2014 10月 17日

カラス対策

屋外のカーフハッチの配合はカラスにとっては格好のエサ場。

配合を朝夕2回 仔牛の食べ具合を見ながら給与するのですが、すぐに食べてしまう離乳近い仔牛は問題ないのですが、それ以外の配合をあまり食べない仔牛の配合は すぐにカラスのエサになってしまう。

配合もトウモロコシだけ選んで食べるカラス。

なんだか カラスにエサをやるために毎日配合をやり替えているようなものなんです。
どれだけの配合を廃棄しているかわからないほど 経済的にも損失は大きい。

 

先日、乳房を突っつかれる話題を投稿をしたところ、ハッチのカラス対策にどうだろうか?という
情報提供をしてくれた方がいた。

 

果樹農家で カラス対策に実施していて効果があるという方法を取り入れてみては?ということでした。

その対策法とは・・・
ペットボトルにカンメルパスタ(動物用の局所消炎鎮痛剤)を入れて吊しておくと効果みられるというので、早速 やってみた。

ペットボトルの周りに 穴を空け(中に入れた消炎剤のツーンとしたメントールの臭いが周囲に拡散しやすくするため)、中にカンメルパスタを入れる。

カラス対策

そして、雨の直接当たらないところに吊しておくだけ。

 

私は、これに更に乱反射するキラキラテープも貼ってみた。

カンメルパスタは数日すると白っぽく堅くなって、臭いもなくなってしまうので少しずつ補充するようにする。

 

さて。。。。効果はいかに。。。。

設置しておよそ3週間。
かなり効果があるようです。

カラスが常時当たり前のようにハッチの配合飼料のバケツにたかっていたのが、激減。
なかなか今のところ効果があるみたい♪

カラス対策2

 

しかし、カラスの学習能力は高いので、そのうち効果がなくなってしまうかも知れませんが、今のところGOODな感じです。

それにしても、ネットでカラスのことを調べてみると、カラスの臭覚は鳥の中でも一番低いという説とそうではない鋭い臭覚を持っているという説と両極端。いったいどっちの情報が正しいのか訳分かりません。

カンメルパスタのメントールの臭いで近寄らないのか?
キラキラテープで近寄らないのか?

どっちにしろ 今のところは良好です。

 

いつまで効果が続くかなぁ~

 

次の対策方法 お待ちしていますね。

カラス対策は本当に「いたちごっこ」みたいなものですから。。。
あの手この手と、いつも新しいことをしていかなくてはならないようです。