2013 7月 29日

静かな侵入者

北海道の夏真っ盛り
夏祭りも各地で真っ盛り
ここのところ割と過ごしやすい夏のお天気が続いている。
山口・島根県辺りは記録的なものすごいゲリラ雨なのに、ここは正直、干ばつ状態の日が続いている。
まとまった雨が欲しい。

 


牛の穀類の飼料が入っている飼料タンク。
大豆粕・菜種粕・圧ペンコーン・ビートパルプなど乾燥した単味飼料や数種類混ざった配合飼料がそれぞれに入っている。

数社のエサ会社の人が在庫量を確認しながら、定期的にタンクの中身が切れない様に各タンクに飼料を補充していってくれる。

飼料の配送の日は晴れた日ばかりではない、強風の日もあれば雨や雪の日もある。
大きな5トンの飼料タンクともなれば、地上から6~7m程もある。最高部の投入口からユニック車のアームで、1本500kgの飼料バックが吊り上げられ 投入される。作業している運送会社の人は大変な高所な上、足下も非常に狭い足場での大変な作業。実に恐ろしい。

 

この飼料タンク、私達自身が中を覗くことなんて全く無い。(高くてとても恐ろしくて上がる気にもならない)この夏の時期・・・・飼料タンクの中では恐ろしい事が起こってしまうことがある。

「カビ」

雨の日の投入だったり、朝晩の気温の寒暖差でタンク内の結露が繰り返されることでエサにカビの発生が起こってしまうことがある。また、タンクの劣化によるヒビで雨水の浸入によるものだったりと原因はいろいろある。
先日、圧ペンコーンの配送に来てくれた運転手さん、最上部の投入口をあけて中の残っているエサを見ると・・・僅かにカビの発生を確認し報告、残っているコーンを全部廃棄して新しいエサを入れてくれた。


堆肥盤に廃棄された圧ペンコーン、約500kg・・・
一見、何ともなさそうに見えるけれど・・・ よーく見ると・・・


コーンに青カビ!
こんなエサを牛に知らずに与え続けていれば 牛が具合悪くならない訳がない。

静かな侵入者 恐るべし!
配送の運転手さん、きっと目が良い人なんですね。 私なら絶対にタンクの底のエサにこんな僅かなカビを確認する事なんて出来ない。ありがたい。
さて、この廃棄されたコーン・・・飼料価格の高騰している中、高価なこのエサ、いったいどうなるのか?
廃棄された分は飼料会社さんが保証してくれるんだそう。これまた有り難い事です。

配送の運転手さん・・・
ただ倉庫から飼料のバックをトラックに積み込んで、各農家に配送しているだけと思っていたけれど、実は実はそうではなかった。
積み込む前に全ての飼料バックをひとつずつ開けて中に問題が無いか確認してからトラックに積み込む。そして各農家さんの飼料タンクの蓋を開けて、タンク内の飼料の状態を目視確認、そして匂いを確認。カビが発生していると、こもった匂いがするそうだ。これをきちんと確認して、更に投入する前にまた再度飼料バッグの中を確認し、異常が無ければ新しいエサを投入するとのこと。
今回 カビを発見しれた運転手さんは「俺は絶対にカビの確認は欠かさないし、必ず僅かなカビでも見極める」と・・・・ お~~~ 何とプロフェッショナルなんでしょ!
どの配送会社の運転手さんもこうであって欲しいものです。

以前あったタンクのカビ事件。
タンクの底あたりの壁がカビで飼料が固まってしまっていて、まるでカビ飼料の壁が出来ていた事があった。
今回の配送運手さんみたいな人だったら、こんな事態にならなかったはず。
きっと、ただ中も確認せずにどんどん追加投入が繰り返されていたにちがいない。
結局このタンクはすべて中の固まったカビ飼料の壁をそぎ落として、タンク内を洗浄する事態にまでになった。
きっとこの時期、こんなことはウチだけではないかもしれないけれど、一番の被害を被るのはカビ食べた牛たちだものね。 安全なエサを管理してくれる飼料会社・その委託配送運転手さんにも感謝です。
今回はどのくらい前からカビていたのだろう?どのくらい前からこのカビたエサを食べさせていたのだろうと想像するだけでも怖い話です。

 

見えないところで大きな落とし穴!

 

こうした配送飼料のみならず、サイレージなどの粗飼料のカビ対処には充分気を付けたい最重要事項ですね。

 

 

2013 7月 27日

オランダ娘 Mirjam(ミリアム)

2週間前 我が家でキャンプしていったオランダ娘ミリアム。
彼女は今頃どこを走っているのだろうといつも気になっている。
しゃちょーとFacebookの友達となってから彼女のFacebookの更新が楽しみでならない。
遠軽から三国峠を通り抜け、糠平湖で熊に遭遇したと・・・その画像がアップされていた。
相変わらず林道のような道を走り抜けているようだった。


(ミリアムのブログより画像を転載)

 

その後の足取りがしばらく途絶えていた。

そんな昨日の朝 彼女のブログが新しくなったことをFacebookで知った。
なんと私も彼女のブログで世界デビュー♪搾乳している私の画像が記載されていた(恥ずかしっ)

 

 

現在は札幌あたりということがわかった。

昨夜、S牧場さんの突撃訪問の後 搾乳を済ませやれやれ晩酌~と・・・その前にメールをチェックしてみると・・・・・・

「ミリアムからの伝言」というタイトルの一通のメールが目に入った。
全く知らないアドレスからだった。もちろんミリアム本人からでもなかった。

驚いた!
昨日は驚かされる事ばかり。

 

メールの送信者は三笠のキャンプ場でミリアムと知り合ったという石狩市のご夫婦からだった。

三笠のキャンプ場で彼女と偶然知り合い、名刺を渡し別れたら、その後その名刺を頼りにミリアムが自宅まで訪問して来たそうだ。
その時に我が家でキャンプさせてもらったことを聞き、彼女がそのお礼の言葉をこのご夫婦に託したそうな。。。。その伝言メールだった。
ものすごく涙が溢れるほど嬉しかった。

ミリアムを介しての不思議な縁
まだ驚く事が続く。 このご夫婦のご主人はなんと我が家とは極近の場所の出身であること。
上渚滑の鴻之舞がご主人のルーツなんだとか・・・・

全く知らない方とこんなつながり方ってあるんだ
ミリアムは本当に不思議な女性です。
彼女と出会った人はみんないい顔をしている。(彼女のブログを見てね)

この夏 不思議な妖精が現れたような気さえします。

 

ミリアムは現在 本州に渡り南下している最中。九州福岡から韓国・中国を巡り、クリスマスの頃にはオランダに帰国するみたいです。

 

皆さんも是非ブログで彼女の素晴らしい自転車旅行を同行してみて下さい。

http://cyclingdutchgirl.com/2013/07/26/memorable-meetings-of-the-terrific-and-terrifying-kind/

 

 

そして、今朝のおめざは・・・

昨日 S牧場さんの彼女が持ってきてくれたお土産の根室銘菓 端谷菓子店の「オランダせんべい 」♪
コレ!美味しいのよ~ ワッフルとおせんべいの丁度中間みたいな感じ。ちょっと湿気ているの?という食感がこれまた味わい深いのです。

なーんと不思議♪ 「オランダ」つながりねっ!

何の暗示なんでしょうね?
オランダが随分と身近に思えてきた。

 

 

2013 7月 26日

ドッキリ!突撃訪問


むか~し、「突撃!隣の晩ご飯」っていう番組があったのを知っているでしょうか?
突然 夕食時の家庭を訪問して晩ご飯のおかずをチョイスして歩く、そんなドッキリ番組。

 

今日は午後から紋別市内へ何件かの所用を足しに出かけていた。
そんな最中に携帯に着信
着信先を見て ここ一年程、しばらく連絡も全く取っていなかった女性からだった。

「お久しぶり~ 今 在宅?」って・・・・
「今 紋別市内に出ているんだけど」と伝えた・・・
「後、70km程でそっちに着くんだけど!」って・・・・

「着くって?ウチ?70kmって今どこ?」って私、額から冷や汗がタラリ・・・(笑
「今 サロマの道の駅~♪ 今から行くね~♪」って
彼女の運転技術なら1時間なんて掛からないで到着するはず

 

つ・ついに来たぁ~!彼女の「突撃!隣?の牧場訪問!」

隣のって言うほど隣じゃないのだけど・・・彼女は根室管内の非常にクオリティーの高いS牧場さん。
彼女と知り合ってまだ10年も経つかな?
私より少し歳下だけれど、酪農歴は遥に上。ご夫婦揃って牛飼いはピカイチ。
そして、彼女のオーラは半端ない。
一年に一度セミナーなどで顔を合わせる程度なのだけど、彼女の人に対しての気遣いはスゴイ。
私は、一目置いてしまう存在なのです。

彼女の牧場訪問はいつも突撃をスタンスとしているらしい。
突然訪問すれば、視察仕様ではない普段の牧場のありのままの様子が見られるからだ。

ひょえ~ そんな彼女が来るなんて~
初訪問なのに、こりゃ参った! もうなんのつくろいも出来ない、まるで「まな板の鯉」状態(笑
諦めるしかない、ありのままを見て貰うしかないわ~と所用を済ませ帰宅。

まもなく彼女登場!
彼女の牧場に現在実習中の普及員2年目の「純子」ちゃんと一緒だった。
名刺をもらって「あらっ!私と同じイイ名前ね」って・・・(ずーずーしいのもほどがあるワタシ)

はるばる4時間以上もかけても彼女が訪問したいと思う牧場であることはとても光栄なこと。
実際は並の牧場なのに・・・申し訳ない気持ちも・・・
でも 相変わらず元気な彼女。 うちのしゃちょーとも楽しく話してくれ 牛舎や牛を見ながらわずか2時間ほどだったけれど楽しい時間を過ごした。
色々な情報もたくさん ありがたいっ。

突撃隣のご飯はその家庭の晩ご飯をちょうだいして歩くのだけれど、
彼女はお土産を沢山抱えてきてくれた。

10年以上振りに食べる花咲カニ♪ しまえび、冷酒、オランダせんべいに標津羊羹♪


今夜は豪華~晩酌♪

美味しかったよ~ ありがとう~!!

私も一度 彼女の牧場を突撃訪問してみたい。
といっても・・・・ ちょっととなりの・・・というレベルの距離じゃないなぁ~

彼女 ウチのあと、もう一軒、突撃牧場訪問して深夜帰宅したとのこと・・・
やるなぁ~

 

 

 

2013 7月 25日

初生トクの高値

ここのところ初生トクの高値が続いている。

生後一週間ほどで出荷しても7万以上の値が普通に付く。ここ数年にはない高値。
酪農家の副産物としての初生トクの高値が付く事はとても喜ばしいこと。
今までトクの値段が安かったため副産物収入としての価値がなかった。どうしても雌雄判別精液を付けて、育成牛や初妊牛として販売する農家さんが増えたため、必然的に♂仔牛の出生率が減る現象が色濃くなってしまった。トクの不足の事態がこの高値を招ている。

肉牛農家さんはこの影響で打撃を被っているらしい。トクの仕入れ不足と仕入れ価格値の上昇、更に追い打ちを掛ける飼料価格の上昇と肉牛農家は経営の危機を抱いているところが多いそうだ。

この初生トクの品薄は全道的な現象で 管外からも経済力のある肉牛屋さんが買入れに参入してくるので地元の肉牛農家さんは特に危機感が増大しているとのこと。

交雑種の値段も同じく上がっている。
今年は副収入アップってことで、しゃちょーが昨年から繁殖成績の悪い牛にF1の種を付けている。
今年に入って3頭分娩したけれど 何故か全部♀ かなりガッカリ。
オスとメスじゃ値段が大きく違う。 お得感がないなぁ。

我が家は雌雄判別精液は使っていない。
規模拡大する予定もないし、育成牛や初妊牛を販売するために入れておける施設の余裕がない。
なんたって、一番手のかかる哺乳期間に沢山のメスを管理できる施設も腕もない。
一週間で出荷できる初生トクがいるということは、私にとってはかなり哺乳の労働力と精神的負担の軽減になるわけなんです。

初生トクが出荷出来る日が来ると 今日から哺乳頭数が減るって、ついニンマリしてしまう。
「次の肉牛農家さんで大きく育つんだよ~ 」って 心の中で大きく手を振って見送る自分がいる。

たとへ一週間でも健康で元気な状態で送り出すのは私の指名だから、気を配りながら管理しますよ。

2013 7月 24日

フラッテロ ディ ミクニ

たむら牧場、事務所前のコンテナガーデンの花苗のほとんどが友人が育ててくれた花。
年々苗作りの腕も上がり、本当に丈夫で素晴らしい苗に育て無償でいつも分けてくれる。
そんな花大好きな友人を誘って一日ガーデンを見に上川町に足を運んだ。

「大雪森のガーデン」
上川町旭が丘地区に今月7日 上野ファームの上野砂由紀さんがプロデュースした庭が一部プレオープン(今年は入園料無料)したのです。グランドオープンは来年4月とあってまだまだ園内は造園の真っ最中。

ここは小高い丘の上にある広大な森の中に作られている。
白樺の大木の下のゆるやかな斜面を利用して、木漏れ日と木間をぬって通る心地よい風を思う存分味わう事ができる素敵なガーデン。
まだまだ植栽されたばかりなので苗木や花苗は小さいけれど、2年後がとても素敵な庭になりそうで今から楽しみです。
この森を抜けた小高い見晴らしのよい丘に出てみると・・・
そこはまるで美瑛の丘のような風景が広がっていた。

緩やかな丘陵が広がる草地とまだ残雪を残した大雪山系が連なる風景は、北海道に住みながらもやはり素晴らしいと思ってしまう。
そんな民家も見渡すところ全く見られない広大な風景を見ながら食事が出来る素敵なレストランがある。
「フラッテロ ディ ミクニ」


北海道、いや日本をも代表する三國清三シェフのお店
この上川町に「森のガーデン」レストランの立ち上げプロジェクトに三國シェフが参加。他に北海道のイタリアンの第一人者として有名な堀川秀樹シェフ、そしてこのお店のオープンシェフとして三國シェフに抜擢された宮城県生まれ、四谷のイタリアン「La Vita」の宮本慶知シェフ。このシェフがフラッテロ ディ ミクニのグランシェフとして腕をふるってくれる。
フラッテロ・・・イタリア語で「兄弟」という意味。そうです、ここの店名は「ミクニ兄弟のお店」という意味、ある意味最強の店名かもしれませんね。
そんな期待感あふれるお店で、まるで清水の舞台から飛び込む勢いでランチしてきました。(分相応じゃない感が否めない)3週間前から予約して確保した席。

ランチコース・・・メニューを見ても分からないカタカナが並んでいる・・・(笑
かつて無い豪華すぎる・・・私にとって初めて料理の数々♪
一挙公開~♪ ♪ ♪
まずは冷たい飲み物。ハーブソーダを注文
ラベンダーの季節なのでラベンダーのハーブソーダを・・・
ただのソーダーではなかった。 素晴らしく口に広がる上品なラベンダー香り。ファーストフードのソーダー水とは大違い(当たり前ですね)


増毛産甘エビのカルパッチョ
甘エビのペーストにマンゴーや食べられる花が散りばめられまるで宝石箱みたい。


トマトジュレとホタテのサラダ バジルとリンゴのソース(絶品ソースだったぁ)
ウニのトマトソースのパスタ(濃厚コク旨です)

トマトとモッツアレラのオレキエッテ
上川産の「月の魔法」という小麦粉を使った小さいパスタ。
オレキエッテとは「耳たぶ」という意味らしく、まるでそんな感じ。
これがまた、スゴク美味しい!モチモチ、まさしく白玉のような食感とのど越し、やみつきになりそうなパスタです。

メインの肉料理 襟裳産短角牛のロースト・きのこのソテーとポテトサラダ添え
短角牛は肉用牛の中でも国内ではわずかに0.2%としか飼育されていない希少な肉牛なのだそうです。海沿いのミネラル豊富な草を食べる事で美味しいお肉になるんだそうですよ。
そんな、そんな~お肉を初実食。 美味しいに決まってる!
エシャロットを使った酸味のあるステーキソースがまたいいわぁ~
・・・って、「エシャロット」って何?って友人に聞いたら、タマネギみたいだけどタマネギでもなく、らっきょうでもないネギ科の香味野菜だと教えてくれた。なるほど。


まだ 出て来ます。
ミニトマトとチーズのあっさりピザ
沢山の料理を食べた後でも あっさりチーズのピザだけに胃にもたれず、トマトの甘さが際立ったカリカリッのイタリアンピザ。

いよいよ、デザートです。
黒豆を使ったティラミス仕立てと苺のラビオリ と コーヒー
何なんでしょう。この芸術的なデザート♪

思わず 隣のテーブル席の女性が「わぁ~ 素晴らしいく美味しいそう♪」と目を輝かせて話しかけてくれた。私達、「見て見てぇ~ ホント素晴らしいよね~」って思わず自慢しゃう(笑
ラビオリ・・・求肥の中に苺のムースのような感じのものが入っているのだけど、それがそれが・・・想像以上の上品な味なの 驚いたわ~

 


大きなオープンキッチンの厨房は整然としていて、テーブル席からは厨房感がなく全くシンプルに見える。
左奥のシェフが宮本グランシェフ。
ホールスタッフもスーツ姿で凛々しく、絶妙なタイミングで料理を運んでくれる。

 

 

たっぷり2時間。 友人と素敵な食事だったね~ 美味しかったね~とセレブ感いっぱいに浸った。

帰宅後は頭にタオル巻いて 顔にはいつ飛んできて付いたか分からないウンチを付けて仕事している自分がいる。
セレブ? あ~ やっぱり 勘違いだったと思う瞬間。

 

 

私の「真夏の昼の夢」だったわ~(笑