2013 4月 29日

春降雪

4月も下旬 ゴールデンウィークもまじか・・・
日中の気温も気まぐれに14℃にもなったりする日もあり 春気分を満喫している反面、牛舎周りのゴミ拾い、庭の枯れ枝などの除去作業などに追われていた。


忙しさの中にも、庭の黄色いクロッカスの眩しいぐらいの華やかさ を誇っている様子に目をやりながら、鼻歌交じりで春作業を楽しんでいた。

 

しかし・・・

 

連休初日の27日 雲行きが怪しくなり お昼からは大ぶりの雪

その夜一晩中降り続いた 朝、国道には除雪車が走ったほど
昨日も一日 みぞれや雨、夜は小降りながらもまた雪が降り続いた。
気温が酷く下がった訳ではないので 雪はシャーベット状態。
ウトロでは40㎝ものの積雪だっとか・・・ 春の雪降りが2日間も続く事も珍しい。GWの観光を楽しみに北海道を訪れた観光客はきっと震え上がったに違いない。 これもまた北海道らしい春の洗礼かも知れませんね。

今朝は雪や雨も納まっているけれど、暗い曇り空が広がっている。


あんなに煌びやかに咲いていたクロッカスも雪に埋もれ 寒そうに花びらを閉じている。
これはこれでまた美しい!
なかなか 春はおいそれと前進しないものなんですね。

 

まだ、デントコーンを蒔く予定の秋耕しこされた畑にスラリーも散布出来ずに、しゃちょーはマッタリとお天気の回復を待っている。

 

 

2013 4月 26日

牛の表情

時々 カメラを持って牛を撮影に行く
何気なく普段見ているようで見ていない牛の表情

ファインダーを覗いて見ていると 時々思いがけない顔を見せてくれる。

 

結構 牛って好奇心旺盛だから カメラ目線で私を楽しませてくれる。

 

今日、新しいエサを給仕して全員が一斉に食べている時間帯を狙ってみた。


食べ方も色々 口の周りにいっぱいエサを付けて食べている牛、まったく口周りを汚さないで食べる牛・・・
正しい?食べ方に作法はないのだけど個性的。腹一杯に食べてくれればそれで充分なんだけどね。

今日の気になったこの2頭の牛

カメラが気になったのか何故か2頭顔をくっつけながらこちらを見てる。

カメラに視線を向けつつ 隣の口周りを汚しながら食べている牛が気になるのか・・・
その牛の口周りを舐めてやりつつも こっちも気になる様子


ずっと顔をくっつけながら しっかりカメラから目を離さない。

なんとも 可愛い!
けれど、エサを食べる邪魔をしていると感じた私・・・

場所を移動して 次の牛の表情を探していた。

 

見つけた! 驚きの顔!

 

何しているの!ってな表情

 

これからも もっと探してみよっと。

 

 

2013 4月 21日

女子コン

帯広畜産大学、学科の同期会があって出席してきた。
同期の女子は10名 在学中、この10人はことある事に「女子コン!開催!」と言っては メンバーの下宿先でよく飲み会をしていた仲。飲み過ぎて二日酔いで翌日の講義に出られないこともしばしばだった。

卒業後、過去に1回だけ温泉一泊で再会、その後11年ぶり2度目の女子コン開催となった。
早いもので気がつけば、卒業して30年の月日が流れていた。


10名のうち8名の参加
農家の跡継ぎとして就農した人、農家に嫁に行った人8名中5名 主婦・起業家など3名
参加出来なかったメンバーからは「女子コン開催おめでとう」の嬉しい祝電が届いたりと、その絆の強さが伝わる。

再会したとたん、11年ぶり、卒業後30年の月日がまるで嘘の様な時間が一瞬にタイムスリップしたかのように学生時代にもどった気持ちになる。 多少風貌は・・・しわ・たるみはあるものの、話し方、性格などなど全く変わっていなくて笑え、居心地のいい雰囲気に包まれる。

夕食前から深夜2時まで温泉にも入らず、途切れる事を知らない盛り上がる話題の数々。

前回から11年間の各々の笑いあり涙あり・・・十人十色の波瀾万丈の子育て・家族・仕事・生活などの経過報告が交わされ、悩み苦しみつらさを乗り越えきている友の姿を知った。
11年前は子育てのことがメインだったけれど 今は自分の健康や舅・姑の介護の話、後継者として戻ってきた子供達との関係の難しさなどにシフトし 確実に年齢が進んできた現実が会話の中からも伺える。

翌朝は朝5時半には起きて(さすが農業人)とりあえず温泉に浸かり 朝食を済ませチェックアウトの時間ぎりぎりまで満開の話しの花。 名残惜しみながら、5年後の再会を約束をしておのおのの生活の場に戻っていった。

楽しかった! また元気に笑顔で会おうね! 100%参加めざして!
 

 

2013 4月 15日

?

とあるバス停・・・

思わず目を見張った

 

えっ!?どうして?

 

 

忘れ物?

それとも・・・・

 

 

 

でも・・・いったいどうして?

 

 

息子 思わず写真撮る・・・

 

不思議なバス停

 

 

 

2013 4月 14日

お久しぶり♪

4月も中旬を迎え順調に暖かさが続き 除雪のため積み上げられた雪の山々も驚くばかりに融け わずかになった。

一気に融けた地面から、やっと深呼吸出来るとばかりに沢山の春の息吹。

やはり一番乗りは 春の太陽だね!
「福寿草」


昨年春 頂いた苗を植えていたもの
何もない庭にひときわ輝く黄金色の花が咲いているのを見つけて、宝物に出会った様な嬉しさ。
長い、長~い冬だったものね。黄色は元気の出る色。

クロッカス
あなたも 春に敏感!
毎年 少しずつ家族を増やして顔を出してくれる。

みんな みんな お久しぶり!

春の庭の手入れも 雪の溶けた部分から始まっています。
この冬は 最初の大雪が重い雪とあって、木の枝が裂けたり小さな苗木はボッキリと折れたりと随分と痛んで、冬囲いの手抜きさが痛い目にあっています。

これからが 私にとって毎日忙しくも楽しい時間がいっぱい。