2014 3月 09日

いちご

紅ほっぺ
友人からのお裾分け♪

本州は苺のシーズンなんですね。
とても大きい苺「紅ほっぺ」という品種

一粒 200円強もするんだとか~

紅ほっぺ4

もうヘタの際まで真っ赤に色んで目に眩しいほど。

形も見事に揃っている

 

紅ほっぺ3

紅ほっぺは章姫とさちのかを交配した品種だそうで、大粒で果肉もしっかりしていて
しかも甘みと苺ならではの酸味もほどよいバランスのとても美味しい苺です。

そうそう、いちごの食べ方知ってます?

まず苺のへたを取って、ヘタの部分から食べ始め、最後に先っぽを食べるというセオリーがあるそうなんですよ。
こうやって食べる事で苺の甘さを最後により実感出来て美味しいのだそうです。
ついヘタを持って先っぽから、かぶり付いてしまいますよね。

 

紅ほっぺ2

この苺 箱にはシュレッダーされた紙が敷かれその上にはプラフィルムを細くシュレッダーされた緩衝材が置かれその上に苺が一粒ずつ置く事が出来る様に型どられたエアークッションの上に並べられていた。

だから苺のどこを見ても潰れていないんです。

それほど大切に優しく包装された紅ほっぺ。

ネーミングも可愛い

同じ紅ほっぺといっても、私のしもやけで赤くなったほっぺたとは大違い 笑

北海道の露地もの甘さとは大違いだけれど、まだまだ寒く白い雪の世界で味わう、はるばる熊本から届いた苺はそれはそれは春の味。元気が出ますね。