしたことがなかったのに 妙な親近感が湧いてしまう。
しゃちょーはS子さんとは初顔合わせ、床屋行くの忘れた!だのと焦っていたけれど、つばき?油で頭を撫でて何とかその場を繕った様子(笑

しゃちょーと丹波屋さんの地元の営業マンと4人で昼食を取りながら楽しい時間を過ごした。
その後、彼女の希望で仔牛からバンカーのエサまで全部見て回ったのですが、さすが営業マンという現場周りを経て、現在の技術部に席を置いているだけあって、沢山の酪農家さんのことも知っているし、知識や情報量も半端ない。特にエサに関しては現在使っている全部の粗飼料の状態、水分や匂いなど実際に手にとって握って細かくチェック、アドバイスしてくれた。

牛舎に入っても実際に餌場から牛を観るだけでは無く、牛居る場所に入って牛床や通路、水槽、採食している牛を後から観たりと細かく様子を見てくれた。 おまけに仔牛の哺乳まで手伝ってくれ驚いたわ。

 

夜も市内で一緒に夕食を共にし(ちなみに、しゃちょーはお留守番!)、
時間の経つのも忘れ話に盛り上がり気がつけば深夜1時・・・・ しゃちょー顔負けの食べ過ぎ、飲み過ぎだったけれど、翌朝は元気に遅刻もせず仕事したわよ。

これからも、色々な人の出会いとつながり大切にしながら、ちょっとイイ、酪農経営・生活をしていきたいな。


我が家では写真を一緒に撮る事も忘れてしまい、失敗したぁ~後悔先に立たず・・・
画像は、翌日のフレッシュミズさんの講習会の画像をJAさんに頼んで頂いたものです。