2013 8月 17日

夏休み酪農体験

今朝5時、酪農体験をするためにやって来た短大生の女の子Nちゃん。

大阪から夏休みを利用して紋別の親戚の所へ滞在中とか。
我が家とは遠縁にあたるとかで、私達とは初めての顔合わせ。

来春 短大を卒業、既に就職先も内定しているようで、この夏休みは思う存分北海道旅行を楽しんでいる様子。

数日前に、午前中だけの酪農体験の依頼を受けて今日を迎えた。

全く何もかも初めて。
意外と似合う、つなぎ姿とタオルのほっかむり!
早速 牛を近くで見た事もないのに、フリーストールのたーくさんいる牛の中に入って、待機室への移動作業に同行。発情の牛に後をつけ回され・・・かなり怖かったそうな(笑

パーラーでの搾乳も実際にやって貰った。
目の高さにある足が怖いと言いつつも、果敢にミルカー装着に挑戦。
意外と覚えが良く、筋がいいのに驚いた。生まれて初めてで、これだけ初めから上手に出来るひとはなかなか居ない。搾乳の後半には片側6頭の内、2頭を彼女に預けても大丈夫なぐらいに上達。
加えて牛の出し入れにも挑戦。 初めての人にとっては、搾乳中は目が回るほどの忙しさだったと思うけれど、おどおどと、うろたえることなく、やりこなしていたわ。スゴイ!

搾乳後はミルク作りや哺乳も手伝って貰い、朝の仕事終了。
事務所でバター作りをしてもらい、出来たてのバターで朝食。
「こんなバターの味、初めてぇ~ 美味しい♪」って感動して食べてくれた。私達もそんなNちゃんの笑顔が嬉しい。

朝食後、隣の牧場のロボット搾乳を見学(I牧場さんご協力ありがとうございました)
そこで偶然にも牛の分娩に出くわし、我が家に戻ってきた所に丁度、牛の診療と授精にも遭遇。
僅か6時間ほどの滞在だったのに、酪農のフルコースを味わえた感があります。

最後は、作業機にも乗ってみる?って聞いたら、自称ペーパードライバーだと言うのに、持ち前のチャレンジ精神でトライ。スキットローダー、トラクターも大小2台を走行させてみた。

Nちゃん
(社長撮影)
スキットローダー、実際に砂をすくったりして貰ったけれど、あらっ、驚き 何と上手なこと!
きっと、Nちゃんは感のいい子なんでしょうね。
将来 社会にでも安心・大丈夫! きっとなんでも上手くやっていけるわ。

Nちゃん2
現代っ子とは言え、礼儀正しくはきはきと明るいNちゃん。左は彼女を預かっている紋別のオジサン。
何故だか人一倍楽しそう(笑
短い時間だったけれど 私達も俄然楽しかったわ!

きっと北海道でのいい想い出と体験になったね。