2013 11月 30日

今日のおやつ♪

モッツアレラ
先日、若い酪農家の奥様から手作りのモッツアレラを頂いた♡
可愛い牛のシールが貼られている。
「Gouter du jour!」フランス語で「今日のおやつ」という意味らしい。
なるほどね!
早速♪

モッツアレラ2クリスマスバージョンで♪
しっかりとした味のモッツアレラに仕上がっていて、とっても美味しい~
搾りたての牛乳で作ったチーズは、やはり大手のチーズメーカーのものとは全然コクもうま味も違う♪ とても贅沢なおやつです~ ごちそうさま♡ ありがとう♡また食べさせてね!

実は昨日は私の誕生日でした。
で・・・随分と美味しいもの頂きました

千疋屋杏仁豆腐ヨーグルト酒

東京のお土産、千疋屋さんのマンゴーの杏仁豆腐
星形のナタデココが可愛いそして絶品マンゴーソース 大きなカップで食べ応えあり♪文句なし旨い!
右の画像
これなんと、ヨーグルトのお酒なんです!
釧路市の福司酒造さんで作られているものらしいです。
おやつの時間の飲み物ではないですが・・・・ちょっとだけ試飲♪
ホント!飲むヨーグルトそのもの。 でも 酔う~ まさにとろり~とした甘くて胃に優しいお酒です。

蝦夷農チースケーキ
今 人気の酪農コミック「銀の匙」
その「蝦夷農チイズケーキ」チーズじゃないよ、チイズだからね!
こんなレアなケーキ送ってくれる方も♪ 銀の匙の大ファンのしゃちょー大喜び!

今日のおやつは乳製品の贅沢なおやつばかり 幸せ~ 感謝します。

 

結果、カロリーオバー!

日増体・・・倍返しだわ・・・(汗

 

 

 

2013 11月 29日

酪農研修会

JAオホーツクはまなす酪農組織連絡協議会主催で酪農研修会が開かれた。

講師は釧路農協連 生産振興課 酪農技術支援室 室長 永井 照久氏

 

今回の講演テーマは「乳質改善と仔牛の飼養管理」についての2本立て

永井氏講習会
早朝4時半に釧路を出発され11時開催の講習会場に・・・
先日降った雪のため峠は悪路だった様子。
そんな疲れも見せずに全力投球での講演。

午前中は乳質改善からスタート

永井氏の講演の魅力は、農家の現場と密着した画像と若干風刺めいた?いや、思いっきり?たとえたユニークな写真を取り込んでのパワーポイントにある。
今回も満載の内容だった♪ 一時も永井氏の話しを聞き逃せないほど魅力的なんです。

乳質改善は経営改善と直結している。
「搾った牛乳を全てバルク乳にいれ、乳代とする」これが目的!
そのためにどうするか?乳質対策に必要な事に先ず、3つのデーターの活用が対策への一歩と説明。
1.乳検成績(牛群)
2.ミルキングシステムの点検結果
3.バルクスクリーニング
この3つの結果から原因を探り、最重要改善ポイントを特定することにあるらしい。

次に搾乳手順
その中でももっとも重要視すべき点は ユニット装着直前の乳頭の細菌的レベルの衛生と泌乳ホルモンの分泌を考えた上での装着タイミング(過搾乳の防止になる)
過搾乳は乳頭口の荒れ助長し乳房炎の大きな要因にもなる。

その他にも牛が気持ちよく搾乳されるために ミルカーのシステム点検は欠かせないし、牛とひととのストレスが無い良好な関係も必要だとか・・・

お昼、昼食時間も永井氏はお弁当もそこそこに、今回の講演内容に含まない話のパワーポイントを用意され、お昼休み時間中ずっと世界的な食料事情やTPPに関する話題などなどさ様々なお話を聴かせてくれた。

永井氏3

艶っぽい話から意味深な話題まで多彩!さすがです。
理解に悩む内容なんてまるでないんです。

午後の演題の仔牛の飼養管理へそのまま突入。

仔牛は無防備で生まれてくる
従って仔牛を疾病から守ることが最重要ポイント
1.仔牛の抵抗力を付ける
2.病原菌対策
3.環境ストレスを減らす
この3ポイントの総合力で仔牛が健全に育てる必要があると。

特に今回、私にとって目新しい事実は
初乳の細菌レベル
なかなか搾った初乳がどれだけの細菌レベルなのか分からない。
従って現在では初乳を殺菌するパスチャライザーなるものが随分と普及してきてるものの、我が家にはまだない。

初乳の生菌レベル10万以下である事らしい。これ以上だと下痢をするとのこと。
10万以下って・・・もそもそしていたらバルクの牛乳より生菌レベルの低い牛乳ってことになる(汗
しかしながらパスチャライザーをしていない農場では、93%の初乳が10万を越える危険な初乳を仔牛に呑ませているという事実があるそうだ!
この汚い初乳を給与することで仔牛にとって生死(かなり大袈裟ですが)を左右する受動免疫移行の失敗を招いてる原因だとか・・・・  私・・・かなり胸が痛い・・・・

永井氏講習会2
出ました! 永井さん特有のパワーポイント!
今年流行語大賞にノミネート入りしている、半沢直樹「倍返しだ!」をうまく使ったスライド

波平こんな自虐ネタもご披露♪(似すぎです)

こんなも面白いパワーポイントを見ながら 楽しく受講出来た。

短い時間でしたが 改めて思い直す面、正さなくてはいけない事などなど・・・考えさせられました。
永井さん、ありがとうございました。

 

2013 11月 28日

白い朝

白い朝です。
15㎝ほど積もったでしょうか。
でも、気温は暖かです。
雪・・・溶けて消えてしまいそう。

蒼い時間
夜明け前、夕暮れ遅く、一時 青紫になる蒼い時間がある。
白い冬はこの時間が一番好き。

そして、眩しい日差しの朝

白い朝
全て雪化粧 綺麗です。

今年、初夏に生まれた子猫のロッシー、初めての積雪に
足がシャッコそうで 雪の冷たさに後足を振るいながら歩く様子はちょっと滑稽。

 
溶けてしまいそうと思いながらも・・・・

根雪に・・・・ならないよね。

バンカーサイロのカラス避けに張ってあるネットを、冬の間食べさせるバンカーだけ外しておかないと、ネットが凍り付いてバンカー上のタイヤや除雪がえらく大変な作業になってしまう。
まだ、大丈夫って思って外していなかったのだけど・・・・
なんとかもう一度 綺麗に雪溶けてよね・・・・

 

2013 11月 27日

暴風雪の朝

朝、牛舎へ出勤時 外は強い風が吹いていた。
昨日は10℃近くもあった暖かな気温だったのもあって、外に出た瞬間驚いた。
いきなり暴風雪
一時だったけれど、厳しい真冬のまっただ中に放り出された気分になった。

日中 日が射したり、時折風雪があったりと落ち着かない一日。

openプレート

覚悟はしているものの いよいよ本格的な冬がOPENですね。

 

クリスマスまであと1ヶ月を切った。

牛舎も少しクリスマスの飾り付けをして楽しんだ。

雪だるま
少し華やいだ気分♪

 

本州の友人にちょっとした贈りものをしたお礼メールが届いた。

知り合った当時はもう毎日何通もの牛に関する事でメールのやり取りをしていた仲。
ここ数年はすっかりお互いに無駄に忙しい毎日を送っていて、一年に一度の美味しい物のやり取り時に、近況を手短に報告するだけとなってしまったけれど、きっと事ある事に、お互いどうしているかな?って脳裏を横切っているはず。それだけでも繋がっている嬉しさがある。

メールの最後に「楽しく仕事しよう」って・・・

そうだね! どんな時であっても、この気持ち忘れないで頑張らなくっちゃね

 

「楽しく仕事しよう」っていう言葉に含む友人の温かさを感じ、ほっこり温かくなった。

 

 

 

 

 

 

2013 11月 26日

定位置

牛は結構こだわっているというかよく分からないけれど、好きなポジションが有る様だ。
寝場所としてのストールの場所やエサの食べる場所、ミルキングパーラーの右側に入るか左側に入るか・・・
意外と決まっている牛が多かったりする。
私はいつも搾乳を担当しているので パーラーに入ってくる順番だったり、左右どちら側に入ってくるか決まっている牛が多い事に気づく。
まぁ~どっちでもいいのよ!全く関係ないわ!っていう牛も勿論いるのだけどね。

牛1257
この牛、泌乳後期グループの牛。
このグループを待機室に集め始めると、この牛必ずパーラーの左右の入り口のどちらでもない、真ん中に設置してあるひとが出入りするマンパスに頭を突っ込んでポジション取りする。
毎回必ずココにいる。この牛、顔の斑紋に特徴があるので、非常にわかりやすいため気がついた。
どうしてなんでしょうね~。
そのうち搾乳後半になって来ると、向かって左側の入り口からいつの間にか入って来て搾乳されて帰って行く。
パーラー内の様子を確認したいのか、今日の私のご機嫌具合を伺いたいのか?何なんでしょう?
牛の行動って興味深くて面白い♪