2013 6月 29日

危険な電柱


牛舎正面横にある電柱1本
所変われば・・・この私達が普段「電柱」と言っているものでも呼び名が変わるんですね。驚いた。
とあるところでは、「電信棒」って言うんです。 確かに・・・そう言われれば、柱というより「棒」なんですけどね。
電柱ひとつの呼び名でちょっと笑えた話があった。

牛舎の周りの道路は20tトレーラーでもなんなくドライブスルー出来るだけの道路幅を確保している。
贅沢といえるほど無駄に道路が広い。
この電柱を挟んで両側 10tダンプが平気で往来できる。

 

なのにだ・・・・

 

この電柱にもう3台もぶつかっている。(私達が好きでココに立てたわけじゃないですよ)

危ない電柱

それも全部、方向転換しようとバックしたところに、この電柱がそびえ立っていたんだとか。。。

2台はエサ会社の営業車、もう一台はテッピングワゴン。

こんな広い所で、どうしてこんな細くて高い電柱に見事にぶつかるかなぁ~
随分この電柱、痛い思いしています。

今年はいきなり電柱にぶつからない様に、電柱の根元に大きな花のプランターを置いてみた。
電柱にぶつかる車にも、ちょっとは軽傷で済むようにとの気持ちで・・・
でも、また今年もぶつかった人がいる。。。。

皆さん、たむら牧場 確かに敷地は広いですが、バックするときは必ず後方をしっかり確認して下さいね。

電柱は突然 ぶつかろうとして生えてきたりしませんからね。

 

っていう私も・・・ 数年前の真冬、とある場所でバックしたら突然 以前乗っていたワゴン車のリアガラスがガッシャーン割れ落ちて、何事?って驚いたことがあった。
電信棒、そびえ立ってた。。。 なんでそこにあるの!って、突然生えてきたこ電柱に激怒したことがあったっけ(笑

 

牧場内でのこのような責任は負いかねますのでお気を付けくださいませ。