2014 4月 16日

バンカーサイロの補修を考える

バンカー補修
長年使用しているバンカーサイロの床面は、年々その傷みを増している。
我が家の一番古いバンカーはもう15年以上も使用しているのが2本。
その傷みはそれは酷い。
竹ほうきではくだけで小石がボロボロと取れるほど。
床面をはいても、水で洗い流しても切りが無いほど取れる。
こんな床面のバンカーにエサを貯蔵しても取り出す時に小石がエサに混ざり、そのまま牛の口に入ってしまう。牛に良い訳がない。

そこで、なんとか安価な方法でよい修繕方法がないものかと普及センターに相談。

そして昨日、根釧農試職員とバンカーの補修をしている業者さんが現状を見に来てくれた。

バンカー補修2

まずは床面のコンクリートのpHを測定。
コンクリートは強アルカリ性。しかしながら長年使用してボロボロになった床面はサイレージの酸度や添加剤のギ酸などの影響で酸性に大きく傾いている状態になっているとのこと。

それを調べるのに数種類のpHを測定する試薬を塗って、その色の変化で測定。
バンカー補修3
結果はpH5 かなり酷い状態だそう。

近隣の農家さんやJA職員、普及センターも含めてこの状況に見入った。

業者さん曰く、実際にこの傷んだコンクリートをハツって見ないと、どのくらい痛みが浸透しているか分からないとのこと。

どのくらい費用が掛かるのか・・・・後日、見積もりが来るらしい。

レジコン補修やアスファルト補修など色々あるけれど、今回の補修はこれらともちょっと違う補修をするそうです。
何せ、施工が簡単で早く安価で長持ちするのがイイですよね~。

2014 4月 15日

酪農ヘルパー研修生

9日夕方の搾乳から14日朝まで、酪農ヘルパー組合からの依頼を受けて、酪農ヘルパーを目指す研修生を引き受けた。
3月20日頃から3軒の繋ぎ飼いの酪農家さんで研修を重ね、飼養形態の違う牧場も・・・ということでフリーストールの我が家に依頼することになったそう。

研修生は青森出身の30歳独身女性のMちゃん。
酪農に関しては全くの未経験者とのこと。この仕事にチャレンジする前は滋賀県で製造業に従事していたんだとか。

身長も155センチでとても細くてか弱そうな感じ。ちょっと不安だった。

それでも研修なので頑張って貰うことに。

搾乳

繋ぎ牛舎での搾乳とは全く違う搾乳形態に、一日目はとてもその作業の流れの速さに戸惑う感じで きっと何が何だか良く分からないうちに終わったと思う(笑
それでも、ミルカーのかけ方は研修生の中ではピカイチで、さすがに先に3軒の酪農家さんで研修を重ねて来ただけあった。ライナースリップなどの音にも敏感で、すぐにライナーを持ち上げたりして対処するのには驚いた。
物覚えもとても良くて ミルカーの操作など正確にこなしていく。
初日は取りあえず楽に搾れそうな牛を抜粋しながら搾乳をしてもらったけれど、2日目からは、どんな牛にも対応してもらわなくてはと思い、毎回先頭から入ってくる2頭をMちゃんに預けた。
ただ、非力なため、渋い乳頭の牛の先絞りにはかなり苦労していたみたい。
それでも「一分房4回の先絞りは必ずしてね」の言いつけどおり 必死に出るまで頑張っていたわ。私は心の中で、出るまでガンバレ~と遠くから静観していた。
片側2本乳のかけ方や牛によっては後乳頭の交差するかけ方など、レアなことまで教えたりもした(笑

3日目ともなると、かなり余裕が出来てきて、パーラーの床やミルカーの汚れを随時洗い流したり、ディッピング液を補充したりする余裕さえ出来てきた。

搾乳の他にパーラーの掃除、待機室に牛を集める作業、哺乳、分娩したばかりの洗った仔牛を拭いて貰ったりと結構盛りだくさんの研修をしてもらった。

研修の最終日の朝には丁度、乳検が入っていて、実際にミルクメーターを付けての搾乳をして、一度に25kgとか出ている牛を見ては「牛ってこんなに牛乳をだすんだ!」酷く驚いていたりもした。

我が家での研修の後は 専任酪農ヘルパーさんと同行して実際のヘルパー作業の研修に入るそうです。いよいよ本番への入り口ね。

最初は朝早く起きて現場に行くということがかなり辛かったようですが、今ではそのサイクルにも慣れた様子だけれど、まだまだ覚えなくてはならない事がたくさん。
一日も早くヘルパーとして働く決心をして、酪農ヘルパーとしてデビューしてくれると嬉しいな。

 

最後に彼女、、、「鍛えられました」と言って帰って行きました(笑

そうそう!彼女、ネコのロッシーにねこじゃらしを作ってお礼に置いていってくれました♪
ロッシー、大喜び♪

Mちゃん、お疲れ様でした。

2014 4月 13日

べろ~ん

べろーん
昨日朝生まれた♂仔牛
生まれた時から舌が口の中に収まらず「べろーん」って舌が出っぱなし。
腫れている様子もないのだけど、ミルクが自力で飲めない。

仕方なくストマックチューブで強制投与して初乳は飲ませた。
昨日夜の哺乳時もやはり舌がべろーんのまま。
呼吸が速くゼイゼイしている様すも無い。けれど一応何かの炎症があるのかもと思い、抗生物質を注射して様子見。

何故???

今朝になってもやはり状況は変わらず。

ちょっと目つきもおかしい感じがする。

神経障害なのかな?

とても大きな♂でユキチ枚数が期待出来そうだったのに。
これダメ?

 
果たして今後べろ~んは改善されるのだろうか?

 

2014 4月 10日

春休み?

暖かった4月始め・・・
昨夜からまたまた雪

春の歩みが止まり 春休み!?している。

4月10日裏山 4月10日雪

昨夜から裏山の木々に積もった雪、夕方になってもまだ白いまま・・・
気温も0℃。寒い! 1月や2月の0℃なら、なんて暖かいって思うのに日中の最高気温が10℃を越える日を体験してしまうと、0℃はもはや極寒に思えてしまう。

畑もどこもかしこも2月の風景と同じ。
春なんて微塵も感じられない。

4月に入って消費税が8%にアップ
新学期や入社式が終わり気持ちも新たに上昇気分でいたのにね。
余りにも二の足を踏む春にいささか・・・もういいよ!って思う。

 

牛は分娩ラッシュに突入している。

なんだか随分と連日分娩しているのに・・・乳量が停滞している。
調子よくないな・・・

牛の体調も春休み??? な、わけないでしょ!
極寒期に乾乳舎の定員オーバーが長く続いてた妊婦さん達だったから無理もない。

牛946
何とか極寒期に乾乳舎が定員オーバーにならないように 繁殖をずらす様にしないといけないかも。
とは言え、発情が来れば授精したくなる。一回飛ばして・・・次もしかしたらのう腫や静止とかになってもっと繁殖がずれ込んでしまうかも・・・と思うと、今でしょ!って思わずにはいれれない。今月は沢山授精出来て良かった!と安易に思っていると乾乳舎の定員オーバーを招く羽目になってしまう。
もう少し、先を見据えた繁殖管理をしなくてはいけないな。

分娩ラッシュのお陰でカーフハッチもまたまた満員御礼です。
哺乳大忙し!

 

2014 4月 05日

ハイテク調理器具

あらっ。随分とご無沙汰しまったブログ更新

4月1日から2日間、友人の引っ越しのための荷造りを手伝いに出かけていた。
その友人の部屋の押し入れに購入後開封もされずに8年間も眠っていたオーブンレンジ発見。要らないって・・・言うので1万円で譲り受けた♪ 購入時、スチームオーブンが出る直前の最新機種だったらしく10万弱もした高価なオーブンだったそう。
友人の気が変わらないウチにと即決で購入♪

私にとって、初のオーブンレンジが手元にやって来たわけで~
もう夢見心地な感じ!

今までオーブントースターでお菓子やパンを焼いていたため、火加減の番兵はそれはそれは大変なことで・・・アルミ箔をかぶせたり、むら無く焼くために庫内を移動させたりと・・何せ苦労が多かった。
パンの発酵はストーブの前に湯たんぽやカイロを使いタオルでくるみながら、パン生地の発酵をしていたのに、発酵もこのオーブンがやってくれるし♪
火加減の番兵もしなくていい、スゴク私にとって初の文化的な手作りが出来る事になった。

このすごく大きくて重たいオーブンレンジ・・・事務所のどこに置くか・・・悩みどころだった。

友人の引っ越しの手伝いが終わったその勢いで、オーブンを設置するがために事務所の大掃除とレイアウトの変更に着手!
事務所の古い書類など全て廃棄処分、不要なものを全て無くして、スペースを空け台所スペースをリニューアルして、見た目スッキリ使い勝手良くし、しかもオーブンも使いやすい位置に設置完了。1万円のオーブンよりも、オーブンを置くためのラックやその他の買い足した収納用品の方が高くついてしまった(笑

ここまでするのに丸二日かかった。

で、本日、試運転。

8年の眠りから覚めたオーブン。
さて、本当に作動するのか?いささか一抹の不安はあったものの、、、

動いた♪

オーブンレンジ

初仕事は・・・アールグレイ(紅茶)とホワイトチョコのスコーン
今までの4倍以上が一度に焼ける♪

紅茶スコーン

続いてライ麦パン

ライ麦パン

発酵が今までと全然違うので、出来上がりの大きさの違いにビックリ
クープの焼け具合もとてもイイ♪
この大きなカンパーニュも2本は焼ける♪ スゴイ

この後 チーズスフレケーキも引き続き焼き、午後からの半日で3種のお菓子やパンが作れてしまいました。

譲ってくれた友人に大感謝です。

 

外は昨晩からの雪

湿った重い雪が30㎝近く降り積もり、風も強です

なかなか春本番とはおいそれとはいかないようです。