2014 2月 06日

自覚していなかった

ネットでホテルを予約しようと検索していた。
予定が入ったら取りあえずホテルだけはすぐに確保するのが常。
もちろん、交通の便や朝食の質が私にとって最重要ポイント
従ってなるべく早く予約を入れて、お安くがモットー
来月の息子の引っ越しでホテルを探していた。
先ず各種条件を入れて最安値から検索・・・
見ていくと・・・

シニアプラン っていうのが目に入ったが すぐにスルー

 

何度も検索し直して見てても
また このシニアプランに引っかかってくる
けど 当たり前のようにスルーする私。

 

ハッと気がついた。
この予約サイトには自分の年齢が登録されているってことを・・・
ということは・・・・・

シニアプランに属するってこと?って思った。

 

改めて シニアプランの詳細を見ると・・・
50歳以上対象のプランとあった。

牛1273

 

あ~ら、イヤだん! 私、見事に該当するじゃん!

 

50歳以上って言う年齢は自覚していたものの、
まさか、自分が「シニア」に属するとは全く夢にも思っていなかった。笑

まだ更年期もないし!30代にはムリがあるけれど40代後半の気持ちでいたわけで・・・
誰もが自分の事はそう思いますよね。

いいね~ シニア割引 お安くお得に利用できて!

シニアって、60歳以上を対象とばかり思っていたけれど、
ここのホテルは50歳からということで ちょっと複雑な気持ちもするけれど、
有り難い! 胸を張って年齢証明書提示して利用するわ!

 

いいね~ 歳取るってことは!

 

2014 2月 04日

カーフジャケットのバージョンアップ版

仔牛の防寒対策でカーフジャケットを着させることが随分とポピュラーになってきた。
ここ最近ではネックウォーマーの普及も進んできている。
幸せな仔牛達が増えてきて嬉しい。
我が家ももうジャケットを使う様になって12~13年になる。
ネックウォーマーも3~4年前から併用していますが・・・

昨年からコレでもまだ寒そうと・・・
さらに改良している。

一昨年、ジャケットにフリースのインナーを付けて更に保温力アップとフリース素材だと貼るカイロが付着けやすいさのメリットがありバージョンアップさせている。
冬期間生まれた仔牛には必ず、出生時だけ2枚貼り、夜に生まれた場合は4枚貼る事にしている。ハッチの中に湯たんぽなどの入れる手間や労働力の省力化になり、更に仔牛も幸せ♪
今のカイロは性能がアップしていて保温時間が随分と長くなっていてイイ。

カーフジャケット3

 

ジャケットとネックウォーマーのコンビネーションはとても良いと実感。
でもどうも、ジャケットとネックウォーマーをしていても首回りがどうしてもすいてしまう。大きな仔牛だと余計にその隙間が空いてしまいます。これでは保温性にかけると思い、ちょっと改良してみた。

ジャケットのインナーのフリースを首回りから20㎝ほど前に出るような大きさのインナーにしてみた。

カーフジャケット
ジャケットとインナーはずれない様に数カ所を縫い止めてある。ずれない様に止めておく事が重要。インナーのフリースは100均で売っている「膝掛け」を利用。これが丁度良いのです。
なんの手直しもしなくてもジャケットにジャストフィットサイズ♪
インナーの喉下のところはゴム紐で端を結んである。

このようにジャケットを着させてからネックウォーマーを更にする。
ネックウォーマーといってもこれは100均の子供用腹巻きです。これで充分です。
コレを2枚重ねに。

カーフジャケット2
こうすれば ジャケットとネックウォーマーに隙間が出来なくて暖かい♪と言う訳です。

 

と・・・・身体は多分かなり温かいと思うのですが、問題は耳!

今年は例年より寒くないと思うのですが、やはり耳が凍傷にかかり、先ちょが落ちる。
耳標をすぐに打つから落ちるのかと思い、耳標を装着しないでいた仔牛もやはり数週間たつと耳先が縮れてきて落ちる。
全頭じゃないけれど やはり出生時が小さい牛はそのリスクが高いように思えます。
やはり 屋外のハッチはかなり寒いのでしょうね。なんて過酷なところで哺育しているんでしょうと我ながら悲しく思う。哺乳する自分もかなり過酷です。優しい知人から頂いた凍傷の薬を手に塗りつつ日々仔牛と共に寒さにひたすら耐えています。
しかしながら、耳掛けは必要だと思いながらまだ対策を講じていません。

そうそう、大寒に生まれた山羊の大ちゃん。
この子も生後3日後には長い耳が凍傷にかかり、分厚く腫れてその重みで耳の根元から両耳が垂れてしまい、何とも情けない?ある意味可愛い感じになってしまっていました。
このまま、牛のように耳が落ちてしまうのではないかと思っていましたが、その腫れも徐々に引いて、大分 耳の根元から立ち上がってきていますが、耳先はちょっと完治するかどうか微妙な感じです。

山羊大ちゃん

我が家の防寒対策 次は耳ですね。
ほっかぶりも上手くいかないし。。。。

耳掛け作るのも難題だし。。。。

どうにかならないものかしら?

耳なし牛・・・ 2級品扱いで売れないし。。。。

だから 我が家にはゾロッと耳なしちゃんが沢山います。
耳なしちゃんを見るたびに、あんたも冬生まれなんだね~ってすぐにわかってしまう 笑

 

2014 2月 03日

節分と流し団子

気がつけば2月 節分
寒い日もあれど例年に比べると雪も少なく、暖かい日が多い。
今の所 大荒れの様な暴風雪もなく、この冬は平和。

明日の立春を目の前に 寒いのもあと1ヶ月と思うと気持ちは一層楽になる。
先日の大寒の後、全道的にプラス5℃を越えるぽかぽか陽気の日は、なんと110年ぶりの気温だったようです。百年前にこんな暖かな日があったんだとは、ちょっと驚いた。
さすが、我が家の生き字引きの祖母さえ記憶になかった。(同然よね、まだ生まれていなかったもの 笑)

牛1294
いつもは寒い寒いフリーストールの牛達も暖かな陽射しに、まどろみ模様
そんな牛の表情を見るとほっとするね。
暖かな日の翌日は乳量もアップ!。 春はもう少しだからね~

 

先日、話題にした「でんぷんがき」に引き続き
でんぷんを使ったおやつpart2!

「流し団子」です。

今日は節分だから、豆!
と言う訳で、昨晩 金時豆を煮た。

金時豆

甘く煮た金時豆。コレを使って流し団子っていうものを作ります。
でんぷんがきの進化形の美味しいでんぷん団子。
団子と言っても丸くありません。だから流し団子なんです。

水で溶いた澱粉に煮豆を投入
熱湯を注いで 少しとろみを付け、フライパンに投入 弱火でじっくり両面を焼く
出来上がり♪

流し団子

懐かしい~

 

昔はだるまストーブの上で焼いて食べたものです。
流し団子という名前の他に「バタバタ焼き」という言い方もあるそう。

ストーブの上に豆の入った澱粉を落とす時に、バタバタという音がするからとう由来だそうです。

昔食べたおやつ・・・って本当にやさしい味。

 

ケーキの様な華やかさは全く無いけれど、何故か心つかまれます。

人の温かさを感じる。
それは、そのおやつに母や祖母が子ども、孫に対する愛情が込められていたから、そう今感じる事ができるのかも知れません。ストーブを囲んで焼けるのを心待ちに待ったけ・・・と言う思い出と共に食すると、そんな思い出がある私って 幸せなんだなって思います。

 

節分 迎え来る邪悪と戦うために 豆 食べて 一年幸せに過ごしましょ。

 

鬼は 近くにいる???・・・笑