2014 7月 15日

たむらガーデン

庭2014-02
現在の牛舎廻りに庭を造り始めて・・・もう13年が経過。
最初は一年草ばかりを種から植えて、植え込んでいたけれど、ご近所で宿根草やこぼれ種だけの庭を見てから、ナチュラルガーデンの魅力に引き込まれ、以来ずっと宿根草や樹木などを植え込んできた。

各地のガーデンショップに行くたびに、自分の庭にないものを購入したり、また友人の庭から分けて貰ったりして、、、その種類と言ったらもう数え切れないし、名前も覚えられない。

庭2014-06

毎年、少しずつガーデンエリアも拡張。
広げれば広げるほど、草取りが大変なのは分かってはいるけれど・・・ね。

ただ、雑草地帯にしておくのが嫌な性分なんです。

庭2014-04

ということで、私、オリジナルの雑草芝生があっちこっちに。
芝の種を蒔いて芝生にするのでは無くて、ただ芝刈り機が走れる様に平らにならして
そこに勝手にはびこった雑草を刈り込むことで、芝生もどきのグリーン帯になる。
結構 芝生らしく見えるものです。笑
たむら牧場のグリーン帯の半分以上はこの雑草芝生なんです。

庭2014-03庭2014-2

庭を始めた頃は 庭の小物(オブジェ等)も随分と買ったりして、あっちこっちにおいてみたりしていたけれど、もうそれは一時で卒業。
今は、植物が勝手にはびこったり、こぼれ種で増えたりして、植物自体が自然と庭を造っていく様子を見るのが楽しくて仕方が無い。

庭2014-05
ある程度 自分で考えて植え込んで見ても、やはり植物が勝手に織りなす植生には想像を超える美しさがある。

庭2014
毎年、違った表情を見せてくれる庭。

癒やされます。

最近ずっとお天気続きで 庭も異常乾燥状態だったけれど、やっと恵みの雨を貰って命繋がった感じです。

北国のガーデンの見頃は本当に短い。

毎日 じっくり 見てあげないとね。

 

2014 7月 14日

MIO来日

mio & mad
先週10日よりMIOの家族3人が我が家にオーストラリアから遊びに来ている。
1年半ぶりのこと。

現在MIOは小学5年生。夏休み(オーストラリアは冬休み?)にあたり3週間ほど日本に滞在。我が家にはその内1週間。

楽しいはずの旅行だったのに・・・
母のマデリンが出国前から熱が39℃もある風邪にかかっているのにも負けじと渡航を強行。しかし・・・状態は良くならないまま。

当然のことながらMIOが風邪を貰い、父 Fujioまで風邪でダウン。
3人で良くならないまま我が家で養生している。何処へも行けず、つならなそうなMIO。 気分の良い時、UNOでカードゲームをしたり、人生ゲームをしたりして遊んでいる。

昨日は、マデリンとミオが少し体調が良くなったみたいで、ふたりで「バナナブレッド」焼いてくれた。

バナナブレッド

なにやらネットでレシピを確認してながら作っていた様だけれど、何もかも計量もせずに適当に材料を投入しブレンド。

マデリン、こんな感じでいつも美味しく出来る!っていうのよぉ~ 笑

オーブンで焼く事30分。

バナナブレッド2

焼き上がりました。
とてもバナナの良い香りがします。

バナナブレッド3

切り分けて 更にバターを塗って食べるとのこと。

スゴクしっとりと、あの適当な感じの分量でこんなに美味しいバナナブレッドが出来るなんて、かなり衝撃的。

バターを塗る事で更に美味しさアップ。

私、この味にハマリそうです。だってスゴク美味しいんだもの。

 
でも・・・私にはあのテキトーな計量では作れないなぁ~ 笑

 

 

 

 

2014 7月 13日

加水装置改良

加水ポンプ5 加水ポンプ6

水の吐出口を改善。
ちょっと良い感じになった。
欲を言うなら・・・ミキサーの前後に吐出口が振れるか、2箇所で水が出れば尚イイのですが・・・
しゃちょー曰く、この排水口をシャワー状にしただけで 水の投入時間が倍になったとか・・・
作業効率はかなり悪くなったそう・・・

仕方が無いね~

Time is Money ですから

2014 7月 11日

加水

加水・・・バルクの牛乳への加水じゃないよ!

 

毎年夏になると乳成分の脂肪が急下降してしまう。

4.0前後あった乳脂肪分が3.6以下までに下がる。

一度下がった乳脂肪は色々、飼料設計をしなおしてもなかなか浮上しない。
また今年も徐々に下がり始めている。
何度設計しなおしても効果無し。

 

また、今年もだ・・・・と 悩む。

 

色々相談した結果、TMRの水分が低いのが原因と判明。
水分が低いとどんなに設計や添加剤等をいじっても効果が上がらないとのこと。
昨年も一昨年も思い出せば、乾きすぎた一番牧草のサイレージだった。

そこでしゃちょー、何年も前に何かに使えると買ってあった2tの古いバルククーラーを加水用のタンクとして使って、TMRの加水装置?(そんな大袈裟なものじゃない)を作った。

加水タンク

バルクに事前に水を貯めておいて、水中ポンプでミキサーの中に水を汲み上げるという簡単なもの。

加水タンク2加水タンク3

出来上がったTMRに最後に水を入れて、出来上がり。
加水量は適正水分量の不足分を計算して算出。
現在は一頭あたり3kgほどの水を足しているそう。

ただ、改善点がひとつ。ミキサーを廻しながら加水しても今ひとつ、混ざり具合が良さそうには見えない。水の投入口をもっとシャワー状にした方が、混ざり具合が均一になりそうです。

それでも加水前とはエサのしっとり感が全然違う。

 

さぁ~ これでどうでしょう!?

 

乳脂肪は上がってくれるでしょうか?

 

加水タンク4
しゃちょーも期待感いっぱい。

乳代のうちの脂肪単価の締める割合は高いですから、加水するだけで脂肪が上がればこんな旨い話はありません。

牛5

2014 7月 10日

さくらんぼのコンフィチュール

さくらんぼのコンフィ

昨日、余市のサクランボを沢山頂きました。
毎年、山形の佐藤錦を送ってくれる友人がいて、それはいつも私にとっては初もの♪
だから、すぐにそのまま頂いてしまう。
あぁ~夏が来るんだぁ~と実感しながら、美味しくあっという間に食べきってしまう。
本当は誰にも分けずに一人で抱えて食べてしまいところだけど・・・
そうもいかず・・・

で、今回は北海道余市産のサクランボ。
今がサクランボ狩りの時期だとかで 良く買ってきてくれる方がいる。

生ばかりで食べてしまうとあっという間に無くなってしまうので、今回はあえてコンフィチュールにしてみた。

そもそもコンフィチュールとジャムの違いは何ぞや?という疑問が浮上した。
調べてみるとコンフィはフランス語 ジャムは英語 どっちも同じ意味らしい。

日本人って デザートと言ってみたりドルチェと言ってみたり・・・

かき氷・シャーベット・ソルベなどとあれやこれやと色々な違った表現で、何か特別違ったもののように表現や売り込むことが好きみたいね 笑

それぞれに微妙な拘りがあるのでしょうが・・・

まっ、そんなわけで今回はジャムほどドロリと粘りがある感じではなくて、サクランボの形をそのまま生かしたさらりとした液状のコンフィにしてみた。

さくらんぼのコンフィ2

ヨーグルトにトッピングして食べて見たら、果肉の食感がしっかりでほんのり甘酸っぱくて上品な味に仕上がりました。 色もとても綺麗。

これからの季節、炭酸水に入れたり、アイスティーに入れたりして・・・とちょっとリッチな使い方が出来そうです♪

しばらく 今年のさくらんぼ、楽しめそう。

お早めにどーぞ! (意味深?) 笑