2014 9月 06日

実習生が4日、無事実習を終えた。
長い20日間だったとは思うけれど、今までにない楽しい実習生との時間だった。
20日間もいると本当にいろいろなアクシデントやハプニングが起こる。
冷やっとするようなこともしばしば 笑
笑い事で済んで良かったとつくづく思う。

過ぎてしまえば寂しさだけが残る。
彼女が使っていた部屋を整理しようと部屋に入った。
綺麗に掃除され、ゴミも全部捨てられ、布団カバーも外しきれいに畳まされていた。
その上に置き土産が!

牛タオル
可愛い牛のタオル!多分、彼女の所属する乳牛研究会のオリジナルタオルなんでしょうね。
何だか、粋な心遣いに胸が熱くなったわ。

ありがとうね♪ Mちゃん!

 

もうひとつ、驚いたことがあった。

もくし
ある日、治療牛の点滴をしたあと、彼女に牛を繫留するための「モクシ」を外しておくように頼んだ。

そうしたらね、酪農家でもしないような(ウチだけか?)見事に綺麗に束ねて持ってきた。
いささか面食らった感じ。

もくし2
しゃちょーは上の写真の下側のように先ちょだけをやや束ね括っておく程度。
私はそれすらしない。ただそのままフックにテキトーに引っ掛けておくだけ。
「すぐにそのまま使える」と言う・・・変な合理主義 笑

いやいや~ 実習生を見習わなくてはと、自分が恥ずかしくなっちゃいました。

 

今年もはや9月。

気がつけばすっかり秋です。
2番草の収穫も終わり、早い農家さんでは来週あたりから3番草が始まり、追っかけデントコーン収穫に突入です。

シモツケ種

作物もひとも、実り多き秋でありますように。